ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイと日本の時差は?時差ボケや予約日程の注意点

ハワイと日本の時差は?時差ボケや予約日程の注意点

ハワイと日本の時差の計算方法や時差ボケ対策に役立つ情報をまとめました。ホテルや航空券予約をする際の日時の確認方法もご紹介!

公開日:2019.11.13

ハワイのお役立ち基本情報

ハワイ旅行を快適に楽しむために、ハワイと日本の時差を把握しておくことはじつはとても大切。時差を考慮して空港や飛行機の過ごし方を工夫すれば、ひどい時差ボケを防ぐことも出来るかもしれませんよ。ハワイの時差の計算方法や、編集部がおすすめする時差ボケ対策方法をご紹介していきます。

●ハワイと日本の時差は?計算方法は?

 ハワイ 時差

時差の簡単な計算方法

ハワイと日本の時差は19時間です。日本の方がハワイより19時間早く時間が進んでいるので、

【日本時間(24時間表記)−19時間】

で計算した時間が、ハワイの現地時間という事になります。

例)日本時間 11月11日 17時→ハワイ時間11月10日 22時

ちょっと計算しにくいな……という人は、【日本時間+5時間】をしてから1日前の日付に戻して計算する、という方法もあります。

ちなみに、日本国内に時差は無いので北海道、東京、大阪、福岡、どのエリアから計算してもハワイとの時差に変わりはありません。

 

時差早見表

計算するのが面倒な人は、時差の早見表を活用すると良いでしょう。基本的にハワイの日付は日本の1日前(下記表の青枠部分)となり、日本とハワイが同じ日付となるのは日本時間の夜7時以降となります。

●ハワイと日本の時差早見表

日本時間 ハワイ時間
0:00 am 5:00 am
1:00 am 6:00 am
2:00 am 7:00 am
3:00 am 8:00 am
4:00 am 9:00 am
5:00 am 10:00 am
6:00 am 11:00 am
7:00 am 0:00 pm
8:00 am 1:00 pm
9:00 am 2:00 pm
10:00 am 3:00 pm
11:00 am 4:00 pm
12:00 am 5:00 pm
1:00 pm 6:00 pm
2:00 pm 7:00 pm
3:00 pm 8:00 pm
4:00 pm 9:00 pm
5:00 pm 10:00 pm
6:00 pm 11:00 pm
7:00 pm 0:00 am
8:00 pm 1:00 am
9:00 pm 2:00 am
10:00 pm 3:00 am
11:00 pm 4:00 am

※白い枠は全て同日付です。

 

サマータイムはあるの?

ハワイではサマータイム(夏時間)の導入はしていないので、通年において日本との時差は19時間となります。

【Q.】そもそもサマータイムって何?

アメリカでは毎年春から秋(3〜4月頃から10月〜11月頃)までの間、日照時間に合わせて時計を1時間早めます。日照時間をフル活用し、省エネに繋げようという目的のもの。年間を通じて日照時間が大きく変化するアメリカ北部をはじめとした本土で導入されている制度です。

 

●時差と旅程、各予約方法の注意点

時差と旅程の計算方法

※カメラ撮影時は、機内のアナウンスに従ってください。

 

ハワイ旅行の日程を考える時、時差の考え方が分からずに混乱したことはありませんか?基本的な時差の考え方を覚えてしまえば、航空券やホテル予約もスムーズに出来るようになりますよ。

まずハワイ旅行の日程は、【宿泊日数+2日】と計算しましょう。3泊5日、4泊6日、5泊7日あたりが人気の旅程です。時差や飛行機のフライトスケジュールの都合上、3泊4日(宿泊日数+1日)といった日程ではハワイ旅行は出来ないので注意が必要です。

航空券、ホテルの予約日時の注意点

航空券の予約で注意したいのは出発日と帰国日。特に帰国日は「ハワイ時間」で表示されているケースが多いので、航空券を買う際は「日本到着予定日の前日発」のフライトを押さえてくださいね。

