編集部体験レポート記事一覧

ホテルスパの究極デトックスで新しい私に!

ワイキキビーチを一望するホテルスパ「ナ ホオラ スパ」で、カウアイ島のヒーラー家族に伝わるフットセラピーを体験しました。驚きの効果とは!?

2014年04月02日

 アロハ! ヨリエです。
 ワイキキビーチ目の前のホテル、ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパ内にあるナ ホオラ スパに行ってきました! 目的は、ここだけのオリジナル・ハワイアン・フットセラピー「ロミ ワワエ」を体験すること。ハワイアンな足のマッサージって…やさしいタッチで物足りないのでは? そんな安易な思いを巡らせて施術を受けた結果、涙が出るほどの開放感を得ることになるとは! その場限りの気持ち良さではなく、施術後にも効果が持続してゆっくりと体がリフレッシュする、そんな感覚は初めてでした。私の初ハワイアン・フットセラピー「ロミ ワワエ(80分/$215)」をご紹介します。

400IMG_1552.jpg
400IMG_1569.jpg まずはチェックインを済ませ、ガウンとスリッパを受け取ったら準備OK。シャワールームにある鍵付きのロッカーに荷物を預け、着替えを済ませて自分をいたわるご褒美タイムに集中しましょう。ここでは、施術の前後にサウナやシャワーを自由に利用することができるので、予約時間より早く行くのが正解。血行を促進するサウナは、マッサージ前と後、両方利用するとマッサージの効果がよりアップするのだとか。シャンプーやボディソープ、ローションはもちろん、カミソリやメイク落としコットン、マニキュアのリムーバーなどもそろい、至れり尽くせりとは正にこのことですね。

300IMG_1583.jpg ナ ホオラ スパはホテルの5〜6階にあり、2フロアーの広いスペースでゆったりと落ち着いた雰囲気。キラキラと光る海と風に揺れるヤシの木、抜けるような青空を見渡すラウンジには、温かいハーブティーやフルーツを浮かべた冷たい水が用意され、雑誌を読みながらのんびり過ごすことができます。天井の高い開放的な空間で美しい景色を眺めていると、誰だって日常の喧噪から解き放たれますよね。スパで借りたガウンは、内側がフワフワの毛布のような肌触リで最高に気持ちがいいんです。静かに大人の贅沢を堪能しつつ、お楽しみのマッサージタイムに向けてテンション、アーップ!

400IMG_1444.jpg ナ ホオラ スパには、各種ボディマッサージやフェイシャルトリートメントのスペシャリストたちが常駐しています。ククイさん(右)はハワイアン・フットセラピー「ロミ ワワエ」の専門トレーナー兼セラピストです。カウアイ島在住のあるヒーラー家族に古くから伝わるマッサージの秘技を特別に直伝された、とても稀少な存在である彼女。セラピストとして20年以上の経歴を持ち、「ロミ ワワエ」の施術を始めてからは5年ほど経ちます。ちなみに、このサロンでロミ ワワエを行っているセラピストは、全員ククイさんから直接指導を受けているんだそうですよ。

 「ロミ ワワエ」のテーマは、体と心のデトックスです。マッサージクリームを使い、足の反射区をなめらかに刺激しながら内臓の機能を正常に戻していきます。足つぼを刺激する、というのはどんなフットマッサージにも共通して言えることなのですが、私が感じた一番の違いは、やはりククイさん個人が持つ癒しの技術でした。ハワイに伝わるヒーリングって、文字ではよく目にしますが、実際に感じたのはこの時が初めて!

400IMG_1565.jpg ハワイには多くのマッサージサロンやホテルスパがありますが、ここでしか使われていないオリジナルのトリートメント製品はナ ホオラ スパの最大の魅力のひとつ。今回体験した「ロミ ワワエ」には、このマンゴー・スクラブを使います。ハワイ産のサトウキビと天然ソルト、マンゴーの成分でできたスクラブで肌の表面をクレンジングし、マッサージすることで、ナチュラル成分が体の内側にまで働きかけ、全身をデトックスするのだとか。

300IMG_1615.jpg 最初にほんのりフルーティな香りがする自然成分のスクラブで背中をマッサージされ、体の中までみずみずしい果実のようになった気分。ククイさんの手は、ふわふわのマシュマロみたいなやわらかさで、無条件でほっと安心します。足が中心のコースではあるものの、はじめに上半身をほぐすことで、施術全体を通して全身がマッサージされたかのうような満足感が得られました。また、施術が終わった直後もベタつかず、時間が経つほどに肌がしっとりと艶のある質感になりました。普段、背中は自分でお手入れをするのがなかなか難しいのです が、肌の露出が多いハワイではしっかりと磨いておきたいですよね! 私の日焼けしてしまった背中も、古い角質が除去されてワントーン明るくなった感じ!

