ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
リリハ・ベーカリーがアラモアナにやってきた!

リリハ・ベーカリーがアラモアナにやってきた!

ハワイで長年愛される「リリハ・ベーカリー」の3号店がアラモアナセンターに登場しました。メディア向けに開催されたオープニングイベントの様子をお届けします。

公開日:2019.03.11

更新日:2019.05.09

編集部体験レポート

※この記事は2019年3月11日に公開されたものです。

 

アロハ! ユウリです。

1950年創業以来、ロコから愛され続けるパン屋さん、「リリハ・ベーカリー」。ハワイで言わずと知れた有名なパン屋さんです。

ロコの友人にペイストリーをおすそ分けしてもらって以来、私もファンの一人です。
そんな私のもとへ「リリハ・ベーカリーがアラモアナセンターにオープンする」という朗報が届きました。

ダウンタウンを越えたところにあるリリハ地区の本店や、ニミッツの二号店まで足を伸ばさなくてもリリハ・ベーカリーのおいしいパンやペイストリーを楽しめるようになるなんてうれしい限りです。

今回は、3月7日(木)のソフトオープン前に開催されたメディア向けのイベントに参加してきたので、その様子をご紹介します。

 

●リリハ・ベーカリー アラモアナ店の場所

 

お店ができたのはアラモアナセンターにあるメーシーズの3階。以前パイナップルルームというレストランがあった場所です。

 

屋外駐車場の3階から入店することもできるのでとっても便利です。

 

●全部で150種類! 種類豊富なペイストリー

 

入店すると、向かって右側にベーカリー商品が並んだガラス張りのショーケースがあります。

 

人気店なのでショーケースの前に列ができることも。まずはチケットマシンから整理券を取ります。自分の番号が呼ばれたら、購入したい商品を伝え、支払いに進みます。

 

さっそく「ココパフ」を発見! ロコが愛するリリハ・ベーカリーの看板メニューで、1日になんと3,000個売れることもあるのだとか。チョコレートやグリーンティーなどいろいろなフレーバーがありますが、1番人気なのはシャンテリークリーム。甘じょっぱいクリームは一度食べたらハマってしまいますよ。
かわいらしい見た目に反して、クリームの重量感があり食べごたえ満点なんです。

店員さんのお気に入りは輪切りのパイナップルがどーんと乗った「パイナップルラウンド」(写真左)と「カスタードデニッシュ」(写真右)なのだそう。どちらもおいしそうだな〜。

そのほかにもホールケーキやカップケーキ、マラサダ、おかず系のパンなどバラエティ豊かな商品がずらりと並びます。
思わず「いったい何種類あるんですか!?」と店員さんに尋ねると、なんと150種類あるとのこと。パンの種類の多さにビックリです。
3月22日(金)にグランドオープニングを迎えたあとは、人気商品の一つである「ポイモチドーナッツ」なども販売するそうですよ。

パンやペイストリーは日本におみやげとして持ち帰ることは少し難しいかもですが、クッキーやシフォンケーキといった日持ちする商品や、ラズベリージャムなど日本へ持ち帰られるものも販売しています。

 

●食事を楽しめるダイニングエリアも!

 

「パン屋さん」のイメージが強いリリハ・ベーカリーですが、ダイニングも併設されており、お茶や食事も楽しめるのをご存知ですか?

私はレストランがあることを最近まで知らなかったので、アラモアナ店の173席もある広いダイニングスペースを見て驚きました。

 

レストランの受付カウンターで、ソーシャルメディアコンサルタントのグレースさん(写真右)が迎えてくれました。

来店時にお店が混雑している場合、受付で電話番号を伝えると自分の順番がきたときにテキストメッセージでお知らせしてくれるのだそう。待っている間にショッピングをするなど、時間を有効活用できるのはうれしいですよね。

 

子ども用のハイチェアやブースターもあるので子連れでの来店も安心です。

店内をひと通りチェックし、食事をいただくことに。

 

じゃじゃん!