例:11月1日から、4泊6日でハワイ旅行をする場合

ハワイ 時差

航空券の日程が確定できれば、ホテルの宿泊日も確定できるかと思います。上の図の「ハワイ時間」に合わせて4泊分のホテル予約をすればOK。ハワイ旅行を計画する際は、飛行機とホテルはセットで計画を立てた方がスムーズです。

●ハワイへのフライト時間と時差ぼけ防止対策

時差ボケをすると旅行中も眠さやダルさで辛い状態が続いてしまう事も……。快適なハワイ旅行を過ごすために、出発時から時間の使い方をひと工夫する事をオススメします。

ハワイ便のフライト時間は、行きはおよそ6〜7時間帰りはおよそ8〜9時間。偏西風の影響で、帰りの方が若干長めのフライト時間になります。

【行き】空港での過ごし方

ハワイ 時差 時間

ハワイ行きの便は、どの航空会社も大体夕方〜夜に日本を経つケースが多いです。ハワイに到着するのが午前中になる場合が多いので、出国前はゆったりと過ごすのがオススメ。

●空港で時間に余裕がある場合●
・空港のシャワーを利用し、洗顔など済ませる

・ラウンジで食事、マッサージなどをして過ごす

●その他の空港での過ごし方●
・夜ごはんを軽く食べておく
・機内に持ち込む荷物を整理
・機内でリラックスできる服に着替える
編集部エイコ(ハワイ渡航歴20回以上)
編集部エイコ(ハワイ渡航歴20回以上)

ハワイ出発日は時間に余裕をもって空港に到着して、しっかりと食事を取ったり、シャワーを浴びたりするほか、出発直前までラウンジで過ごします。機内でいかによく眠れる体制を整えるかに重点を置いています。

編集部リサ(ハワイ渡航歴10回以上)
編集部リサ(ハワイ渡航歴10回以上)

小さい子ども連れの場合、出発日は普段より少し早く起床させ、公園に行って思いっきり遊ばせるのがオススメです。あと、機内は寒いと思い子どもに厚着をさせてしまった結果、泣き止まず困ったことがありました。靴下やジャケットを脱がせて薄着にしたらすぐに泣き止んで寝てくれたので、ちょっと寒いかなと思う程度のゆったりとした服装を選ぶのも機内で熟睡してくれるコツだと思います。

【行き】飛行時間中の過ごし方

ハワイ 時差 時間

いよいよ搭乗となると、ハワイ旅行の実感が湧いて来るもの。気分が高まって眠れない……なんて事になると、ハワイ到着後にひどい時差ボケで悩まされるかもしれません。はやる気持ちを抑えて、ここはしっかりと休息を取るようにしましょう。

●飛行機内での過ごし方●

・温かく、開放感のある服装に着替える

・ネックピロー、アイマスク、スリッパなどでリラックス

・映画鑑賞や読書などをして過ごす

機内の照明が暗くなったら、そのまま入眠出来るとベスト。子どもや赤ちゃんは自分で睡眠のコントロールが出来ないので、保護者の人が出国前のお昼寝タイムの調整をしたり、ゲームや絵本を持ち込んでフライト時間を工夫しているケースが多いようです。

編集部エリカ(ハワイ渡航歴10回以上)
編集部エリカ(ハワイ渡航歴10回以上)

飛行機に搭乗したら、まずは腕時計をハワイの現地時刻にセット。現地時刻を意識して機内で過ごすことで、時差ボケが解消される気がします。ハワイに到着後、朝から活動したいので、機内ではできる限り睡眠をとれるようネックピローを持参するようにしています。

編集部ミカコ(ハワイ渡航歴10回以上)
編集部ミカコ(ハワイ渡航歴10回以上)

ハワイ行きのフライトは子どもが寝る時間帯なので、食事は済ませて搭乗し、なるべく早く寝かしつけると到着までほとんど寝て過ごせます。ハワイ到着後は、日中は昼寝も短めにしあまり寝かせないで、キッズエリアや子どもが喜ぶお店に連れて行くと、ハワイ初日の夜もちゃんと寝てくれますよ。

