ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ハワイにも初夏到来!「レイ・デー・セレブレーション」

ハワイにも初夏到来!「レイ・デー・セレブレーション」

2007.05.16

ハワイのイベント・レポート

ハワイのイベント・レポート

ハワイにも初夏到来!
「レイ・デー・セレブレーション」におでかけ

 アロハ! エイ子です。
 ハワイでも晴天が続き、初夏を感じるようになった5月1日、ハワイに「レイ・デー」がやってきました。
 「レイ・デー」は感謝や歓迎などの気持ちを込め、互いにレイを贈りあう日であるとともに、ハワイの伝統文化継承の日でもあります。この日、各地でハワイの文化に触れられるさまざまなイベントが開催されますが、オアフ島では、ワイキキの東部にあるカピオラニ公園内で行われるフェスティバルが最も有名です。
 今回は今年で80回目を迎える人気イベント「レイ・デー・セレブレーション」におでかけした様子をお伝えします!

■ロイヤル・ハワイアン・バンドの演奏で厳かにスタート
 朝のカピオラニ公園は、木漏れ日があふれてとてもさわやか。観客はみんなリラックスした様子で、コーヒー片手にゆっくりと会場に集まっていました。バンド・スタンド周辺には、自分たちで持ってきた花でレイを作っている人やリボン・レイを編んでいる人などもチラホラ。また、首にレイのネックレスをしている人や帽子にハク・レイ(ヘッド・バンド型のレイ)を着けている人もいて、会場の周りにはふんわりと花の香りが漂っていました。私もゆったりと椅子に座ってイベント開始を待ちます。
 するとイベントの関係者が「レイの女王からです」と言いながら、紫色のレイを会場の全員に配り始めました。私もちゃっかり紫色のレイをかけてもらい、ウキウキ気分が盛り上がります。ちなみにこの時プレゼントされた紫のレイは、帰宅後、娘へのプレゼントとなりました。

 9時キッカリ。ほら貝によるイベント開始の合図の後、1836年にキング・カメハメハ3世によって結成された由緒ある「ロイヤル・ハワイアン・バンド」による演奏が始まりました。屋外で聞くアメリカの国歌とハワイの州歌(ハワイ・ポノイ)の生演奏は格別な気分。自然と背筋が伸びます。でもきちんと歌詞を覚えてないから歌えない…。彼らの演奏を聞きながら、いつかきちんと国歌と州歌を覚えようと密かに決意していました(苦笑)。
 ロイヤル・ハワイアン・バンドによる演奏が終了すると、人気のバンド「カペナ」の演奏がスタート。会場は一気に盛り上がります。

 今回はケリー・ボーイ・デリマと彼の長女カレナ、次女リオによる家族3人の演奏が楽しめました。天使の声を思わせる長女カレナの歌声がカピオラニ公園中に広がり、演奏終了後には「ハナ・ホウ!」(アンコール)の声がいつまでも響きわたっていました。


▲会場に厳かなほら貝の音が響き渡るとイベントのスタートです。

▲ロイヤル・ハワイアン・バンドの演奏に合わせてフラのパフォーマンスも行われました。

▲「カペナ」の演奏中、ケリー・ボーイ・デレマ夫人がフラを披露。

■ハワイ王朝時代へタイムトラベル。いよいよレイ・クイーンの登場!
 イベント開始から約2時間後、いよいよこの日のメインである「レイ・クイーンの任命式」が始まります。
 チャントによる開会の宣言が行われた後、レイ・プリンセスがひとりずつステージに登場します。レイ・プリンセスは全部で6名。最後に、今年のレイ・クイーンに選ばれたマヌ・アナナさんが登場しました。
 レイ・プリンセスとレイ・クイーンの選出方法はかなり厳しく、「ハワイ語が英語と同レベルで話せること」、「フラが踊れること」、「レイ・メイキングができること」など、かなり高レベル。今年のレイ・プリンセス6名とレイ・クイーンの合計7名が取得している学士号や博士号を合わせると11分野にも及ぶというから驚き。まさに、「美しさ」と「聡明さ」を備えたスペシャル・レディーの集団です。

 昨年のレイ・クイーンから今年のレイ・クイーンに、花で作られた大きな肩掛け式のレイが贈られ、レイ・クイーンの交代式は完了。交代式に続いて、数々の献上品の贈呈式が行われました。
 ステージ上ではさまざまな貢物がクイーンに贈られます。しかし、クイーンは直接贈答品を受け取ってはいけないらしく、すべての贈答品はクイーンの横に座るプリンセスに渡されます。それだけクイーンは特別な存在ということなのですね。

