ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ジェイク、待望の新アルバムリリース!

ジェイク、待望の新アルバムリリース!

ウクレレ奏者ジェイク・シマブクロさんの新アルバム『TRAVELS』が日本で7月22日にリリース。込められた熱い思いや聴きどころをインタビューしました!

公開日:2015.07.22

更新日:2017.06.27

極上!ジェイク通信 Aloha To You

 アロハ!みなさん。
 7月に入り、日本もハワイも夏本番!という感じですよね。ハワイのビーチも多くの人で連日にぎわっています。そんな中、ハワイが誇るウクレレマスター、ジェイク・シマブクロさんの新アルバムが日本で7月22日にリリースされました(アメリカでは今秋リリース予定)。アルバム『TRAVELS/トラベルズ』について、ご本人にインタビューさせていただきました!

travels.jpg

トラベルズ/TRAVELS(収録曲)

1. ディパーチャー・スウィート・パートワン Departure Suite - part 1
2. トレイン・ライド Train Ride
3. ロウ・ライダー Low Rider(カヴァー)
4. トラベルズ Travels
5. インタールード・ワン Interlude Ⅰ
6. パスポート Passport
7. ヒイラヴェ Hi'ilawe (カヴァー)
8. エヴリシング・イズ・ベター・ウィズ・ユー Everything Is Better With You
9. ディパーチャー・スウィーツ・パートツーアンドスリー Departure Suite - parts 2 & 3
10. オアマ Oama
11. アイルー・ビー・ゼア I'll Be There(カヴァー)
12. ハヴント・ウィ・ビーン・ヒア・ビフォー? Haven't We Been Here Before?
13. インタール―ド・ツー Interlude Ⅱ
14. カヴィカ Kawika(カヴァー)
15. レッド・アイ Red Eye
16. 一期一会 Ichigo Ichie(セルフカヴァー)
17. ディナー・アンド・ア・ムービー Dinner And A Movie
【日本盤ボーナス・トラック】
18. 涙そうそう(カヴァー)

ーーーいよいよ約2年ぶりのアルバムがリリースされますね。本当に楽しみです!

ジェイク:ありがとうございます。今回は、経験豊富なエンジニアであるミラン・バトーサと、尊敬するベーシストであり僕のメンターでもあるディーン・タバの、2人の信頼できるプロデューサーと一緒に作ったアルバム。作っている過程からとても楽しく充実していました。彼らがこのアルバムを通して僕を正しい方向へプッシュしてくれて、新しいことにもいろいろ挑戦できましたね。曲によっての演奏方法はもちろん、ウクレレ自体も7本を使い分け、マイクの位置や種類にもこだわりました。

006.jpgーーーハワイカイのレコーディング・スタジオに取材に伺った際は、すごい数のマイクにビックリしました!そしてアルバムのタイトルは『トラベルズ』。そこに込められた想いとは?

ジェイク:僕は1年のうち半分以上ハワイから離れて、アメリカ本土やヨーロッパ、日本をはじめアジアなどでツアーを行っています。おかげでいろいろな土地へ行くことができ、様々な人々や音楽に出会う機会があります。それらにインスパイアされたことを表現したかったんです。また、フィジカルな旅だけでなく、ミュージカル・ジャーニーというか、僕の音楽人生全体というのもコンセプト。子どもの頃から僕の人生は常に音楽と一緒にあったから、ずっと聴いてきた音楽や尊敬すべきミュージシャン、先生、メンターたちへのトリビュート・アルバムでもあるんです。

Jake002.jpgーーーなるほど...。もう少し具体的にお聞きしてもいいですか?

ジェイク:たとえば、アルバムタイトル曲でもある「トラベルズ」はウクレレ4本を重ねた重厚なトレモロから始まります。これは、ウクレレ界の巨匠でありトレモロマスターであるオータサンへのトリビュート。美しいオータサンのトレモロの音色に敬意を表したものです。さらにこの曲にはウクレレという楽器のベースもエッセンスに。メロディの一部にウクレレ開放弦の音「ソドミラ」を取り入れてみました。「My Dog Has Fleas〜〜〜♪」(と歌いながら)の音ですね。ウクレレのとってもシンプルなベースを応用して、それを曲に活かしたのもチャレンジのひとつです。

「ヒイラヴェ」はハワイの伝統的な曲。尊敬するギャビー・パヒヌイやエディ・カマエなど多くの人がカヴァーしている曲です。僕はとくにギャビーのバージョンが大好き。本当に何度も何度も聴いていました。だから、とくに曲の最初部分のメロディーはギャビーがどんな風に表現しているかにすごくフォーカスしてカヴァーしています。

「アイル・ビー・ゼア」はIZ(イズラエル・カマカヴィヴォオレ)への想いを込めて。もともとはジャクソン5の曲ですが、僕が高校生の頃にIZがこの曲をカヴァーしたんですよ。ティーンネイジャーの頃、とてもよくその曲を聴いていました。僕にとって、その頃のメモリーが詰まった思い出の曲をあらためて今回カヴァーすることで、新しい発見があったと思うんです。

「パスポート」はディーンと一緒に作った楽曲。違うグルーブを感じられて、僕自身とても新鮮でした。自分で曲を作るのと、ほかの誰かと一緒に作るのではフィーリングが違いますね。それが信頼できるディーンとだからなおさら。聴いている人にも、それを感じてもらえると思います。これまでとは異なる、すごくいい体験でした。(続く)

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top