ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
オアフ島西側にできた注目の最新ホテルをチェック

オアフ島西側にできた注目の最新ホテルをチェック

開発が進むカポレイ地区にできた「ハンプトン・イン&スイーツ」。ビジネスにも旅行にも快適な、新しいハワイ滞在のカタチ!

2018.01.02

編集部体験レポート

アロハ! メグミです。

最近ハワイにオープンした新ホテルに行き、ねほりはほり、重箱の隅をつつくようにチェックしてきたこのシリーズですが、今回がいよいよ最終回です!

記念すべき最終回を飾るのは……?

オアフ島の西の街カポレイにできた巨大なショッピングセンター「カ・マカナ・アリイ」の中。

人気のブレックファスト・レストラン「モエナ・カフェ」のお隣りにある、そう、それは……?

 

ドラムロール、カモン!

 

ドゥルルルルルルルルルルルル……

 

ドドンチッ!

 

ハンプトン・イン&スイーツ・バイ ヒルトン オアフ カポレイ

です!

前回の「サーフジャック」に引き続き、編集部ヨリエのモデルで、お届けします!

 

 

はい。

読者のみなさんの中でも、

「カポレイって、どこ?」
という方と、

「あー、カポレイね、次回のハワイでチェックしようと思ってます」
という方とに分かれると思います。

 

カポレイは、オアフ島の西側にあり、ここ数年で急激に開発が進む新しいエリア。

アウラニ・ディズニー・リゾートや、フォーシーズンズ・リゾート・オアフがあるコオリナ地区から、車で15分ほどの距離にあるのですが、高級ビーチリゾートのコオリナとは少し違って、西側に住むローカルにとって新しいベッドタウンであり、新しい商業地区である…といった感じ。

旅行者ではなくローカル市場をターゲットにした米本土出資の企業などは、ワイキキやアラモアナをすっ飛ばして、ここカポレイに進出する……なんて流れも起きています。

 

とにかく、いま、敏感めな人が注目しているエリア、それがカポレイなのです。

 

今回ご紹介するホテル「ハンプトン・イン」は、カポレイの開発を象徴する巨大ショッピングセンター「カ・マカナ・アリイ」の中にあります。

ハワイでは初となる「ハンプトン・バイ・ヒルトン」ブランドのホテルです。

 

ではさっそく、中をのぞいてみましょう〜!

あれ? いきなりレストラン紹介ですか?

 

……なーんてね。違うんですよ。

この素敵な空間は、エントランスを入ってすぐの場所にある、ラウンジエリア。
ラウンジといっても、リゾートホテルのようにお酒を出すバー的な要素はなく、宿泊ゲストが思い思いにくつろぐための場所なんです。

 

上の写真で、ヨリエが座っている「コミュニティ・テーブル」には、しっかり電源も用意されているので、ノートパソコンを開いてサクッとメールをチェックしたり…なんてこともできちゃいます。

もちろん、ホテル館内はWi-Fi完備!

 

ふかふかのソファ席も豊富。

 

ラウンジのすぐ近くには、コーヒーや各種ドリンクが用意されているんです。素敵!

ちなみに、宿泊には朝食が付いているので、朝にはこのラウンジエリアに朝食ビュッフェが並びます。

 

 

そして、エントランスのすぐ横には、ちょっとした売店があります。

  • 駅構内にある売店みたいな感じ。ドリンクや軽食、洗面用具などがあります。

  • 冷凍ケースには、アイスのほか、なんと冷凍のピザなどもあるんですよ〜!

まあ、ホテルの外へ出れば、すぐ隣りにはモエナ・カフェがあったり、飲食店はかなり豊富にそろっているのですが、それでもホテル館内に売店があるのって、心強いですよね。

そして「なぜホテルに冷凍食品が?」の謎については、後でその理由がわかるので、ちょっと覚えておいてくださいませ。

 

 

さて。

エントランスを入り、売店やラウンジを過ぎ、廊下をずずずいっと進むと……。

 

プール!

プールがあるんです。しかもけっこう大きいやつ!
ガシガシッと泳げそうなぐらい長いです。25mぐらいは、あるんじゃないかな。

  • プールに隣接し、フィットネス・ジムも完備。

  • リゾートプールというより、泳ぐためのプール。

中規模ホテルなのに、このフィットネス設備があるって、ハワイではかなり珍しいと思います。

ここまで読んで、お気づきの方もいるかと思いますが、

・ラウンジに電源あり
・朝食つき
・常時コーヒーサービス
・フィットネス完備

この条件、なんだか「デキるエグゼクティブの出張にぴったり」な感、ありますよね?

 

そうなんですよ〜。
ビジネス目的の滞在にも、しっかり考慮されているんです。

 

  • ビジネスセンターにはプリンター完備!

