ハワイの最新現地情報が満載!

第20回「宇宙レベルでアロハ萌え」

第20回「宇宙レベルでアロハ萌え」

公開日:2006.09.06

更新日:2017.06.25

橋口いくよのHAWAIIイッピン!アロハ萌え

Title
第20回 「宇宙レベルでアロハ萌え」

 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 ハワイで過ごした日々の「思い出アロハ萌え」からなかなか帰って来られない幸せな私ですが、まだまだ続きます。
 今回は星の王子様と一緒に、マウイのハレアカラに行った時の思い出を振り返りながら、アロハ萌えしたいと思います。前回、ディープなマウイをあちこち案内してくれたyamapeeがガイドしてくれるハレアカラ。道中からハワイ気分をたっぷり味わわせてくれるうえに、精霊にも会えちゃう興奮と癒しの旅です。 

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しみ。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種』、『蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫』、『チルソクの夏ノベライズ』、『水平線の光の中、また逢えたら』another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、『皇帝ペンギン』が著書にある。

★ 新刊ニュース★
ドラマ『西遊記』のノベライズを橋口いくよが書きました。
毎回20%以上の高視聴率ドラマ『西遊記』、待望の小説化!
小説『西遊記』扶桑社/¥1100+税

詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★帰国前日に急遽参加!
img
▲このロゴがついた車で迎えに来てくれます。yamapeeが昔マネージャーをしていた某バンドの名前は、こちらでお察し下さい。yamapeeはそのバンドの事を今でも愛してやまないのです。
img
▲カフルイ近辺でトイレ休憩に寄ってくれたyamapee。休憩はちょこちょこはさんでくれるので「トイレに行きたくなったらどうしよう」と過剰にビクビクする私にはありがたい。

 マウイ滞在最終日の前日、友だちのyamapeeからハレアカラに行こうと誘ってもらい、急にツアーに参加することになった私。yamapeeは、マウイオールスターズというツアー会社をやっていて、そこで自らガイドを努めていている星の王子様。

「今日はすっごい星空が見えるかもしれない」

そんなこと言われたら、部屋でのんびりビールなんて飲んでられない。実は以前、yamapeeのツアーに参加した時、曇ってしまって星が少ししか見られませんでした。曇った時には、曇った時に見える貴重なものや楽しみ方があることを教えてもらった私は、それでも最高と思っていたのに、今日はさらにすごい空が見えるとは。

 ハレアカラに行くことを予定がなかった私は、パジャマのズボンやパーカーをバッグに詰め込み、急いで支度をして、yamapeeの車に乗り込みます。こうやって急に参加しても、防寒具(私が写真で着てるもの)を貸してくれるのもうれしいところ。昔、yamapeeは、日本じゃ誰でも知っている某有名バンドのマネージャーさんをしていたこともあり、とにかくツアー自体がいたれりつくせり。最初に参加した時には驚いたものでした。

★お楽しみのおやつ
img
▲この日もグリグリアイスを食べる私。このまま全身ピンクになりたい。
img
▲前回食べたおやつは、これ! クリスピー・クリーム・ドーナツ。噛まなくていいほどの柔らかさに興奮し、帰る日の早朝、買いに行き、日本に持ち帰りました。もちろん今回も…。

 運転している途中も、適度なタイミングで地元の情報を教えてくれるyamapee。なので、ツアーに参加するだけでマウイに詳しくなったような気になれます。
  次から友だちと来た時には「あ~、ここね、サメが出るから、地元の人は絶対泳がない場所ね」とか「そうそう、このあたりはすぐ山火事が起こるから、それを運転しながら見る人で自然渋滞が起こるんだよね~」などと、通ぶれるかもしれません。

