ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
今年もフラの祭典が開催!華やかなホイケをレポート

今年もフラの祭典が開催!華やかなホイケをレポート

日本から30組、ハワイから3組のハラウが参加!盛り上がったフラ・ホオラウナ・アロハ2018のエキシビションの様子をお伝えします。

公開日:2018.11.02

更新日:2018.11.09

ハワイのイベント・レポート

休憩タイムを挟んだ後、前半に引き続きホイケ後半がスタート。アラモアナセンターの中央ステージ周辺だけでなく、2階、3階フロアからも多くの人がステージに注目していました。

「レイアロハ・フラ・スタジオ」からは12〜23歳の若者チームと、とびきりの笑顔でステージを舞った26歳のソロ、「イセ・フラ・オ・ハーラウ・マーヒエヒエ」からは15年共にフラを踊り続け、メンバー同士がなくてはならない家族のような存在だと語るチーム、「レイ・フラ・スタジオ」からは何度もフラ・ホオラウナに出演しているというベテランチームなど、年齢も経験値もさまざまなチームが同じ舞台に立ち、日頃の成果を発表します。

 

ホイケ後半(20〜30組)


ローカルハラウ

ハワイのローカルハラウが出演するのもホイケのお楽しみのひとつ。今年はクム・レイモミ・ホー率いる「ケアリイ・カアプニ・ケエナ・アオ・フラ」、クム・ホークーアウラ二・ニヒパリ率いる「ハーラウ・オラパクーイカライ・オ・ホークーアウラニ」、クム・トワイラ・メンデス率いる「ハーラウ・ナー・プア・ア・レイ」の3組が登場しました。


ローカルアーティスト

毎年大いに盛り上がるローカルのゲストミュージシャンによる豪華な生ライブも忘れてはなりません。今年は、「ホオケナ」と「ワイプナ」の2バンドが出演しました。

 

■ホオケナ

1986年結成以来、ハワイアンミュージックのグラミー賞といわれる数々のナ・ホク・ハノハノ・アワードを多数受賞している実力派ハワイアンバンド。テンポの良い音楽から、心地良く癒やされるメロディーまでたっぷり楽しませてくれました。

クム5人が飛び入りで参加し、演奏に合わせてフラを披露する場面も。

■ワイプナ

2012年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで栄えある3冠を受賞した「ワイプナ」。BEGINの「島人ぬ宝」を独自のアレンジを加えながら日本語で披露&演奏する姿が印象的でした。エキシビジョンに参加したフラシスターや観客たちが演奏に合わせ、「い〜やさっさ〜」とかけ声をそろえると、会場がさらに盛り上がります。

クムフラのレフア・カヴァイカプオカラニ・ヒューエットさんがステージに登り美しい歌声をバックに華麗に舞う様子に、会場からは拍手と声援が沸き起こります。

フィナーレはハワイ・アロハを合唱

朝10:00にスタートしたホイケは、夕方17:00に全30組によるステージが終了。大会アドバイザーのクムフラ、フランク・カヴァイカプオカラニ・ヒューエットと出演したフラシスター、クムたちがステージに上がり、手をつないで「ハワイ・アロハ」を合唱します。フラを愛する者たちが一体となって歌う光景は、美しく感動的です。感極まって涙する出演者の姿も見られました。

 

次回は、翌日の10月14日(日)に開催されたコンペティションの様子をお届けします。お楽しみに!

来年の「フラ・ホオラウナ・アロハ2019」は2019年10月4日(金)〜10月7日(月)に開催予定です。フラを愛する方ならどなたでも参加できます。詳細は、オフィシャルサイトまたはお電話でご確認ください。

お問い合わせ:
フラ・ホオラウナ・アロハ日本事務局
TEL:03-5776-0304

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top