突撃!ユカリンが行く記事一覧

ハワイに来たら絶対に押さえておきたい場所

絶景夜景でお馴染みのタンタラスの丘。送迎料金が$20という業界最安値を保証!というツアーを利用して行ってきました。

2016年05月23日

viptourhawaii.jpg
アロハ!ユカリンです。

世界でも有名な観光地のひとつとして知られるハワイ。海あり、山あり、火山あり、見どころがいっぱい。そんな中で、絶対に一度は行っておくべきだと思う場所がタンタラスの丘。昼間の明るい時間に高台から見下ろすホノルルの風景が美しいのはもちろんのこと、夜になると...そこには言葉にならない美しさが眼下に広がります。

今回は気軽にサクっとタンタラスに行ける業界最安値を保証!という便利でお値打ちなツアーをご紹介します!

IMG_9500.jpg
ワイキキから車で25分ほどの場所にあるタンタラスの丘は、オプショナルツアーで行くのが便利。

今回私が利用したのは、VIPツアー・ハワイの「タンタラスの夜景デラックス」。

何故かって?それは...料金の安さ!車両はミニバス、リムジン、またはチャーター(7人乗り)から選べ、ミニバスを選んだ場合、料金わずか$20! 2歳未満は無料です。もし、リムジンを選んだとしても$24という良心的なプライスなんです。

IMG_9457.jpg
ミニバスってどんな車両が来ちゃうの?と、少し不安があったのですが、新しい&広々~としていて、乗り心地はバツグン。宿泊ホテルまで迎えに来てくれ(※ホテルによっては最寄りのホテルでのお迎えになることもあります)、同じツアーに参加する人たちを順番にピックアップして、タンタラスの丘に直行します。

IMG_9460.jpg
行き先はプウ・ウアラカア州立公園。タンタラスの一番上にあるエリアなので、眺めは最高! 高級住宅地として知られるカハラ方面から、ダイヤモンドヘッド、ワイキキ、アラモアナ、ホノルル空港、パールハーバーまで180度の大パノラマの夜景が広がっているのです。

頂上にあるプウ・ウアラカア州立公園に着いたら、まずは写真付きの公園の説明を読んで、ちょっとだけ歴史のお勉強。さあ、それでは展望台へ行ってみましょう。

IMG_9466.jpg
展望エリアに着いてから絶景を見たかったので、風景を見ないように後ろ向きに歩いているのは、この私(笑)。危ないからよい子はまねをしないように。

IMG_9474.jpg
IMG_9464.jpg
到着した時は、まだ明るかったので、ダイヤモンドヘッドや水平線もはっきり見ることができてなんだか得した気分。

IMG_9496.jpg
太陽がすっかり沈んで、だんだん薄暗くなってきました。ロコたちが芝生エリアに座ってくつろいでいます。さて、ここで問題です。この写真に3組のグループがいますが、どのグループがロコかわかりますか?

答えは、左手前。真ん中と右側はツーリストの方々です。なぜって? 服装を見るとわかると思うんですが、ロコたちは肌の露出部分が多いですよね?

タンタラスは高台に位置しているので、風の強さが半端ないんです。そしてその風も冷たい風。上着がないと我慢できないくらいの寒さなのに、ロコはなぜだか平気のよう。ほかにもロコが何名がいたんですが、みなさんかなり薄着でしたよ。体感温度の違いを思い知らされたタンタラスの丘体験でした(笑)。


それでは、タンタラスの丘からの夜景を日没直後の街に灯りが点る前と後でお楽しみください。

IMG_9477.jpg
IMG_9504.jpg
 ダイヤモンドヘッドとワイキキのホテル群

IMG_9481.jpg
 マノア渓谷

IMG_9492.jpg
IMG_9512.jpg
 アラモアナ&カカアコ・エリア

IMG_9489.jpg
 ホノルル空港&パールハーバー

IMG_9518.jpg
わずか$20でこの夜景を見ることができるなんて、これはもう行くしかないですよね?

一度見たら絶対にまた見たくなってしまうタンタラスの丘からの絶景。ツアーから戻って来ても時間はまだ20:00くらい。ディナーにも行けるし、ショッピングを楽しむ時間も十分にありますよ。最高の思い出ができた上、時間を有意義に使えていいことだらけですね。これは絶対にオススメなので、次回のハワイのプランにぜひ加えてくださいね!

最後に...タンタラスの丘は、ここが本当にハワイなの?と疑ってしまうほど寒いので、上着を持参することをお忘れなく!

「タンタラスの夜景デラックス」の予約はこちら>>
VIP ツアー・ハワイへのお問い合わせはこちら>>

スポンサーリンク