 ふだんyamapeeと話していると、あっという間に時間が経ってしまうのですが、ツアー中もそれは同じ。わくわくする話題から始まって、マウイのさまざまなことを教えてくれるので、学生時代の社会科見学的な眠さが襲ってこなくて、終始楽しめます。
  そのうえ、道中、おやつまで食べに連れて行ってくれるので、楽しくてこのまま誘拐されてもまったく気づかないかも。去年ツアーに参加した時は、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」でしたが、今回は、グリグリアイス!
  前回の「アロハ萌え」で紹介しました通り、その前々日にもグリグリアイスを食べに連れて行ってもらった私ですが、また行きたくて、実は念を飛ばしていました。yamapeeは夢にでもうなされたのか、どうやら通じたようです。

 ツアーに参加している新婚さんと一緒に、車内でピンク色のアイスを食べると、私までピンク色な気分になります。マウイ滞在後にオアフに行かれるということで、おすすめを聞かれたのですが、食べ物のお店ばっかり熱く語り過ぎ、いっさいロマンティックな場所を紹介しなかったことを、今現在後悔しています。というか、ロマンティックな場所を知りません。誰か教えてください。私も行ってみたいです。

★時をかける空気

 さて、そろそろ車はハレアカラを登りはじめます。少しずつ気温も下がってくるので、車内には暖房が。上着を着て、山の景色を楽しみます。途中ラベンダー畑の横を通ると、yamapeeが外の空気を車内に入れてくれます。ひんやりとした山の風と共に、ラベンダーの香りがしてきて、半笑いに。深呼吸を思いっきりすると、時をかけたい気分になってきました。

 グリグリアイス付きのドライブで浮かれ、ラベンダーですっかりリラックスした私を乗せた車は、yamapeeの安全運転により、ゆっくりとハレアカラを登って行きます。子どもの頃、すぐ車酔いをしていた私は、今でも時々気持ち悪くなってしまうことがあるのですが、yamapeeの運転は酔い止めいらず。お水も配られて、少しずつ水分を摂るようにも言われました。

 途中、一旦下りて、山の空気を味わいながら、植物について教えてもらったり、地図を使ってハワイの地理を教えてもらったりします。ゆったりと楽しませてくれているようでありながら、実はこれ、高山病の予防も兼ねているのだそうです。全然気づきませんでした。
  ハレアカラは、富士山より少し低いぐらいの高さ3055メートルなので、ゆっくり登るのだそう。不安を与えないように、できるだけ自然な形で身体の事まで考えてもらってありがたいことです。

 ちなみに、高地で怪我をすると血が止まりにくいらしいです。はしゃいで暴れたりしないようにしなくては。そして、おならも出やすくなるそうです。これについてはものすごく警戒しましたが、大丈夫でした。乙女的には一安心です。

img
▲牛に注意の看板。おおげさだと最初は思っていたのですが、前回はこれを見た直後、道路をふつうに牛が歩いていたのを見かけました。
img
▲今回は道路にこそいなかったものの、やはりあちこちに牛がたくさんいます。「牛好きにはたまりませんね☆」と、ガイドブックに書いて欲しいです。
img
▲説明中のyamapee。説明はちゃんと聞きましょう。いえ、聞いて いるはずなのですが・・・ 。
img
▲ワームウッド。葉っぱはゴムみたいな触り心地で、ぷにょぷにょ。これは触ってもいいのですが、触っちゃいけない植物もあるので注意。。
img
▲これは触っちゃいけないお花、銀剣草。触ったら罰金らしいです。写真は前回行った時のもの。「これだけ立派なのがたくさん咲いていることはあまりないんだよ」とyamapeeが言ってくれたのに、実は信じてなかった。でも、今回行ったら本当に咲いていなかったのでyamapeeに謝った。
img
▲ハレアカラでのトイレ休憩の時に見かけるこの絵。私は個人的にこの絵を見るのが好きです。「あ、ハレアカラに来た」と思う瞬間のひとつ。トイレの絵でなんて地味だけど、アロハ萌えな瞬間なのです。

★精霊に会うには 

 太陽を肉眼でしっかり見ることは、目によくないと言うか、それ以前にやってはいけないことらしいですね。子どもの頃から何度も試みましたが、失敗に終わり、最近は挑戦すらしていません。してはいけないと思うので、それはそれでいいのですが、見ちゃいけないと言われると、やはり確かめたくなるのは私だけでしょうか。

 ここでは、yamapeeが特殊な望遠鏡で太陽の形とフレアを見せてくれます。なんと太陽からボーッと炎があがっているところまで確認できるんですよ。ばかみたいなことに「太陽って実際にあるんだ」と思ってしまうことしかできない私。ここでは、ふだん当たり前だと思っていることに、ひとつひとつ感動できます。そして、その太陽が夕陽と呼ばれる頃になると、なぜか感謝の気持ちで一杯に。

 今、存在しているもの、すべてに意味があるんだ。みんな、ありがとう!