  • 大人数の会議に対応できるホール完備!

ビジネス出張ならば、もちろん自分のノートパソコンは持ってきているわけですが、それでもやっぱりビジネスセンターがある安心感は、大事。
プリンターが必要になる時も、ありますしね。

極めつけは、大型ホールですよ。パーティルームというより、会議やカンファレンスのために最適化されている印象。

さすが、開発が進むカポレイだけありますね。面白い!

 

ですが、

「ビジネス向けだったら、旅行には向いていないのでは?」

いやいや、そんなことはありません。

その理由は、お部屋を見てみれば、わかるはず!

 

 

【2クイーン・ベッド】

クイーンサイズのベッドが2台入ったお部屋。

インテリアは、ほかのお部屋も同じく、すべて落ち着いたトーンでシンプルにまとめられています。
かといって味気ないほどの地味さではなく、程よくスタイリッシュなんですよね。

テレビテーブルのほか、大きめの書き物デスクもあり、ベッドとテーブルの間もゆったり空間が取られています

 

すっきり清潔感あふれるバスルーム。
やっぱり新築っていいな〜。

洗面台が広いので、コスメやバスグッズを置けるし、空間も広めなので使いやすい。
鏡が大きいのも、グッド!
このお部屋は、浅めですがバスタブ付き。

とっても機能的で、好印象なバスルームですね。
じつは水回りの使い勝手って、ホテル滞在の快適さを左右する大きな要素だったりするので、シャワーや洗面周りにストレスがないのは、とても大事だと思います。

 


 

【キング・ソファ】

こちらはキングベッド1台、ソファベッド1台のお部屋。

シンプルなインテリアながら、ヘッドランプがかわいかったり、壁にハワイ感ある写真が飾られていて、控えめだけど洗練されていますよね。
このホテル、全体的にこんな感じで、主張しすぎないオシャレ感がちょうどいいんですよ。

 

ベッドとソファの向かい側には、テレビと書き物デスク。

写真だとわかりづらいのですが、かなり空間が広めに取られていて、物と物の間がゆったりしています。

この空間のゆとり、ワイキキだと難しいんですよね…。
オアフ西側のカポレイならでは、だと思います。

 

こちらのお部屋は、ミニ冷蔵庫とコーヒーメーカー付き。

 


【1キング・ベッド】

こちらはキングベッド1台のお部屋。

 

一人がけソファもあります。

ベッドのまわりの空間が、広い……。

ベッド脇には、コンセント式の電源のほか、USB電源もあります。

 

 


【キング・ステューディオ・スイート】

リビングとベッドルームがひと続きになっている「ステューディオ・スイート」のお部屋。

 

リビングには2人がけソファ、1人がけソファ。

 

そして、このお部屋のいちばんの特徴は……?

シンク付きなんです!
電子レンジもありますよ〜!

 

フルーツを洗って食べたり、テイクアウトしたものを温めて食べられるので、とっても便利。
冷凍食品だって、このレンジさえあれば、チンして食べられますよね。

なので、下の売店で、冷凍食品を買ってきて食べることも、可能なのです!

 

そのほか、ホテルのスペックは、こちら。

今どき、パーキングが無料って、ハワイではかなり珍しいですね。

 

いかがでしたか?

全体的に、ビジネスユースに最適化されている感じはありますが、もし「今回はオアフの西側中心に遊びたい」という場合は、かなりアリなんじゃないか、と思います。

ワイキキに滞在しながら西側へ行くとなると、往復だけでもけっこう時間がかかってしまうし、ほとんどホテルにいないのにワイキキの高いホテル代を払うのも、もったいないですよね。

ハンプトン・インなら、西側の中心地で、カエナポイント方面にも、コオリナ方面に行くのにも便利。
ショッピングにアクティビティに、一日たっぷり遊んで、夕食はカ・マカナ・アリイで食べて、そのままホテルでゆっくり休むことができます。

お部屋にはラナイ(ベランダ)がないし、海も見えないので、そういったハワイ的なものはありませんが、お部屋がゆったり広めで、朝食付きで、館内どこもピッカピカなので、居心地は抜群なんじゃないかな、と。

 

ということで、私の結論としては、

✓西側を中心に遊ぶ・攻める
✓日中は外に出ていて、ホテルでは基本寝るだけ

という人には、かなりオススメです!

オアフ島滞在中の2〜3日だけ、という使い方も、良いのではと思いますよ〜!

 

 

この記事を書いた人

マローン恵(メグミ)

アロハストリート副編集長。ワイキキ、マノア、モンサラット、マキキを経て現在はカイムキ在住。好きなものは地ビールと地コーヒーと地チョコレート(全部発酵食品!)。ハワイ島取材班としても意欲的に活動中。

Twitterアカウント:@Megumiinhawaii

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top