この量は反則だ!ワイキキのガッツリ飯にノックアウト

この量は反則だ!ワイキキのガッツリ飯にノックアウト

上品な和食もいいけれど、ボリューム満点スタミナ系和食も食べたい! 量良し、味良しのガッツリメニューをワイキキ横丁で体験。

公開日:2018.03.29

更新日:2018.04.16

ワイキキ横丁で旨いもの探検

ガッツリ店3:忍人

いきなりですがカレーのガッツリメニューと聞いて想像するのは何ですか?

私が思いつくのは

 

カツカレー。です。

 

そんな予想をしつつ、日本のカレーにフレンチのエッセンスを加わえたユニークなカレー店「忍人」へ向かった私とミキちゃん。そこで用意されていたのはこちら!

■とんかつカレー$13.20+チーズ$1.50=$14.70
■ステーキカレー(1/2パウンド)$18.45+チーズ$1.50=$19.95

予想をはるかに超えてきましたね…。

ビーフとポークのトップスターの競演です。

まずはとんかつから!

食材の旨味がぎゅうっと凝縮された美味なるルーにとんかつがオン。しかもチーズをトッピング。

サックサクの揚げたてとんかつアツアツのカレールーとろーりとろけるチーズがビジュアル的にそそられます。

さっき静流であんなに肉をくらってきたのにまだまだ食べてしまう私たち。

ミキ「カツの揚げ具合が絶妙です。しかもチーズがとろとろ! チーズはまろやかさとコクがさらにアップするから、絶対追加することをおすすめします。」

カラリと揚がったとんかつにとろけたチーズが浮かぶカレー。隣りの席で食べている人を見つけたら、つられて注文してしまうような食欲刺激系コンビネーションです。

 

それでは、予想外のメニューだったステーキカレーいってみましょうか。

カレー屋でステーキ。なぜか不思議な感じがするのですが…。いただきます!

  • これは…。

  • ステーキのクオリティがめちゃくちゃ高い!

フレンチの達人でもあるシェフの技術が光る、繊細な味付けと焼き加減。外側の油の部分がカリッと香ばしくなっているのもすごくイイ!

こちらもチーズがとろっとろ

ステーキをトッピングにするなんて何とも贅沢。ハーフパウンド(約227グラム)でかなりの量ですが、1パウンドというチョイスもあります。お肉大好き&お腹に余裕がある方はチャレンジしてみてくださいね。

 

ガッツリ店4:うまみTEPPAN金魚

お昼ご飯を抜いて挑んだ今回のがっつりメニュー企画。もうかなりお腹がいっぱいですが、最後のお店は私の好物「アガガ~~~な唐揚げ」のある「うまみTEPPAN金魚」。

何度か来ていますが、どのメニューもボリューム満点でいつも大盤振る舞いのこのお店。そのなかでもお店の方が自信を持っておすすめしてくれるのは…

ジュージュー!

おおっ…。煙もっくもく

特大ステーキ来たーー!!

■サーロインステーキ(1パウンド)$49.98

肉の重さはなんと

1パウンド=454g=約0.5kg

 

ステーキが乗っている鉄板だって大きいです。

肉には自家製の割り下に玉ねぎのすりおろしやニンニク、ケチャップなどをブレンドしたソースをかけていただくのですが、このソースが激ウマ

ほんのり甘味があって、玉ねぎのどろっと感の具合もいい。永遠に舐めていたいタイプのソースです。

さすが1パウンド、ひとつひとつの肉のスライスも大きい。お店が厳選した肉だけあって、旨味がたっぷり。ガーリックチップのいい香りが口の中で弾ける~。これぞスタミナ料理って感じです。

お肉を食べ進めていくと

ん?

あ、下にもやしが敷かれている。

肉汁がしみたこんがりもやし
間違いなく美味しいやつだ。

もやしと肉を一緒に食べるとまた味わいが変わって、食が進みます。

さらにサラダ、ご飯、味噌汁はおかわり自由。それで$49.98はすごく良心的な価格だと思います。期待を裏切らないドデカメニュー、ごちそうさまでした!

 

 

すべてのお店を周り、私もミキちゃんもお腹いっぱいでしばらく放心状態。幸せな満腹ノックアウトをいただきました。

料理のボリュームに一瞬たじろぐかもしれませんが、1品1品しっかり美味しいから、無理そうに思える量も意外といけてしまうはず。ワイキキ横丁のガッツリワールド、奥深し!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハブリーズ alohabreeze ポイント2倍キャンペーン
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top