ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ウクレレな週末〜コンサート&コンテスト編

ウクレレな週末〜コンサート&コンテスト編

2月12日〜14日はウクレレ・ウィークエンド。ウクレレミュージアム建設に向けてのベネフィットコンサートとウクレレ・コンテストの様子をレポート!

2016.02.18

ハワイのイベント・レポート

IMG_0842000.jpg アロハ!リツコです。
 2月14日(日)のバレンタインデーに、ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ2016が開催され大きく盛り上がりましたが、それ以外にもウクレレ三昧のすてきなイベントが目白押しだった「ウクレレ・ウィークエンド」。その様子をご紹介しますね。

IMG_0773_600.jpg  2月12日(金)の夜、ハワイ・プリンスホテル・ワイキキのマウナケア・ボールルームで行われたのが「第4回ウクレレ・ミュージアム・ベネフィットコンサート」。このコンサートの収益金は、すべてカカアコ・ウォーターフロント・パークに建設予定のウクレレ・ミュージアム建設のために使用されるというベネフィットコンサートなんです。ハワイのウクレレメーカーもこのコンサートをサポートしています。コンサート会場では、カマカ、コアロハ、カニレアなどの高級ウクレレのサイレントオークションも行われていました。

IMG_0774_600.jpg また、会場では多くのボランティアの皆さんも活躍!イベントTシャツを着てお料理のサーブを手伝っていたスタッフさん、こんな笑顔で対応してくれると気持ちいい〜!

IMG_0783_600.jpg  この日のコンサートには、ウクレレ・ファウンデーション・オブ・ハワイ主宰である関口和之さんの思いに賛同する多くのミュージシャンが登場。日本から参加したのはスウィート・ホリワイアンズの皆さん。1920〜1940年代のスウィング、ハワイアン、カリプソを独自の演奏で表現する"音楽演奏家集団"は、世界各地に活躍の場を広げている注目のカルテット。どことなくノスタルジックな音色、ちょっとゆるい雰囲気のオリジナリティあふれる演奏に客席も大盛り上が りでした!

IMG_0812_600.jpg 続いて、ハワイを代表するウクレレプレイヤーのベニー・チャン&バイロン・ヤスイが登場。ジャズウクレレ界の最高峰とも称される、トッププレイヤーの演奏は、聴いていて癒されるだけでなく、なんだかドキドキしてしまいます。本当にかっこよくて渋い。こんな演奏を生で聴けるなんて幸せすぎます...。ちなみに、バイロン・ヤスイさんは、ハワイ大学で教鞭をとっていたこともあり、先日ジェイク・シマブクロさんが挑戦したウクレレコンチェルトの作曲者でもありま すね。

IMG_0847_600_edited-1.jpg カウアイ島出身、ナ・ホク・ハノハノ・アワードなど数々の賞を受賞するアーティスト、カイナニ・カハウナエレもその歌声を披露。 ハワイ大学でハワイ語の講師も務めるという多彩で実力派のカイナニ・パワーに感動!途中、マリア・シュナイダーもフラで参加して、ステージがさらに華やか に。

IMG_0887_600.jpg 最後に登場したのは、コンテンポラリーハワイアンミュージックの元祖とも言われるハワイアン・スタイル・バンド!底抜けに明るくて 心地よいハワイアンな演奏が会場に響き渡りました。実は私は初めてハワイアン・スタイル・バンドのライブを観たのですが、とにかく楽しかった〜。いろいろ な出会いがたくさんの、コンサートでした。

IMG_9574_600.jpg 関口和之さんにお話をお聞きしたところ、ウクレレ・ミュージアムの場所やデザインも徐々に固まってきたそうで、もう少ししたら正式な発表が聞けるようです。ウクレレミュージアムでは、ウクレレの歴史などを見られる展示をはじめ、子どもたちや若手ミュージシャンのためのワークショップの場所も提供予定していきたい、とのこと。ハワイはもちろん、世界中の人にウクレレの素晴らしさを体験してもらえるようなミュージアム...その実現が本当に楽しみですね!

◎コンサート翌日に行われた「第5回インターナショナル・ウクレレコンテスト」の様子は次のページで!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top