ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
上手に組み合わせたいアウラニ活用法:食事編

上手に組み合わせたいアウラニ活用法:食事編

「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」に連泊して気がついた、リゾートを最大限に楽しめるコツや新情報をご紹介。アウラニでBBQもできるって、知ってました?

公開日:2017.07.11

更新日:2018.11.09

アウラニ・ディズニー・リゾート徹底調査

アロハ!ヨリエです。

先日、編集部エリカと一緒に宿泊した「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」の旅。

「アウラニに泊まるのが夢だったんです~!」と、終始キラキラと目を輝かせていたエリカのペースで楽しみまくった結果(笑)、まだ知らなかったアウラニの魅力をたくさん発見することができました!そんなこの旅で、とくに「いいな」と感じたことを3つのテーマで並べてみます。これからアウラニに宿泊する際、ひとつでも使っていただけたらうれしいです。

テーマ1:食事の楽しみ方 ←今回ご紹介するのはこちら
テーマ2:お得に遊ぶ方法
テーマ3:便利なあれこれ

エリカがご紹介した前回までのコラム
アウラニのプールサイドの楽しみ方を調査!
アウラニでヘルシー&ビューティを満喫
泊まってみての正直な感想は、休暇ならば3泊は必要、ということ。3泊あれば、やりたいことを大体網羅できます。

アウラニに泊まってみたいから、1泊だけ行ってみようかしら?と思っている方がいたら、時間が許すならぜひ3泊を。1泊ならできる限りプールで遊びたいところですが、そのほかにも、2泊、3泊と、時間があればこそできることがやっぱり多いのです。
では、いきます。

 

テーマ1:食事の楽しみ方

 

無料のBBQサイトで手作りご飯を楽しもう!



はいコレ!ホテルであえてBBQ(笑)。
3泊以上でやりたいことの私的ナンバー・ワンです。

1泊だけなら食事はレストランで堪能したいですが、3泊のうち1回ならBBQも最高ですよね。

リゾート内にはBBQサイトがあり、無料で利用できます(宿泊者限定)。実際使い勝手はどうなの?ということで、やってみました。


場所はレストラン「アマアマ」に向かい、左手。利用できる時間帯は16:00〜20:30。グリル4台と、ピクニックテーブルがあります。予約はできないので、開始早々の16:00過ぎに行ったら空いていました。


トングとブラシのセットも無料で借りられました。プールサイドの「パウ・ハナ・ルーム」でお願いすると、奥から出してくれます。


私たちは短時間でBBQをすることに決めたため、簡単なホットドッグにすることに。材料はソーセージとバンズ、できあがったサラダ、以上(笑)。

くう〜!本当はもっと肉や野菜を焼きたかった!

と、思っていたら、奥から美味しそうな香りが…。日本の旅行者と思われる方たちがジュウジュウ焼いています。


………「あの〜、ちょっと見てもいいですか(笑)」。


う、うらやましい〜!

アウラニに宿泊していたキザワさん。やっぱり数日の連泊中でした。ここで焼いて、お部屋で食べるのだとか。かなりのアウラニ上級者ですね。


完成した私たちのディナーはこちら。ソーセージとバンズ、できあがった状態のサラダは、リゾートから徒歩すぐのアイランド・カントリー・マーケットで購入。野菜、肉、果物、チーズ、調味料など、大体の食材はここでそろいます。ドリンクは滞在中何度でもおかわりOKのマグに入れて。

フライドポテトは、エリカが「どうしても食べたい!」と、走って(急がないと夕日に間に合わないため)買いに行ったもの。プールサイドの軽食コーナーは17:00で閉まっちゃったし、どこで買えるんだろう?と思いながら待っていたら、うれしそうに戻ってきました。バー&ラウンジ「オレロ・ルーム」で注文し、揚げたてをテイクアウトができたのだとか。ポテトのためにダッシュするエリカと、臨機応変に対応してくれるアウラニ。どちらもすばらしい〜。

ポテトについてきたケチャップを使用し、どうにかホットドッグもいい感じに!


食べたら下に着ていた水着になって、インフィニティプールにドボン…。

夕焼け空を眺めて食べた、ちょっとだけ手作りのご飯は、格別に美味しかったです。

食材を調達した「アイランド・カントリー・マーケット」は、アウラニから徒歩5分以内。レストランやショップが集まる「コオリナ・ステーション & センター」内にあります。
↓↓↓↓

やっぱり外せない!
パワーアップしたサンセットディナーは、
次のページへ
↓↓↓↓

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top