ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
新登場!職人が手で削る豪快ヌードルのお店【ジン・トゥ・ヌードル Jing Du Noodle】【グロンディン Grondin】

新登場!職人が手で削る豪快ヌードルのお店【ジン・トゥ・ヌードル Jing Du Noodle】【グロンディン Grondin】

ダウンタウンの達人CHIYOさんがご案内!今月は、ホテルストリートに登場した、この道20年の職人による手打ち麺のお店をチェック!

公開日:2016.03.21

更新日:2018.06.25

ピアニストCHIYOの徒然ダウンタウン日記

※ジン・トゥ・ヌードルおよびグロンディンは閉店しました(情報更新:2018年6月25日)

 

アロハ! CHIYOです。

今月はチャイナタウンのお店2軒を訪れたのですが、1軒目はしっかり中国、そして2軒目はフレンチ・ラテンのおしゃれ系。徒歩3分でアジアとヨーロッパを味わえるホテル・ストリート万歳!という感じのコラムです。

この道20年の職人的シェフが腕をふるう
たっぷりキクラゲが美味い!

reDSC05006.jpg
まずはこの「ジン・トゥ・ヌードル」という新しいお店ですが、ここはマーケットのすぐそばにあり、以前はお店の中に箱が山積みになり、壁の張り紙も色褪せ、おしゃれなのは「ルビー」という名前だけ、でもけっこうおいしいチャイニーズだった場所です。

reDSC05007.jpg
で、この黒板ですが。ここ数年お店の外に置く、チョークで文字や絵が描かれた、おしゃれなアートボードが流行っていますが、ここまでおしゃれとは真逆な実用的なだけの黒板は初めてで笑えました。いちばん下の「Welcome.」というのも、なんかスペースが余ったから思いつきで書いたみたいな(笑)。

reDSC05032.jpg
でも、店内はきれいに改装され、壁にはパステルカラーのペンキが塗られていましたし、ニューヨークやパリのおしゃれな写真が飾られていて、中も外も聞こえてくるのは中国語な場所だけに、それはそれでなんとなく違和感がないこともないのですが、清潔感漂う雰囲気で、以前の面影はまったくありませんでした。

re12829365_o.jpg
それはもしかしたら、きびきびと動いていたこの若いふたりの女性のテイストなのでしょうか? オーナーなのかどうか確かめるのを忘れてしまったのですが、姉妹かと思ったらいとこ同士だそうです。左の方は恥ずかしいから写真は嫌だと言って逃げようとしたのですが、右の方が押さえつけて協力してくれました(笑)。

reDSC05013.jpg
この日私たちがオーダーしたのは、まずこのブラック・マッシュルーム&ポークという一品。私はしいたけのようなきのこが出てくると思ったのですがキクラゲで、今まで生きてきた中で、これだけ大量のキクラゲを一度に食べたのは初めてでしたが、すごく美味でした! しかもヘルシーですしね。

もちもちの絶品食感!
ハンド・シェイブド・ヌードル

re_1625024146112958855_o.jpg
そしてこのビーフと野菜のハンド・シェイブド・ヌードル。このお店の「売り」であるハンド・シェイブドつまり手打ちの麺は、平たくいえばきしめんのようなもちもちの麺で、これもおいしかったです。メニューにはハンド・シェイブド、もしくはマシーン・メイドの2種類のヌードルがあるのですが、機械で作ったヌードルの方が60セントくらい安いです。

reDSC05027.jpg
食後、お店がすいてきた頃にシェフが出てきて、ヌードルを作るところを見せてくれました。彼はハワイに来るまで、ずっと中国でシェフをしていたそうです。日本で手打ちというと、包丁みたいので麺を切ると思うのですが、こんなやり方もあるんですね~。

これぞ職人技!手で削る様子を動画でどうぞ>>

reDSC05031.jpg
快く記念撮影に応じてくださったシェフ。ちなみにこのお店の名前ジン・トゥというのは、中国・北京にある州都の名前だそうですよ。

reDSC05037.jpg
そして、この壁に無造作に立てかけてあったパネル。手作り感あふれるこのパネルも、突込みどころ満載です(笑)。なぜ同じ写真ばかり何枚も使うのか、シェフの写真のキラキラは必要あるのか...でもなんか好き(笑)。

 

黒板使いがやっぱりオシャレ
人気のフレンチ・ラテンでデザートを

reDSC05065.jpg
そしてこの後私たちは、ホテル・ストリートをまっすぐ歩き、フレンチ・ラテンの「グロンディン」へ。このガラス窓のカーテンが、なんとなくフレンチっぽい感じ...でしょうか。

reDSC05050.jpg
黒板も間違いなくおしゃれ(笑)。ここは夜もとてもいい感じ。カジュアルでアットホームな雰囲気で、フランスの家庭料理っぽいメニューなどもあり、人気のお店です。

reDSC05062.jpg
いっぱいだったお店がすいてから撮った写真ですが、ここ数年いっきに増えたダウンタウンのおしゃれレストランのほとんどは、このれんがの壁が特徴です。

reDSC05053.jpg
とても背の高いお店のスタッフに撮っていただいたら、こんな見下ろされた感じの写真になりました(笑)。チョコレートケーキが売り切れで残念でしたが、代わりにいただいたダーク・チョコレート・ジェラートもおいしかったし、コーヒーもおしゃれな感じでうれしい♪

ということで、今月もまた新しいレストランのご紹介ができました。じつはおしゃれ系のバーもオープンしたのですが、そこは残念ながら夜のみ。トロリーが停まるようになり、以前に比べて日本人の姿を見かけることが確実に増えてきたダウンタウンですが、旅行者の方には、やはり昼間行けるお店をご紹介したいと思っています。それではまた来月!

※ジン・トゥ・ヌードルおよびグロンディンは閉店しました(情報更新:2018年6月25日)

チヨ・フリン/Chiyo Flynn プロフィール

北海道室蘭市出身。3歳よりヤマハ音楽教室に通い始める。室蘭栄高校卒業。北海道教育大学特設音楽科卒業。在学中は熊谷玲子氏に師事。卒業後、ヤマハの講師として4年間故郷室蘭の子供たちを教える。1990年よりハワイ在住。ハワイ大学大学院ピアノ・パフォーマンス科卒業。在学中はピーター・コラジオ氏、その後ポール・リドン氏に師事。”CHIYO FLYNN PIANO STUDIO” をホノルルに設立。国際色豊かなローカルの子供たちを教える日々。 ライフワークとしてクアキ二病院で毎月ボランティア・コンサートを続けている。

☆ブログ「ハワイで暮らす日々by Chiyo」>>

☆最新アルバム「Eternity」ご購入はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top