【帰り】日本到着までの過ごし方

日本行き(帰り)のフライトは色々な時間帯の便があるものの、多くはハワイを日中に出発して、日本の日中に到着するパターン。そのため、日本に帰国してからの時差ボケを防ぎたい人は、帰りの飛行機ではなるべく寝ずに過ごすのが良いでしょう。到着後もそのまま夜まで過ごし、夜グッと深い眠りにつけたら時差ボケもかなり軽減されますよ。

●帰国日の過ごし方●

・近場で買い物や食事を最後まで楽しむ

・ダニエルKイノウエ空港内を散策する

・機内で映画や読書などをして過ごす

・適宜トイレなどで席を立ち、ストレッチをする

編集部ユウリ(ハワイ渡航歴8回)
編集部ユウリ(ハワイ渡航歴8回)

日本到着後、空港から実家までの移動中に眠くてフラフラ…というわけにはいかないので、飛行機の中で数時間は寝るようにしています。かといって、がっつり寝てしまうと日本時間に体内時計が合わなくなってしまうこともあるので、前半に映画鑑賞を楽しみ食事が終わり落ち着いた頃に寝るのがオススメです。

編集部トモミ(ハワイ渡航歴8回)
編集部トモミ(ハワイ渡航歴8回)

私は旅にパソコンを持っていくことが多いので、滞在中の出来事を書き起こしたり、写真を見返してレタッチしたりして時間を有効活用しています。レタッチした写真は帰国後すぐにSNSにアップできるので一石二鳥ですよ。帰国してからもすぐに寝るのではなく、きっちり日本時間に合わせて行動するのもポイントです。

●ハワイ到着後の過ごし方

ハワイ 時差

利用する飛行機によっては、早朝にハワイに到着する事も。貴重なハワイ滞在を有効なものにするために、まずは荷物を預けて活動をスタートしましょう!

早朝から空いている便利なお店

到着日の早朝からハワイ気分を味わえる、ワイキキ周辺の便利なお店を紹介します。ハワイらしい爽やかな朝時間が過ごせるはず!

 ワイキキ、アラモアナ、ハレイワ、コオリナなどに店舗がある人気コナコーヒー専門店。コナコーヒーの中でも最高級品として知られる「ピーベリー」が入手できるほか、チョコレートでコーティングされたコー…

 「リコッタパンケーキ」で日本でのパンケーキブームを確立したビルズのワイキキ店。 リコッタパンケーキやふわふわスクランブルエッグなど、日本のビルズ8店舗でも人気のメニューをはじめ、ハワイ限定の…

 ワイキキの中心地で朝6時半からオープンするカジュアル・レストラン「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」。ハワイ産ローカル食材やオーガニックにこだわったヘルシー食材を使用し、体の内側から元…

 人気投票で常に上位にランクインする話題のイタリアン・レストラン。薄く焼き上げるピッツァや具材たっぷりのアルデンテ・パスタには、ハワイ産の野菜もふんだんに使われている。ヘルシーで飽きのこない味…

大規模な改装工事を終え、生まれ変わったクイーン カピオラニ ホテルのメインダイニング「デック」。ホテル3階のプールサイドにあり、カジュアル&モダンなインテリアとゆったりとしたテラス席が印象的。…

アーリーチェックイン、荷物預けの方法

ハワイ 時差

ほとんどのホテルでは、チェックイン前にベルデスクで荷物を預かってくれます。到着日にチェックインまで荷物を預かっていて欲しい場合は、「Could you keep my baggage until check-in?」もしくは「May I leave my baggage here until check in?」と、荷物預かりしてもらえるかどうか聞いてみてください。

もし運が良ければ、早い時間にチェックインして部屋に入れる事もあります。念のため「May I check in now?」とチェックイン出来るか聞いてみるのも手ですね。


ハワイ旅行を有効に過ごせるかどうかは、時差ボケをいかに防ぐかが大切。日本とハワイそれぞれの現地時間を意識しながら、上手に体内時計を調節出来れば、あなたもハワイ旅行の達人になれるかも……!?

 

\ ハワイの持ち物に関する基本情報もチェック! /

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top