 その様子は、まるでタイムスリップしてハワイアン王朝時代に紛れ込んだようで、今が21世紀であることを忘れてしまいそうでした。贈答品がすべて献上されると、6人のレイ・プリンセスたちによる華麗なフラ、続いてレイ・クイーンによるフラが披露されました。厳選な審査をパスした女性たちによるフラはまさに圧巻! 会場中がすっかり魅了されてしまいました。


▲こちらが今年のクイーン。2児の母でバリバリのキャリア・ウーマンです。

▲レイ・プリンセスたちによるフラは豪華絢爛!

▲イベントを記念した巨大ケーキを囲んでの記念撮影。

■レイ・コンテストとクラフト・ブースも必見
 ステージでのセレモニーが終了すると、レイ・クイーンたち一行は、ステージ横に設置されたレイ・コンテスト会場に向かってパレードを開始! パレード終了に合わせて、今年のレイ・コンテストの作品を鑑賞することができました。
 会場には、7歳以下の子どもたちの作品が並ぶ「ケイキ部門」から帽子に飾る「ハク・レイ部門」、可憐なピンクの花ばかりを使用して作られた「ピンク・レイ部門」や、私の大好きな白い花を使った「ホワイト・レイ部門」など、さまざまなカテゴリーに分かれたレイが並んでいました。
 プルメリアなどのトロピカル・フラワーだけではなく、バラや小菊を編みこんだレイがあったほか、人気のリボン・レイもありました。これらのレイは翌日、ヌアヌウにある王廟に献上されたそうです。

▲こちらが今年の市長賞を受賞したハク・レイ。ハワイらしいトロピカルな作品です。

▲レイが枯れてしまわないよう、係りの人が霧吹きで水分補給をしてあげていました。

▲可憐な白いレイにすっかり魅了された私。誰かプレゼントしてくれないかしら(笑)。

■メイン・イベント終了後も盛り上がりは続く…
 もちろん会場には、ハワイのイベントには欠かせないクラフトや食べ物のブースもズラリ。
 また、先着1,000名のみでしたが、レイ・デー80年を祝うケーキが無料でふるまわれており、ケーキのブースには長い行列が。私もすばやく行列に並んでケーキをゲット! 青空の下で食べるケーキは格別でした。
 ケーキを食べ終わってからブースの見学に出発。ハワイアンキルトや、トロピカル・フラワーを使って作られたブレスレットや髪飾りなどを売っているブースが人気だったほか、この日はかなり日差しが強かったため、シェイブアイスの販売ブースが大盛況となっていました。
 会場では、17:00まで「マカハ・サンズ」や「カワオ」によるライブ演奏やフラのパフォーマンスが楽しめるとあって、多くの人がバンド・スタンドの周りで過ごしていました。私ももっと楽しみたかったのですが、残念ながら時間切れ。朝から屋外にいたため、しっかりと日焼けした顔とレイ・クイーンからプレゼントされた紫色のレイを戦利品に会場を後にしました。

▲ハワイアンキルトのブースではキルトのアンティたちによるデモンストレーションも楽しめました。

▲こちらが無料ケーキのブース。甘いもの好きのアメリカ人、みんなで仲良く並びます。

▲この日の天気はピーカン! シェイブアイスが飛ぶように売れていました。

▲会場内のレイ・スタンドではレイを販売していました。色とりどりのレイは見ているだけで心が和みます。

▲セレモニーが終了したステージには、人気トリオ「マカハ・サンズ」が登場。会場は一気にヒート・アップ!

▲芝生に直接座る人、自転車に寄りかかっている人など、みんなそれぞれのスタイルでステージを楽しみます。

取材を終えて
 日ごろの感謝の気持ちや愛情を形に表したハワイらしいアイテム「レイ」。それを贈りあうレイ・セレブレーションは、アロハ・スピリットにあふれたすてきなイベントでした。
 ハワイの青い空、カラフルなレイ、陽気なハワイアン・ミュージック、そしてフレンドリーなハワイの人々との交流。それらが一度に堪能できるイベントに皆さんもでかけてみてはいかがですか?

公開日
: 2007年 5月 16日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top