400IMG_1660.jpg さあ、ここから足のマッサージが始まります。うつ伏せから仰向けになると、「ウィーン」と静かな音を立ててベッドが動き出しました。ハワイのサロンでは稀に見るハイテクベッド。頭や膝を置く高さを調整できるため、体に負担のかからない一番楽な体勢を保つことができるんですよ。腰にも首にも安定感があり、つい眠ってしまいそうでした。

 私の足を持ったククイさんは、まずは「あなた、お尻が固いわねー」とひと言。毎日ハイヒールを履く姿勢に耐えるお尻の筋肉はカッチカッチなんだそう(涙)。足裏と足首のあたりを揉むことで、そこから繋がっているお尻の筋肉もほぐしてくれました。

300IMG_1637.jpg 保湿効果もあるクリームをたっぷりと使い、足裏と甲、指、指と指の間を念入りにマッサージします。ククイさんの細かい手の動きにより、皮膚下の奥深い部分がグイグイとほぐれていくような感覚でした。なめらかな手の感触がとても心地良いのですが、やはり所々に押されて痛いポイントが…。「ここが痛いでしょう? 腸がちゃんと機能していないからよ」と、ピンポイントで指摘されました。はい、そこはとても痛いですし、腹痛との付き合いは物心ついてからずっと。長年にわたり蓄積した問題は、改善するのにも時間がかかるそうです。でも、人によっては施術中に効果がすぐに発揮され、腸や膀胱の反射区を刺激すると、お手洗いに直行することもあるのだとか!

 さて、冒頭で「涙が出るほどの開放感を得た」と述べた理由は、巧みな技術に感動したから、だけではありません。ロミ ワワエのテーマにある「体と心のデトックス」の「心」に、自分でもびっくりするほどの効果を実感したからです。正直、心のデトックスと言われても、気分的なことなのだろう、と重要視していませんでした。

 セラピストの仕事をしている人のなかには、マッサージの受け手が持つ疲れやネガティブなエネルギーを自分に取り込んでしまうこともある、という話を聞いたことがあります。ククイさんはどうですか? と、伺うと、「ハワイアン・ヒーリングはスピリチュアルな要素もあるから、私は敏感な方ね」とのこと。では私のエネルギーはどうですか?

300IMG_1650.jpg
 「エネルギーは、いろんな方向に飛び交っているわね。あれこれ全部パーフェクトにしたいと思ってる? 昔から感情を自分の中に閉じ込めるくせがあるでしょう。あなたは常に考えが止まらないからぐっすり眠れないの。ここ(腸のツボを押しながら)が痛むのも、お手洗いにいてもリラックスできないからだと思うわ。心も体も同じよ。何年も積み重ねたものはすぐには治らないけど、少しずつリラックスする練習をして、毒を外に出さなくちゃ」と。

 自分でも意識したことのない内面ですが、会ったばかりのククイさんに見透かされているようで驚きました。ククイさんに首の筋肉を触られながら、深呼吸します。

 「目を閉じて、一点の光をイメージしながらゆっくり息を吸って。全身の疲れやネガティブなフィーリングを外に出す気持ちで、ゆっくり息を吐いて」と、声を聞きながら呼吸する方法は、ヨガのメディテーション(瞑想)に似ています。

 「そう、その調子。いま色々な思い出や気持ちが込み上げてきたでしょう。吐く息で全部、外に出だすの」と言われ、吐く息に全神経を集中させると、息よりも涙がポロポロと出てきました! 「ポロポロ」というか、我慢しきれないほど号泣です…これには自分もびっくり。悲しい気持ちはなく、なぜ泣いているのか明確な理由がないから不思議です。

 かなり穏やかな気分の状態で施術終了。

300_IMG_1540.jpg 施術が終わった直後は、気分はスッキリ、疲れ目もぱっちりと開き、自分のサンダルが大きく感じるほど足のむくみが取れ、さらに全身が軽やかに! ただ、しばらく時間が経つと、徐々に疲れを感じ、まるで長風呂から上がった時のような脱力感がありました。その夜は心地良い疲れを感じながら、久しぶりにぐっすりと就寝。翌朝目が覚めると、心身ともに、生まれ変わった爽快感が得られたのです。これぞデトックス! と、改めてロミ ワワエの素晴らしさを体中で納得することができました。

 ナ ホオラ スパのロミ ワワエは、体に疲れやコリなどの不調を感じる人はもちろんのこと、そうでない人にもオススメしたい特別なものでした。私の場合、全身をピュアな状態に一度リセットすることで、自分の体と心の繋がりを体感し、健康について気持ちを改めるきっかけとなりました。癒しの楽園ハワイで、心に残る最高の「リフレッシュ」をぜひみなさんも体験してみませんか?

ナ ホオラ スパ
Na Hoola Spa

[エリア] ワイキキ東
[アクセス] DFSより徒歩5分
[電話] 808-237-6330(日本語OK)
[営業時間] 8:30~21:00(施術は10:00〜)

スポンサーリンク