ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ジェイクのウクレレに笑顔があふれたマウイ島の一日

ジェイクのウクレレに笑顔があふれたマウイ島の一日

ウクレレマスター、ジェイク・シマブクロさんのマウイ島での1日をレポート。施設を訪ねたりローカルアーティストとセッションしたり…。マウイでもアロハいっぱい!動画もどうぞ。

公開日:2018.04.01

更新日:2018.04.16

極上!ジェイク通信 Aloha To You

アロハ!みなさん

冬の間、なんとなくグズグズしたお天気が続いていたハワイですが、4月に入りようやく青空が美しいシーズンが戻ってきました。やっぱりハワイはこうあって欲しい…ですよね。

ハワイが誇るウクレレマスターのジェイク・シマブクロさんは、メインランドでのライブツアーなどを行いながら、地元ハワイでの活動も精力的。3月半ばにはマウイ島へ行き、コンサートを行いました。その様子をお伝えします!

 

オアフ島から飛行機で約40分ほどで到着するネイバーアイランド、マウイ島。ジェイクたちが訪れた日は、穏やかなお天気だったそうで、飛行機からの眺めも最高ですね〜。

今回のマウイでは、まず「マウイ・アーツ&カルチュラル・センター」の地域貢献プログラムの一環で、軽犯罪を起こしてしまった子どもたちの施設を訪問したジェイク。

施設の子どもたちは、突然のジェイクの登場に驚きながらも、真剣に演奏や話に聞き入っていたそうです。

その中にいたひとりの男の子がジェイクの大ファンで、ジェイクの曲「ドラゴン」の演奏をリクエスト。スピーカーなどの機材を使わず、アコースティックで演奏していたため、音が小さかったのですが、ジェイクが立ち上がりその男の子の隣に座って演奏するという微笑ましいシーンも…。

その男の子は、はちきれそうな笑顔でジェイクの指先を真剣に見ていたそうです。憧れのジェイクが自分の横でウクレレを弾いてくれるなんて、そんな幸せないですよね。

この日はその後、マウイ島の老人ホームも訪問。日系の方が多くいる施設へ伺い、「ここに幸あり」や「さくら」など日本の曲を演奏しました。ジェイクのウクレレに合わせて、一緒に歌を歌う年配の方の姿も多く見られたそうです。

●●●●

ランチ後は、ドラックやアルコール依存の更生施設を訪問。ジェイクの訪問を心待ちにしているたくさんの入居者に温かく迎えられました。

天気がよかったので、庭に椅子を置いて、ジェイクのミニ・コンサートを開催。ヒイラベなどを演奏しました(短いですが、上の動画をどうぞ!)。

ウクレレを持っている人が2人ほどいたので、ジェイクの演奏後に彼らが作曲したという曲を一緒にジャミングも。最後は、みんなが口をそろえて「今日は本当に来てくれてありがとう」と笑顔でジェイクの姿を見送りました。

●●●●

 

いよいよ当日のコンサート会場である「マウイ・アーツ&カルチュラル・センター(MACC)」 に到着して、サウンドチェック。

その後、スポンサーの方々へ一枚一枚ていねいにサインをします。こういう細かいケアも欠かさないのが、ジェイクの魅力のひとつですよね。

●●●●

 

そしていよいよコンサートが始まりました。まずは、ソロでの演奏からスタート。

ジェイクのオリジナルナンバーに加えて、「Akaka Falls」「 Hiilawe 」「Over The Rainbow」など、伝統的ハワイアン楽曲をメドレーで演奏。客席全体がジェイクのウクレレに引き込まれていきます。

このコンサートでは特別に、ジェイクのヒーローであり、先日亡くなったピーター・ムーンへのトリビュート曲も演奏しました。

さらにコンサートの途中、マウイ島出身のウクレレ・プレイヤーであるアンドリュー・モリナミカ・カネと、ベースプレイヤーのジェイ・モリナがステージに上がり、数曲一緒に演奏する場面も。

実は彼らは、小さな頃からジェイクに憧れてコンサートによく来ていたロコボーイたちなんです。今では、彼らも成長して、自分たちでCDをリリースする立派なミュージシャンになっているのです。これからの、若い彼らの活躍にも期待が膨らみますね!

このコンサートでは、ジェイクが新曲「Pangram」も演奏しました!一部ですが、上の動画でお楽しみください〜。

最後まで盛り上がったマウイでのコンサート。ジェイク自身も、マウイ島での一日を堪能してオアフ島へと戻ってきたようです。

 

これから夏に向けて、アメリカ本土でのツアーもまだまだ続きます。また、5月にはワイキキのブルーノート・ワイキキでのコンサートも!ジェイクのさらなる活躍から、ますます目が離せませんね。

(写真提供: JS Entertainment)

■■必見!2018年今後のジェイク in ハワイ情報!■■

★5月6日(日)
Hawaii Book & Music Festival
※ジェイク出演時間: 16:00〜17:00 (予定)
入場無料
http://hawaiibookandmusicfestival.com

★5月11・12・13日
Blue Note Hawaiiにて3日間公演
開場17:00、開演18:30〜/開場20:30、開演21:00〜(各日2公演)
http://bluenotehawaii.com

◎そのほかのツアー・スケジュールの詳細はこちら⇛

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top