ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
+20%のゆとりがポイント!JALの新シート

+20%のゆとりがポイント!JALの新シート

快適な空の旅を提供するJALのプレミアムエコノミークラスに導入された「JALスカイシェルシート」。機能や座り心地はいかに!?

公開日:2016.05.05

更新日:2018.02.17

RESORTFUL! JAL HAWAII

IMG_4472.jpg
アロハ! ヒロヨです。
4月から連載が始まった、機内でも現地でもハワイを満喫するためのJAL提供によるサービスを紹介する「RESORTFUL! JAL HAWAII」。今回は、2016年1月7日からホノルル-羽田間のJALプレミアムエコノミークラスに導入された新シート「JALスカイシェルシート」を実際に私が見て、触れて、体験してきた様子をレポートします。

IMG_4461.jpg

試乗体験が行われたのは2016年4月7日。機内に設置された実物の新シート体験ができるということで、空港へ。最近はどこへも旅行に行っていないので、空港に行けるだけでも何だかうれしい~。昔はあんなに旅してたのになぁと何だか思い出に浸ってしまいます。兎にも角にも旅情をそそる風景は私の大好物。空港へ行くという行為だけでも、気持ちが高ぶります。

 まずはチェックイン。いくらシートの試乗といえど、空港内に入るのでチケットとセキュリティチェックは必要です。すべてのチェックを済ませて空港内へ。世界各国の旅人が行き交う中、私もトラベラー気取りで目的のゲートへ。

IMG_4478.jpg

ゲートには、飛行機が待機しています。あくまでシートが目的ですが、実際の機体を用意。このままどこかに連れて行って欲しい~。

IMG_4490.jpg

早速搭乗し、まずは通常のエコノミー席に座ってみました。こちらの席も座り心地良し! 私は身長が168cmくらいですが、座ると前の座席と足の感覚はこのくらい。

IMG_4495.jpg

そして新シートの「JALスカイシェルシート」があるエリアへ行くと、明らかに座席の間隔が広い! 実際に座ってみると写真のようにスペースがたっぷり。エコノミーシートに比べ「+20%」のゆとりを加えた97cmのシート間隔で、足を前に放り出しても余裕の広さです。

IMG_4516.jpg

さらに、このシートの特徴は、座席が後ろに倒れないこと。「ええ、背もたれ倒れないの?」と思われるかもしれませんが、ちゃんとリライニング機能はあるんです。

「一体どういうこと?」と頭の中が???でいっぱいになっていませんか?実は、座席が前方にスライドすることでリクライニングするんです。これは足元にゆとりがあるからこそのできるシート設計。しかも座席が倒れないということは、後ろに座っている人に気を遣うことなく、思う存分快適な姿勢が取れるということ。このちょっとしたストレスから解放されるのは、高いポイントです! シートも体全体を包み込むような座り心地の良さ。フットサポートもあり、足のむくみ対策に活躍しそう。ああ~これぞプレミアムエコノミーの特権。リラックスできるわ~。

IMG_4512.jpg

座席に備え付けられたテーブルにも注目! この写真はテーブルを普通に倒したところです。

IMG_4515.jpg

奥から手前にもう一段階テーブルを開くことができ、広さが2倍に。これだとノートパソコンを置けたり、食事の際もドリンクの置き場に困らずゆったり過ごせます。座席の横にはパソコン用の電源もあって、バッテリーを気にすることなくパソコンが使用できるので、とくにビジネストリップの方は機内でたっぷりお仕事もできちゃいます。

IMG_4504.jpg

シートの横には読書灯があり、自分で角度の調節が可能。光を照らしたい場所が細かく調整できるので、とても便利です。

IMG_4533.jpg

シートだけでなくプレミアムエコノミークラスはアメニティも充実しています。歯ブラシや耳栓、アイマスクやスリッパなど、空の旅を気持よく過ごせるような心遣いがうかがえる品ぞろえ。

IMG_4538.jpg

ヘッドフォンもこの通り。備え付けのものとは思えないほどのクオリティの高さ。ピタリと耳にフィットし、音質もばっちりです。

IMG_4569.jpg

「座席間の広さはもちろんですが、ゆったり使える広々としたテーブルもお客様にとても好評です。また、シートベルトには非常時の衝撃で前のシートに頭をぶつけないようにするエアバッグが付いているので、安全面への配慮も重要なポイントです」と、この日シートを案内してくれた整備担当の方。利用者からもすでに高い評価を得ているそうです。

JALスカイシェルシートは、ホノルル-関西国際空港、中部国際空港 セントレア、成田国際空港便にも順次導入される予定です。くつろぎと安らぎに包まれたプレミアムなシートで、至福の旅をお楽しみください。

RESORTFUL! JAL HAWAII

リゾート地ハワイへの旅において、機内でも現地でもハワイを「フル」に満喫するための新サービスをあれこれそろえた「RESORTFUL! JAL HAWAII」。機内サービスからハワイでの無料体験プログラムの楽しみ方、マイルの上手な使い方など、最新のお得情報をご紹介します。さあ、JALで新しいハワイを体験しましょう!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top