 まるでひとりコンサート状態のような気恥ずかしいことをすんなりと思えます。

 何なら口にも出して言えそうです。

 さらに、ハレアカラでは、夕陽が沈んだ後、ほんの短い間ですが、地球の陰を見る事ができます。yamapeeに教えてもらわなければ、見のがしてしまうほどに鈍感な私ですが、そんな自分のぼんやり加減に気づけただけでも感謝したくなるほど。
  夕陽でこんな状態ならば、星空ではどんな自分に出会えるのかも楽しみなのですが、星空の前に、まだいくつかの楽しみがあります。

 まずは精霊との記念撮影。精霊(オーブとも呼ばれる白い光)が写るというのです。去年行った時にはまったく精霊が写らず、自分の心の薄汚れ状態を見せつけられた気がしました。yamapeeの残念そうでありながら、励まそうとする顔が思いだされてきます。
  時々、これはゴミが写り込んでいるんだとか水分だとか言う人がいるそうですが、そういう人の写真にだけ、なぜか精霊は写らないらしいです。でも、去年の私はそんなことを言う人たちよりひどかった。精霊が写らないのは、ツアーの車に乗っていた別の人たちが邪悪だからに違いない…、ということで納得していました。そんな人間のカメラに精霊が写り込むはずがありませんね。

 しかし、今年の私はハレアカラ・パワーにより浄化されたのか、たくさんの精霊が写ってくれました。うれしくて、日本に帰ってきてから、友だちに精霊の写真を送ったら、あちこちから「いいことがあった」と報告が! まるで週刊誌の後ろのほうの広告みたいな展開ですが、本当です。偶然であれ、精霊パワーであれ、解釈は自由。疑ったところで、いいことがあるわけでもないし、信じて損をするわけでもないし、結局幸せなことが起きればそれでいいと私は思っています。

img
▲yamapeeがいつもしているSunto Vectorの時計。高度、気圧、温度、方位まで測れるんですって。かっこいい。私が男子だったら、あまり必要がない都内でも常に所持し、強さをアピールして女子をとりこにしたかったです。男の人はやってみてください。
img
▲yamapeeのハレアカラ・アイテムのひとつ。これで心置きなく憧れの太陽が見られます。
img
▲肉眼だとこんなふうにキラキラしている太陽。しかし、yamapeeの望遠鏡で覗くと、形がしっかり見えるのです。アイドルの裸より貴重な気がします。
img
▲太陽から見えたボーーーッ! 写真でお見せすることが出来ないので、私の絵でどんな感じだったかを再現したのですが、気まずいことに、たぶんぜんぜん違うと思います。
img
▲軍のあれとか、NASAのあれとか、なんかもうすごいものがいっぱいある地帯。この写真の中のひとつは、東京の三鷹で動かしているらしい。ハワイが近いのか遠いのか、宇宙レベルでわからなくなりました。
img
▲人も山もこんな色に染まるんです。スカートの裾からパジャマがはみ出ていることなんてどうでもよくなります。
img
▲毎日違う顔を見せるという夕陽。まったく同じ空なんてないから、毎日のように登っているyamapeeも毎回感動するんだそう。
img
▲精霊がたくさん写っているのわかりますか? よく見るとそれぞれ色んな形をしています。これを見たみなさんに良い事がありますように☆

