ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ハワイ初上陸!炉端焼きラウンジ「バク・ワイキキ」

ハワイ初上陸!炉端焼きラウンジ「バク・ワイキキ」

インターナショナル マーケットプレイス3階のレストラン街に誕生。「炉端焼き」コンセプトのスタイリッシュなレストラン「Baku」に潜入!

公開日:2017.10.04

更新日:2018.07.26

編集部体験レポート

※こちらのお店は閉店しました(2018年7月)

アロハ! ケイです。

インターナショナルマーケットプレイスのリニューアルオープンから、あっという間に1年。3階のルーフトップ・レストラン街「グランド・ラナイ」では、つぎつぎと新しいレストランが登場しては、ロコの間で「もう行った?」と話題になってきました。

そんなオープン祭りのトリを飾ることになった、これまたハワイ初上陸のレストラン「バク・ワイキキ」が9月末、待望のグランドオープニングを果たしたので、その記念イベントにお邪魔してきました。

「バク・ワイキキ」はインターナショナル マーケットプレイス3階、カラカウア通り側&ダイヤモンドヘッド側の一番奥にあります。
「モダン炉端焼きラウンジ」がコンセプトということですが、どんな風になっているのでしょう?

店内インテリアは「海の中」がテーマらしく、紺碧色の壁にクジラが描かれていたり、大きなクジラのオブジェが天井に浮かんでいたりします。

かと思うと、和傘や星型のランタンもぶら下がっています。アメリカの人がイメージする「和」と、「ハワイらしさ」をミックスしたような感じ。和洋折衷のスタイリッシュな空間です。

テラス席は一変して、エスニックな雰囲気。

カラカウア通りを真下に眺めることができて、夜は気持ちが良さそうです。

ところで、どこらへんが「炉端」なんでしょうか?

ガラス張りのキッチンの奥に…

炭火が赤々と燃えていました。キッチンの中にあるので、イメージしていた「炉端焼き」ではないけど、日本産白樫の備長炭を使用していたりと、こだわり様はステキです。

この炭火で調理した焼き物がこちら↓

焼き物以外には、地元ハワイの卸売業者から仕入れた鮮魚のお刺身やお寿司も充実。

キラキラとネタが輝く握り寿司。

アメリカンなロール寿司。

お刺身もプリっとしていておいしかったです。

このほかメニュー表には、枝豆や茶碗蒸し、みそ汁、てんぷら、ちらし寿司などの和食と、トマホークやプライム・ニューヨーク・ストリップ・ステーキ、ラムチョップなどの肉メニューがあり、お料理も和洋入り混じっている感じ。

旅行中、グループ内でアメリカっぽいステーキが食べたい人と、お腹が疲れたから和食が食べたい人とに意見が別れたら、ここに来れば解決しそうです(笑)。

バクは「炉端焼き居酒屋」がコンセプトなので、アルコールメニューも豊富です。焼酎は日本産の数種類と、オアフ島ノースショアで造られている芋焼酎「波花」などがそろっていました。

焼酎を使ったカクテル「カタナ」をいただきました。

柑橘系のさっぱりとした飲み心地で、炉端で焼いたししとうのさわやかな辛みのある香りと、ごま塩がいい味です。

つぎは甘めのカクテルを…と、お願いすると作ってくれたのがこちら「ライジング・サングリア」。白ワインベースにライチリキュールとフレッシュフルーツが入った、キュン甘な乙女っぽい仕上がりでした。
おしゃれなクラフトカクテルと、日本の居酒屋風グルメが一緒に楽しめるのは新鮮ですね〜。

ワインも白・赤・スパークリング、それぞれバラエティ豊かに扱っています。

店内にはバーエリアもあって、このイベント時、いちばん賑わっていたのがここでした。食事前に軽く一杯…って利用の仕方もおすすめです。

インターナショナル マーケットプレイスのグルメ街、今回のバクのオープンで全レストランがそろったところ。どこで食べても自慢できちゃうくらい、ハワイ初上陸のハイレベルなレストランばかりです。

カジュアルだけどスタイリッシュな、ちょっと「和」を味わえるレストランをお探しなら、「バク」がおすすめですよ〜!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top