ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
極上イタリアンをペアリングワインで満喫!【アランチーノ】

極上イタリアンをペアリングワインで満喫!【アランチーノ】

「アランチーノ・ディ・マーレ」にて、それぞれのお料理にマッチしたソムリエおすすめの3種のペアリング・ワイン(プラス$14)がセットになった、コースメニューが登場との情報を入手。これは行くしかないでしょう!

公開日:2010.10.08

更新日:2017.06.15

編集部体験レポート

 アロハ!ユカリンです。
 アルデンテのパスタにこだわる日本人ツーリストに絶大な人気を誇るイタリアン・レストラン「アランチーノ」。今回はワイキキ・ビーチ・マリオット・ホテル1階にある「アランチーノ・ディ・マーレ」にて、それぞれのお料理にマッチしたソムリエおすすめの3種のペアリング・ワイン(プラス$14)がセットになった、コースメニュー(マルコポーロ:$39、コロンブス:$58。※メニューの詳細は下記をご覧ください。)が登場との情報を入手。実は3度の食事よりもワインが好きという私(笑)が、上野編集長とともにさっそく行ってきました(だって、コースメニューをひとりで食べるなんて...淋しすぎます!)

IMG_0447.jpg

 「たとえば、初めて訪れるレストランでは、その料理がどんな味で、どれくらいの量なのかがわからない。とくにアメリカの料理は量が多いと聞く。我々日本人は食べ物を残すことに対して罪悪感もあるし、そんな時、日本人の口に合い、そしてちょうどいい量を提供できれば...、と思って、アランチーノでは、標準的なお客様に会う量でお料理を提供しているんです」。

 「そして最近では日本からのお客様は、ワインに詳しい方がとても多くて、ハーフボトルやフルボトルでオーダーするのももちろんおすすめですが、こちらのコースメニューでは、ソムリエがお料理に合わせた最高にマッチしたワインをペアリング・ワインとしてご用意しました。ぜひそのコンビネーションをお楽しみください」。コースメニューの誕生話をオーナーの稲村氏が話してくださいました。

IMG_0487.jpg

 それではさっそく乾杯!まず最初にいただいたのは、ペアリングワインの食前酒「プロセッコ」というスパークリングワイン(ひとり4オンスずつ)。洋梨とリンゴ、白桃などのフルーツやお花のアロマ、そしてクリーミーな泡立ちが食欲をかきたてます。焼きたてのホームメイド「フォカッチャ」が、これまたおいしいーっ。編集長、食べ過ぎるとお料理が食べられなくなっちゃいますよ~(笑)。

IMG_0499.jpg

 まず最初にサーブされたのがこちら。「完熟パパイヤとイタリア・パルマの生ハム」、「シュリンプ&アボカドのサラダ」、「モッツァレラ&トマト」です。見た目の鮮やかさと素材のおいしさを引き立てたドレッシングが最高です。ちょっぴり辛口のスパークリングワインとの相性もバツグン!

IMG_0553.jpg

 見てください!この生ホタテのカルパッチョ。シーアスパラガスのシャキシャキした歯ごたえと黒トビコのプチプチはじける塩味、そして紫オニオンの苦味とライト・シャンペン風味のドレッシング。あぁ、絶妙です!!

ペアリングワイン(2オンス):イタリア語で「韻」を意味する「レ・リメ」という名前の酸味のバランスに優れた白ワイン。100%イタリア産のぶどうで作ったピュアなワインです。

IMG_0577.jpg

 コロンブス($58)のメインディッシュから選んだのは、アランチーノの人気ベスト3にランキングするパスタ「新鮮な魚介類盛りだくさん、海の幸のスパゲティ」。シーフードの濃厚な旨みが、ガーリック&オリーブオイルのソースに交わって、なんとも幸せな味。贅沢な1品ですね!(たっぷり生ウニとクリームソースのスパゲティも選べます)

ペアリングワイン(2オンス):イタリア語で「古い山」を意味する「モンテ アンティコ」という名前のワイン。フレッシュでスパイシーな風味とソフトな口当たりで、シーフードと組み合わせても臭みがなく、ワインに芯を与え、ダルさを出さない相性バツグンの赤ワインです。

IMG_0585.jpg

 マルコポーロ($39)のメインディッシュから選んだのがこちら「ニョッキ・ジェノベーゼ」。バジル味が好きな人にはたまらないおいしさですよ。ニョッキのほかにも「いろいろキノコのリゾット」、「スパゲティ・ケッカ」が選べます。

ペアリングワイン(2オンス):イタリア語で「手造り」を意味する「ア・マーノ」という名前のワイン。ちょうどブーツの形をしたイタリアのかかと部分に位置するイタリアの南側生まれ。煮詰めたベリーの香りと、素朴で飾らない親しみがあり、バジルやチーズがたっぷりの味に合います。

IMG_0610.jpg

 食後のデザートがこちら「ジェラート・アフォガート」。つめた~いジェラートに熱々のエスプレッソをかけていただきます。エスプレッソの苦味が大人にうれしいデザートって感じですね。

IMG_0535.jpg

 「ハワイで働くことになる前からアロハストリートのファンだったんです!」と話してくださった濱本シェフからは、「カフクのパパイヤやシーアスパラガスをはじめ、ハワイ島のハマクアトマトなど、ハワイで獲れる新鮮な食材を使ったお料理をぜひ召し上がってくださいね」。とメッセージをいただきました。

IMG_0637.jpg

 日本でワインの真髄について学んだソムリエのチエコさんが、カジュアルなグラスワインはもちろん、スペシャル・ワインがずらりとラインアップされた「キャプテンズ・リスト」から選りすぐりのイタリアワインを紹介してくれますよ。私もただ飲むだけじゃなくて、もっとワインのことが知りたくなっちゃいました。
 あなたもオープンエアのテーブルで、陽気なイタリアンな夜を満喫してみませんか?

●コースメニュー

マルコポーロ($39)

前菜:完熟パパイヤとイタリア・パルマの生ハム、生ホタテのカルパッチョ

メイン:いろいろキノコのリゾット、ニョッキ・ジェノベーゼ、スパゲティ・ケッカ(この中から1品お選びください)

デザート:ジェラート・アフォガート

コロンブス($58)

前菜:前菜を兼ねたイイトコどりっ!サンプラー、生ホタテのカルパッチョ

メイン:たっぷり生ウニとクリームソースのスパゲティ、新鮮な魚介類盛りだくさん、海の幸のスパゲティ(どちらか1品をお選びください)

デザート:ジェラート・アフォガート

※上記のコースに合うワインのコース「ワインペアリング」はプラス$14です。

アランチーノ・ディ・マーレ / Arancino di Mare
[住所] 2552 Kalakaua Ave
[場所] ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ1階
[営業] 7:00~10:30、10:30~14:30、17:00~22:30 無休
[電話] 808-931-6273
[FAX] 808-922-0105
[公式サイト] www.arancino.com

 人気投票で常に上位にランクインする話題のイタリアン・レストラン。薄く焼き上げるピッツァや具材たっぷりのアルデンテ・パスタには、ハワイ産の野菜もふんだんに使われている。ヘルシーで飽きのこない味…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top