★宇宙人!?
  星空前のお楽しみはまだまだ続きます。
img
▲あったかいお弁当。yamapeeはグルメなので、美味しいお店をたくさん知っています。ツアー中、聞いてみるのもいいかもしれません。
img
▲こんなふうに土星が見えます。これも申し訳ないことに、私の絵でご了承下さい。あまりにクオリティが低いため、不安になって「土星」と書き込んでしまいました。
img
▲夕陽をバックにyamapeeと記念撮影。借りた防寒具により、ほぼ「ドラえもん化」しているのが私です。「アロハ萌え」ポーズも、心なしかグーに見えるような。


 あたりもだいぶ暗くなってきたので、今度は再び車に乗り込んで夕食です。yamapeeのツアーでは、美味しいお弁当が出るのです。しかも温かいので、山の空気で冷えたカラダにはうれしい。私の大好きなスパムやアロハ醤油が入ったお弁当食べながら、yamapeeの入れてきてくれた熱いお茶を飲んでいると、yamapeeからある質問をされました。

「すっごくお腹が空いてる時に、たったひとつだけ何か食材を食べさせてもらえるんだったらなに?」

 私は、迷わず「エビ!」と答えていました。そんな自分に驚きます。エビは好きですが、そこまで好きだったとは。自分ではヤングコーンだとずっと思っていたのに。それ以前に、なぜyamapeeがそんなオーソドックスな質問をしたのかが未だ謎です。でも、みんなでお弁当を食べながらのその話題は、妙に盛り上がりました。
  盛り上がりつつも、気づくとyamapeeがいません。外で何かしていたかと思うと、車に戻って来てこう言います。
「すっごいことになってる。最高の星空! いいよって言うまで空を見ないでね。そのほうが絶対感動する!」

 いいものを見つけた子どもみたいな顔で言うyamapeeを見ていると、すでに泣きそうになってきました。yamapeeに言われるがまま、空を見ないように注意し、外に出ます。そこには人数分の椅子が並べられていて、ブランケットも用意されていました。食事中みんなの雰囲気を盛り上げ、私たちがお弁当を食べながら楽しんでいる隙に、セッティングしていたのです。この気の利きっぷりに感動しつつ、椅子に座り、「せえの!」の合図で空を見ました

一切音のない空間に広がる星空。

 空のほとんどが星で埋め尽くされていると言ってもいいぐらいの、星空です。子どもの頃の妄想級な天の川も、空を大胆にまたいでいます。真っ暗だから泣いてもばれません。チンピラだって泣けます。

 しばらく星空の世界に浸った後、暖かいお茶が配られ、星空に乾杯。それから、Yamapeeが持っている秘密兵器で、土星の輪っかを見せてもらったり、その季節に見える貴重な星を見せてもらったり…。望遠鏡越しとはいえ、リアルすぎて実感がわかないほどです。

そして、私の一番の楽しみはこの後。

 yamapeeが宇宙や空、星、私たち人間について話をしてくれるのです。ツアー自体が楽しみなのはもちろんのこと、このお話が聞きたくてマウイ滞在中毎日参加する人もいるというyamapeeトーク。そんなに人気なのに、誉めても謙遜ばかりして、ぜんぜん調子にのらないyamapee。
私が思うに、本当のところ、yamapeeは宇宙人なのだと思います。もしやさっきの質問も、地球人の食のリサーチでは…。

 「yamapee宇宙人説」を本人は激しく否定しますが、記憶すら消されて、人間として活動している可能性があるので、私はまだ疑っています。
  もしかしたら、そうやって宇宙人、地球人と分けることすらおかしいという次元にyamapeeはいるのかもしれません。私たちがいるこの地球だって、宇宙にあるのですから、私たちだって宇宙人といえば宇宙人。
  そんなことを感じさせてくれた疑惑の宇宙人、いや星の王子yamapeeありがとう。yamapeeの笑顔は、私の中でハレアカラの象徴と言ってもいいでしょう。

そして、最高の空で「アロハ萌え」させてくれたハワイ、ありがとう! 