席に着き間もなく運ばれてきたのが、存在感大の「プライム・リブ 10オンス」(写真右、$23.95)と「味噌バターフィッシュ」(写真左、$22.95)。「チョコレートミルク」(写真右奥、$3.50)と「グアバジュース」(写真左奥、$3.50)といったドリンクも提供されました。
なんて贅沢&幸せな光景…さっそくいただきます!

 

一瞬ソースがかかっているのかと勘違いしてしまうほど、お肉の表面に肉汁が出ていて食べる前からおいしいと確信できますよね。数センチはある立派なお肉の分厚さにも圧倒されてしまいました。

  • 「こんなに分厚いお肉、ナイフで切れるの?」なんて心配は無用。するりとナイフの刃が通りました。

  • 見事なミディアム・レア。

口いっぱいにお肉を頬張っていたので言葉を口にできませんでしたが、心の中で繰り返し「おいしい!」と叫んでました。
ひと口めは添えられていたオージーソースをつけずにいただいたのですが、噛めば噛むほど溶け出してくるお肉の味がたまりません。
髪の毛が口元にかかってしまいすみません。そんなことにも気付かないくらい夢中で食べてました(汗)。

味噌バターフィッシュは、身がホロホロとほぐれるやわらかさ。とろみのあるソースがたっぷりかかっていて見るだけで食欲が湧いてきます。

 

バターのまろやかさが加わったピリ辛のソースが白身魚のおいしさを引き立てます。
今回いただいたプライム・リブと味噌バターフィッシュは、どちらもサイドのご飯の種類をブラウンライスまたはガーリックライスから好みのものを選ぶことができます。

こちらはアロハストリートの編集部スタッフが絶賛していて、食べてみたかったバターロール。料理と一緒に提供されるんです。
こんがりとトーストされたバターロールはほんのりしょっぱくて、添えられているラズベリージャムをつけて食べると味がガラリと変わって面白い。

イベントでは、今回いただいた料理のほかにも朝食メニューをはじめ人気メニューの数々が紹介されていました。
食通でもあるグレースさんの一番のお気に入りは、ハワイのローカルフードでもあるオックステールスープなのだそう。あっさりと優しい味はロコにも大人気です。

 

お腹も心も満たされ、イベント最後にマーケティングディレクターのアンジェラさん(写真左)と。
おいしい料理と素敵な時間をありがとうございました!

今後、窒素を混ぜて作るナイトロ・コールドブリュー・コーヒーやタピオカドリンク、アルコール飲料といったメニューの提供も始める予定なのだそう。またチェックしに立ち寄りたいと思います。

 

また、毎朝6:30から営業しているので、観光前の朝ごはんにもオススメです。
みんなが笑顔になれるローカルベーカリー&ダイニングの味をぜひ楽しんでくださいね!

リリハ・ベーカリー

住所
515 N. Kuakini St, Honolulu, HI

GoogleMAPで見る

電話番号
808-531-1651
営業時間
24時間
定休日
月曜(日曜20:00〜火曜6:00は閉店)
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB Diner's
アクセス

ワイキキからザ・バスの13番・42番で約45分、リリハ通り+ノース・クアキニ通り下車

駐車場

あり

<ニミッツ店>

住所
580 N. Nimitz Hwy., Honolulu, HI 96817

GoogleMAPで見る

電話番号
808-537-2488
営業時間
【ベーカリー】6:00〜24:00【ダイナー】6:00〜22:00(最終案内)
定休日
無休
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB Diner's
アクセス

ワイキキからザ・バス19番・20番で約40分、ニミッツ・ハイウェイ+パシフィック通り下車

駐車場

あり

<アラモアナ店>

住所
1450 Ala Moana Blvd., Honolulu Hawaii 96814

GoogleMAPで見る

電話番号
808-944-4088
営業時間
6:30〜22:00
定休日
無休
アクセス

アラモアナセンター内のメイシーズ3階

駐車場

あり(アラモアナセンターの駐車場)

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top