特別企画&レポート記事一覧

感動の大自然!ハワイ島絶景スポットまとめ

大自然に囲まれたハワイ島は絶景スポットの宝庫!編集部がおすすめするハワイ島の絶景スポットをご紹介します!

2016年11月16日

大自然が創り出した神秘的な景色を味わうことができるハワイ島。今回は、そんなハワイ島のおすすめスポットをご紹介します!



●ハレマウマウ火口(キラウエア展望台)

10reIMG_0310.jpg「火山の女神ペレ」が住むという伝説で知られる巨大な火口。そんな神秘的な火口を上から間近に眺めることができるキラウエア展望台は、ハワイ島の人気の観光スポット。スケール満点の火口は、昼と夜で見え方が違うので両方楽しめます。

編集部レポート「地球は生きている!ハワイ火山国立公園」前編>>

● ● ● ● ●



●チェーン・オブ・クレーターズ・ロード
23.jpg

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」とは、サーストン・ラバチューブ(溶岩洞窟)から海に向かって伸びる全長約30kmの一本道です。ギラギラと黒光りする壮大な溶岩海原の中のドライブは気分爽快!

30reIMG_0529.jpgドライブの終点に現れるのは、溶岩の流れと波が創り出した岩、「ホーレイ・シーアーチ」。自然のパワーを感じることができます。

編集部レポート「地球は生きている!ハワイ火山国立公園」後編>>

             

● ● ● ● ●



●マウナケア山頂

reIMG_8773.jpg
日本が誇る「すばる望遠鏡」が山頂にあることで有名なマウナケア山。太平洋最高峰の「マウナケア山から眺める星空と朝陽のツアー」では、人生観まで変わるほどの感動体験を味わうことができます。眩しいほどの満点の星空と幻想的なご来光を拝めることができる人気ツアーなので、早めの予約がおすすめです。

reIMG_8803.jpgreIMG_8848.jpgツアーの間に遭遇した、ハワイとヒマラヤの限られた高山にしか生えないと言われる銀剣草。中央にある、やや鮮やかな緑色をした株が、開花した状態のもの。数十年の寿命のなかで一度しか開花せず、開花後は枯れてしまうため、開花したところを見られるのはラッキーな人だけ!

編集部レポート「マウナケアの星空&朝陽は一生ものの感動!」>>

             

● ● ● ● ●



●ワイピオ渓谷

reIMG_0498.jpg11reIMG_0494.jpgハワイ島の絶景名所の代表格「ワイピオ渓谷」は、王族ゆかりの地であり、神聖な力「マナ」に守られた場所として知られています。展望台から見下ろす絶景は息を飲むほどの美しさ。また展望台から脇道を降り、渓谷の中へ入ることもできますが、レンタカー保証外地域のため、ツアーに参加するのがベストです。

ハワイ島ロコ街シリーズ~やっぱりホノカア>>

● ● ● ● ●



●コハラコーストを走るクイーンカアフマヌハイウェイ
re45IMG_9068.jpg

ハワイ島の高級リゾートエリアとして知られているコハラコーストに伸びるクイーンカアフマヌハイウェイは、気持ちの良い一直線の道路。両脇には黒々とした溶岩の大地が広がり、視界を遮るもののない開放的な光景はまるで別世界に来たかのよう。レンタカーでのドライブがおすすめです!

編集部レポート「レンタカーだと楽しさ倍増のハワイ島!」後編>>

● ● ● ● ●


●アカカの滝
R_20130318_1024x768.jpg周囲を森に囲まれたアカカ・フォールズ・ステートパーク(アカカ滝州立公園)のメインの見どころといえば、アカカ滝。落差128メートルもある滝は、見応え充分。マイナスイオンたっぷりで心穏やかな気持ちになれます。ごうごうと水が流れ落ちる滝壺に、虹がかかることも!

