ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
サクッと食べられてちゃんと美味しいワイキキ横丁

サクッと食べられてちゃんと美味しいワイキキ横丁

ワイキキでお手軽にサクッとお腹を満たしたいけれど、ジャンクフードはイヤ? ならばワイキキ横丁へ! 

公開日:2018.05.28

更新日:2018.06.05

ワイキキ横丁で旨いもの探検

アロハ! ヨリエです。

今回のワイキキ横丁コラムのテーマは「お手軽フード&ドリンク」です! ワイキキ横丁は基本的に、予約なしでぷらりと立ち寄って気軽に楽しめるのが魅力ですが、なかでもパパッと便利なお店をご紹介。お手軽だけど、ジャンクフードじゃない。ちゃんとこだわっているから、ちゃんと心も満たしてくれるお店!

ここで言う「お手軽」とは、

✔ 注文から口に運べるまで早い
✔ ひとりでも平気
✔ カジュアルである
✔ テイクアウトもできる

のいずれかに当てはまるお店です。

選ばれし店は、こちらの4店舗!

● ナナズグリーンティー
● 七むすび
● Nomu
● 忍人

思い立ったら我慢しない!
和スイーツで幸せチャージ 

ナナズグリーンティー

抹茶やほうじ茶を使ったドリンクとソフトクリームがメインのお店ですが、それだけではありません。いつも定番のソフトクリームを注文するのですが、ほかのメニューもいろいろと気になります。今回は、はじめてのメニューを試食させていただきました。


これな〜んだ?

顔はカレーライスを食べてそうですが、違います。大きめカットがうれしいこちらは、

きな粉わらび餅でございます($6.30)。

プルンプルンで滑らかな食感と、ほどよく冷えたわらび餅は、高級感たっぷり。黒蜜をかけて、ゆっくり落ち着いて、むせないようにいただきます。

職人が昔ながらの製法で練り上げるわらび餅を日本から取り寄せています。お持ち帰りして後でホテルで食べても、フワフワ感がなくならないそうですよ。と、言っても、なるべく冷蔵庫で保存してその日中に食べたいですけどね。

続いてこちら〜!

抹茶クリームあんみつ($6.30)と、あずき苺クリームラテ(レギュラー$5.80、ラージ$6.60)。

あ〜、これ。見ただけで絶対美味しいって分かるやつ。食べてみると、それぞれの具材が素晴らしい食感でワクワクします。

お店で手作りしている寒天。プリッと弾力がある寒天って、惚れ惚れしますよね。 白玉もちゃんとやわらかく、やわらかすぎず。上質な抹茶をオリジナルで配合した抹茶アイスクリームと、ふっくらしたあずきは言うまでもなく。

なかでも良い役割を果たしていたのが、少しだけ入った黒豆でした。ほどよく固めの黒豆は、しっかり風味がある〜!

一点を見つめて何をしているかというと、あずきと苺を同時に吸い込もうとしています。

一番下から、苺ソースとあずき、あずきラテ、ホイップクリーム、苺ソース、という層になっています。粒あんが苺の酸味に合うって知ってました? 以外な組み合わせで不思議なのですが、クリームと合わさり、三位一体な感じ。

って、書きながらいま気がついたのですが、

これ、苺大福じゃん!! 苺クリーム大福の中身の味です〜。

あ〜、スッキリした。

大人の甘さです。ドリンクですが、デザートとして注文したい一品。ホノルル店のみの限定メニューだそうです!

ニッポン人で良かった〜!
こだわり有機米のおむすび 

七むすび

ハワイにはいくつかおむすび専門のお店がありますが、ここは農薬・化学肥料を一切使用しない、有機米のおむすび屋さん。ワイキキの真ん中で手軽に買えるのはありがたいです。旅行中でも、旅行中でなくても、美味しいおむすびは食べたくなりますよね。

おむすびのご飯は、白米、玄米、赤米の3種類から選べます。白米と玄米は、群馬県浦部農園産の有機コシヒカリ使用。赤米は、同じく群馬県浦部農園産の有機赤米。モッチリ感と、プチプチした食感のうるち米です。