 これでまた日本で「アロハ萌え」出来るきっかけが増えました。これからは少しでも星が見えたら、ハワイを思いだして「アロハ萌え」したいと思います。

★まとめ
 空を見たら、ハレアカラで見た星空を思い出して「アロハ萌え」したいとか言っておきながら、正直に告白しますと、実は…あの星空、衝撃すぎて、忘れそうです。感動と輝きだけはそのまま私の中にしっかり残り、星空自体はだんだん思いだせなくなってきました。だから、また行ってしまうのですね。ハレアカラ。
  私の中ではだいぶ「アロハ萌え」な場所です。マウイにあるというところも、さらに「アロハ萌え度数」が高く、最近は夢にまで見る次第です。

★メール紹介コーナー
 メール、いつもありがとうございます。頂いたメールや質問について、ランダムではありますが、ここで少しずつでも紹介できたらなと思っております。紹介がダメな方は、紹介しないでねと書いて頂ければ幸いです。
今回は、もうすぐハワイに行かれる方「ちぃ様」からのメールを一部ご紹介したいと思います。
 はじめまして。
  今年も渡ハ前の情報収集のために開いたサイトから、「アロハ萌え」にたどり着きました。ハワイに行くことを、住んでもいないのに「ハワイに帰る」と言って、周りにひんしゅくを買ったりしている私ですが、毎回、橋口さんのハワイへの熱愛っぷりに激しく賛同しています! マリン・スポーツもゴルフもやらず、日焼けが嫌いな私が、どうしてこんなにハワイに惹かれるのかは、聞かれてもうまく答えられません。
  ハワイの空気が好きだから…って、それしかいえないんですもん。
  去年はマウイ島のみの滞在(憧れのケア・ラニに泊まりました(*~。~* ) ) だったため、オアフは2年ぶりなので、バニヤン・ベランダのアフタヌーン・ティを優雅に味わう、すてきな自分を毎日妄想しています。今度で10回目になるハワイですが、いつも1週間ほどの滞在しかできないので、4泊6日だと、計12食しか食べられないことになり、ハワイ・グルメはまだまだ食べ尽くせません。
  今回は到着日のロミロミをいまさら初体験し、チャイナタウンのゴールデン・パレスでお得な飲茶を食べ、KCCの朝市に行き、サークハワイを観て、旧ダイエーの様子を偵察に行き、最終日はソラボルで焼肉三昧。でも本当はスキューバのライセンスも取ってみたい…などと、絶対に今回も時間が足りません。橋口さんの写真があまりにもかわいかった為、ハワイに行くための服や小物を「マウナロア」で大量に通販してまいました。(これからハワイに行けるんだから我慢すればいいのに、我慢できないのが難点)。
 <お返事>
 もうすぐ行かれるのですねー。いや、ちぃ様の場合「帰る」のですねー、でした。すみません。お気持ち、すごくわかります! 今回のご予定目標、できるだけ達成できることを祈っています。
 ハワイへ行くと、前に行った場所にもまた行きたいし、新しい場所にも行きたいし、ゆっくりもしたいし、とにかくどんなに日にちがあっても足りませんよね。だから行くたびに、次への楽しみが増える「アロハ萌え」なハワイ。楽しんできてください。よかったら報告、お待ちしてます!
 ハワイに行く前に、我慢できなくてお買い物してしまう気持ちも、ものすごくわかります。最近はそれも楽しみのひとつとして割り切るようになりました。ハワイ前は普段にも増して、我慢が足りなくなります(笑)。

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2006年 9月 6日

橋口 いくよ/はしぐち いくよ (作家) プロフィール

小説、コラム、エッセイ、脚本、作詞など、アニメ作品、エンターテインメント作品、純文学、様々なジャンルで執筆。フジテレビ「とくダネ!」やテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」コメンテーター、「踊る!さんま御殿!!!」等、テレビにも出演。

ハワイ好きとしても知られ、講談社文庫より発売されている『アロハ萌え』シリーズ三部作はAmazonで1位を獲得し、ハワイ好きからバイブルとも呼ばれている。

公式サイト: https://www.hashiguchiikuyo.com/

twitter: https://twitter.com/hashiguchiikuyo

instagram: https://www.instagram.com/ikutorias_secret/

note: https://note.com/ikuyonote

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top