ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
不思議で美味しいエチオピア料理【エチオピアン・ラブ】

不思議で美味しいエチオピア料理【エチオピアン・ラブ】

ダウンタウンの達人CHIYOさんがご案内!今月は、新しくオープンしたエチオピア料理店。予想外の美味しさに大感動!

公開日:2015.04.26

更新日:2017.06.14

ピアニストCHIYOの徒然ダウンタウン日記

 アロハ! CHIYOです。
  今までダウンタウンにあるモロッコ&レバノン、キューバ、イタリアアイルランドフランス&エクアドル中国ベトナム...など、国際色あふれるレストランの数々をご紹介してきましたが、今月はなんとエチオピアです!

AZIFAにALICHA、INGELA...
初めて聞くエチオピアの名前に大興奮!

400_DSC09153.jpg
 ということで、衣装はアフリカを意識しました(笑)。入り口の旗を持ってみたら絵柄のライオンが逆さまで、ひっくり返そうとしてもそのように取り付けられていてだめでした。多分エチオピアではそういう小さなことは気にしないんでしょうね。ハワイもそうですが(笑)。

400_DSC09127.jpg
 こちらがスタイリッシュなオーナーAbeさん。お店の中はレンガの壁と、アフリカっぽい写真や照明器具、装飾品がいい感じです。外と中とどちらがいいか訊かれ、外のテーブルもチェックしたのですが...。

400_DSC09103.jpg
 ハワイの強い陽射しをさえぎるものが何もない、ビーチにいるのとほぼ同じ状況のテーブル...これは暑さが苦手な私でなくても、はっきりいってキツ過ぎでは...(笑)。エチオピアでは平気なのか。もしくはオープンしてまだ間もないので、注文したパラソルが届くのを待っているのかもしれません。私たちは当然中のテーブルへ。

400_DSC09117.jpg
 そしてメニューを見たら、AZIFAだのALICHA WOTだの生まれて初めて見る単語が並び、一応英語で説明があるのですが、よくわからないまま適当にオーダーした直後「メグミさん、あれ見てっ!!」と叫んだ私。急遽オーダーを変更させていただき、多分サモサのようなものだろうと予想した通り、サモサのようなものが運ばれてきた後、メイン・ディッシュとしていただいたのは...

400_DSC09130.jpg
 ベジ・サンプラーというものにビーフのAWAZE TIBSを足したものなのですが。これはまさに故郷北海道の牧草ロールを彷彿とさせる、サワードゥの酸味のあるインジェラというクレープのようなものを適当にちぎり、味のついた豆やキャベツなどを巻いたりのせたりして食べる、究極のエスニック料理です。すごくおいしくて楽しい!! 中には辛いものもありますが、変なスパイスの味で無理...などというものはまったくありませんでした。

400_DSC09135.jpg
 すっかり満腹になり、まったりとジンジャー・ティーをすすりながら私が考えているのは...もちろんデザートのことです(笑)。ちなみに、今インジェラという単語が思い出せず検索したのですが(笑)、エチオピアの食文化は他のアフリカの国々に比べ、独自で多彩なのだそうです。知らなかった...もっといろいろなメニューを試したいので、ここは頻繁に通いたい! 夜も雰囲気がよさそうですが、お酒は持ち込みのみだそうです。

400_DSC09139.jpg
 そしてこのお店の裏は、ダウンタウンで毎月最終金曜日に開催されているストリートイベント「ファーストフライデー」で、いつも必ず私が立ち寄るロフトに続いているのです。アーティストが多く住むこの建物は、アトリエやギャラリーになっていて、ファーストフライデーの時に開放されています。最近この中庭もとてもきれいに改装され、素敵な空間になっています。

食後のデザートはパリへひとっ飛び!?
おしゃれなジャー入りアイスで午後の休憩

400_DSC09155.jpg
 さて、メグミさんと私は徒歩3分ほどでパウアヒ・ストリートのHASRビストロに到着。ここは並びにおしゃれなブティック、向かいにチョコレート屋さん、そして2階には以前ご紹介したスコーン屋さんがある、楽しい一画です。パリのカフェのようなパティオに座り...。

400_DSC09161.jpg
 ラテとコナコーヒー・アイスクリームでデザート・タイム♪ 運ばれてきたアイスは、今流行りのメイソン・ジャーっぽいガラスの器に入っていました。食べづらいか食べやすいかと言われればある意味食べづらく、口当たりがいいか悪いかと言われれば悪いスプーンも、フルーツの絵がついていて、とてもかわいかったです。付いてきた角砂糖は「おしゃれ~、まさにフランスって感じ♪」と言ってよく見たら、ハングル文字が書かれている韓国製でした(笑)。

400_DSC09164.jpg
 が、気分は無理やりパリ(笑)。エチオピアン・ラブにはまだデザートがないので、ランチの後ここでデザートというのもおすすめコースです。私の場合、その後上でスコーンを買い、向かいでチョコレートを買うというのが王道しあわせコースですが、それは別名糖分摂り過ぎコースとも呼ばれているので、ご注意ください(笑)。

 日本はこれからゴールデンウイークに突入ですね。どこかへ出かける方は楽しいご旅行を、おうちでのんびりする方はゆっくりリラックスタイムを楽しんでくださいね♪ それではまた来月!

チヨ・フリン/Chiyo Flynn プロフィール

北海道室蘭市出身。3歳よりヤマハ音楽教室に通い始める。室蘭栄高校卒業。北海道教育大学特設音楽科卒業。在学中は熊谷玲子氏に師事。卒業後、ヤマハの講師として4年間故郷室蘭の子供たちを教える。1990年よりハワイ在住。ハワイ大学大学院ピアノ・パフォーマンス科卒業。在学中はピーター・コラジオ氏、その後ポール・リドン氏に師事。”CHIYO FLYNN PIANO STUDIO” をホノルルに設立。国際色豊かなローカルの子供たちを教える日々。 ライフワークとしてクアキ二病院で毎月ボランティア・コンサートを続けている。

☆ブログ「ハワイで暮らす日々by Chiyo」>>

☆最新アルバム「Eternity」ご購入はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top