● ● ● ● ●


●ワイメアの牧場地帯
reIMG_3071-1.jpg
ハワイ島では、ヒロ、カイルア、コナに次ぐ第3の町、ワイメア。アメリカ最古であり、最大規模の牧場のひとつである「パーカー・ランチ」があります。真っ平らに果てしなく続く緑と澄み渡った真っ青な空とのコントラストは、まるで絵葉書のような光景。

● ● ● ● ●


●グリーンサンドビーチ
reBE1_2map_greensand.jpg

その名の通り緑色の砂浜が広がる幻のビーチ。8月の誕生石、ペリドットの原石であるカンラン石が波で砕けて緑色の砂ができたと言われています。宝石の原石で作られたビーチなんてロマンチックですよね。なおグリーンサンドビーチへの道はかなりの悪路で、車で行ける場所からさらに2.5マイルほど歩かなければならないので、ご注意を。

● ● ● ● ●


●ブラックサンドビーチ(プナルウ・ビーチ)
reBIVB_0113.jpg

圧倒されること間違いなしの黒砂ビーチ。火山から吹き出した溶岩が、長い年月をかけて細かく砕けて砂のようになってできたのがブラックサンドビーチです。運が良ければウミガメの姿も見ることができます。
(Photo by ; Big Island Visitors Bureau/Kirk Lee Aeder)

● ● ● ● ●

●サウスポイント
resouthpoint_98117.jpg

ハワイ島の最南端にあるのがサウスポイントです。かつてポリネシアの人々がカヌーで辿り着いた場所であり、カヌーをつなげてあった穴があいた岩が今もなお残っています。ハワイの最南端の秘境で歴史に酔いしれてみては。


● ● ● ● ●


●コナコーヒー農園地帯
reIMG_0888.jpg

カイルア・コナ地区からキャプテン・クック地区にわたる山岳部に広がるのが「コーヒーベルト地帯」。溶岩質の土壌でできた斜面にコーヒーの樹が立ち並ぶ姿が美しく、どこか懐かしさも感じさせます。この地域で栽培されたものだけが、世界三大コーヒーのひとつコナコーヒーと呼ばれることを許されます。UCCハワイ農園」をはじめ、大小およそ700ものコーヒー農園があり、なかには農園見学ツアーやコーヒーの無料試飲を行っているところも。


● ● ● ● ●


●ヒロ湾ごしに眺めるマウナケア山

re12IMG_1784.jpg

標高4,205メートル、日本を含む太平洋地域で最も高いマウナケア山。ハワイ島ではさまざまな角度からマウナケア山を眺めることができますが、ヒロ湾ごしに見えるマウナケア山はなだらかな丘陵を見渡すことができ、まるで一枚の絵画のような風情を感じさせます。

● ● ● ● ●


●アナエホオマル・ベイ
reIMG_2933.jpg
ワイコロア・ビーチ・リゾート内のビーチ。通称「A-Bay(エイベイ)」。シュノーケルもできるビーチで、運がよければウミガメに会えます。フィッシュ・ポンド(養殖池)を囲むように、ヤシの木がたくさん植えられているので、サンセット時は夕陽をバックにヤシの木のシルエットが浮き上がり、感動する光景が広がります。

reIMG_2949.jpg


● ● ● ● ●


●マニニオワリ・ビーチ
reIMG_2964.jpg
コナ空港から少し北に行ったところにあるマニニオワリ・ビーチは、黒い溶岩で覆われたハワイ島では珍しい白砂のビーチとライトブルーの海が広がる場所。地元では人気のビーチですが、旅行者の数は少なく、穴場的なスポットでもあります。

reIMG_2969.jpg


● ● ● ● ●


●ラウパホエホエ岬
reIMG_3316.jpg
ヒロから車で約30分、ラウパホエホエ地区のランドマーク的スポット。メインロードの国道19号線からビーチパークまでは、車で降りていくことができます。ゴツゴツとした岩場でできた岬で、深いブルーをたたえる荒々しい波と、海岸線を彩る緑とのコントラストが非常に美しく、心を打たれます。この場所は、かつて津波により甚大な被害を受けた場所でもあり、そんな悲しい過去と現在の平和な光景との違いにも、心を揺さぶられます。

reIMG_3323.jpg

スポンサーリンク