もぐもぐ…… 6個いける、このおむすびなら。

誰にも見られていなかったら完食したかもしれません。 美味しいおむすびって、飲み物並みのスピードで胃に入っていきますよね。

七むすびには豚汁もあるし、玄米茶もあります。

やさしい塩加減。どこを食べても均等に美味しさを感じられるよう、炊く時にお塩を入れているそうですよ。 常夏のハワイでも、毎日若干天候が異なります。 その日のお米の状態に合わせて、お水の量などを調整して炊いているんですって。

だからこそ、このツヤ。

米の一粒一粒が、ふっくらと輝いていますよね?

ホームページには、こんなメッセージが。
↓↓↓

多謝! 遠く離れたハワイでも、美味しくいただいております。





海苔は別売りです。しかも個包装。 食べる直前に開けて自分で巻けるので、ベストな状態でいただけるという、ありがたき幸せ。 パリッと感だけでなく、海苔の風味も最高のパフォーマンスを発揮します。

具材は定番のほか、

スパム
チャーシューマヨ
牛しぐれ
うなぎ

なんかもありました。

毎日こまめにお米が炊かれ、常に作りたてのおむすびだけが並んでいます。

日本人のノリコさんというマネージャーさんが癒しの雰囲気でいい感じ。

ひじきなどはここで手作りしているそうです。塩鮭もここで焼いているんですって!

ひとりでもヘッチャラだ!
バーで軽く一杯ひっかける 

Nomu

ワイキキ横丁コラムで度々ご紹介していますが、日本産のウイスキーやビールをとりそろえたアメリカンバー。オリジナルカクテルが美味しい(前回のコラムはこちら)。バーカウンターはお一人様率高し。昼間から軽く飲むロコをいつも見かけます。しかも比較的空いている。はじめてのお客さんもウェルカムな雰囲気のバーカウンターって、いいですよね。

奥様の買い物タイムは別行動で待ちたいという旦那様のみなさん、ここで一杯いかがでしょうか?

かわいいバーテンダーさんもいることですし。こちらのシェリーさんは、日本語もお話できますよ。

はじめて行ってカクテルを注文するなら、こちら。

抹茶オールドファッション($15)
梅しそモヒート($9)

と、お酒のお供にポップス・ロール($16)。

抹茶とウイスキーのオールドファッションは、甘くなく、大人の味わいで私も大好きです。乾いた喉をゴクッと潤すなら梅しそモヒート。こちらは甘酸っぱくてさっぱり。

ポップス・ロールは、カニとマサゴ、アボカドの裏巻きにハワイ島産コナカンパチとレモンスライス、ネギがトッピングされています。Nomuのフードメニューって、味もいいのですが、そこそこボリュームがあるのがうれしいです。

バーカウンターのほか、こんなラウンジ席もあるので、グループならこちらで。

11:00〜24:00まで営業しています。
※ラストオーダーはフード22:00(日〜木)、23:00(金・土)、ドリンク23:30です

お持ち帰りしてどこででも!
サクサクのトンカツカレー 

忍人

フランスで腕を磨いたシェフが作る日本のこだわりカレー。4時間以上かけて炒めた玉ねぎペーストと30種類以上のハーブやスパイスを調合したカレーは、一度食べると忘れられない味わいです。

ここのカレーは、テイクアウト歓迎。 ワイキキで働く人たちがランチやディナーにもお持ち帰り用にリピートするそうですよ。

トンカツカレー($13.20)。お持ち帰り用は、カレー、ご飯、トンカツ、それぞれ分けて容器に入れてくれるので、トンカツの衣もサクサクしたまま。

カレーにはポテトのエスプーマを、白米にはプチプチとした食感を生む雑穀米が添えられ、どこでも本格的な味わいが楽しめます。ホテルのラナイや、ビーチ、公園の芝生で食べるのもいいですよね! 外の空気を感じながらいただくカレーライスは、格別に美味しいですから。



パパッと食べたいけれど、ちゃんと美味しいものにこだわりたい、という時に。ワイキキ横丁が便利です!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top