ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
お値段以上な人気ハワイアングルメを調査【ウメケ Umeke】

お値段以上な人気ハワイアングルメを調査【ウメケ Umeke】

ハワイ島に住むロコたちいわく「カイルア・コナで今一番勢いがあるお店」というレストラン「ウメケ」に行ってきましたよ!

2017.02.27

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

title_reIMG_3655.jpg
アロハ! メグミです。

 

ハワイ島取材班の私ですが、ハワイ島に取材に行く際には、いつも出会った地元の方たちに「おすすめのお店は?」と聞くことにしています。
やっぱりいい店、うまい店は、地元に人に聞くのがいちばん!ですからね〜。

すると、ここ半年の間で、頻繁に名前が挙がるようになったのが、

 

「ウメケ」

です。

 

ウメケとはハワイ語で、ごはんを食べる器のことを指すのですが、ってことはハワイアン料理なのか?と思いきや、

「ハワイアン料理もあるけど...プレートランチ?
魚料理が中心...でも、肉もあるよ
ハンバーガーとかもあるよね」
スポーツバーじゃない?」
「とにかく何でも美味しいから、絶対に行ってみて!」

 

 

という、イマイチよくわからない答えばかり(笑)。
これは実際に行ってみて確かめるしかない!と思い、お店に行ってみましたよ。

 

まず、結論から申しまして...。

 

1reIMG_2676.jpg

お値段以上!!!

 

はい。
地元の方たちの声は、正しかったです。

 

エビも大きかったあ〜。

 

ということで、私が行ってみて味わってきた「ウメケ」のアレコレを、この場を借りてご紹介したいと思います。

平日でもかなり込み合うほどの人気店なので、ピークタイムをずらして来店することをおすすめします!!

 

 

2reIMG_3647.jpg
店内はわりと広々しています。
テーブル席も豊富にあるし、テラスにもテーブルが何台もあり、席数はわりと豊富。
しかし、ピーク時にはこれらの席がすべてパツパツに埋まり、さらに席待ちの人が店外にあふれるほど、本当にすごい人気っぷりでしたよ。
お客さんに地元の人が多いのも、信頼できる点ですね。

 

3reIMG_3666.jpg
ずらりと並ぶカウンター席。

 

私たちは、テーブルの席が開くまでの間、このカウンター席でビールを飲みつつ待ちました。
カウンターでも料理は食べられるので、2〜3人での食事ならカウンター席でも問題ないかもしれません。

 

4reIMG_3667.jpg
お店の奥には自家製ポケやハワイアン・デリがずらりと並ぶ冷蔵ケースがあります。
これらのお料理は、店内で味わうこともできるし、量り売りで購入して持ち帰ることも可能。

 

夕方になると、この量り売りだけを買いに来る地元の人も多かったです。
「今晩のおかずの一品足しに」という感じでしょうかね。

 

5reIMG_2656.jpg
ポケ3点盛りをおつまみに、ビールやカクテルを堪能。
左はテリヤキソースの甘めのポケ、中央はクリーミーなポケ、右は海藻入りポケです。

 

左と中央は、私は初めて食べるタイプの味で、ちょっと驚きつました。オアフ島ではあまり聞いたことがないフレーバーかも...ハワイ島だからなのか、それともこのお店のオリジナルなのか...。なにせお店が忙しく、質問できなかったので、次回ぜひ詳しく追求したいと思います。

 

6reIMG_3673.jpg

「テーブル席が空きましたよ。さあ、どうぞ〜!」

元気なロコガールのサーバーさんに導かれ、お待ちかねのテーブル席へ。

 

さあ、じゃんじゃんお料理、持ってきちゃってくださーい!!

 

7reIMG_2665.jpgOpae(シュリンプ)ボウル $16

 

大きなエビが4尾入ったボウルメニュー。エビはグリルかガーリック、スパイシーアイオリが選べますが、グリルが断然おすすめ!
バーベキューで焼いたような、カリッと香ばしい焼き上がりが最高です。私は殻まで全部食べちゃいました。殻が歯茎に刺さりましたが、美味しかったです。

 

ちなみに「ボウル」のメニューは、ご飯が2スクープ、副菜が1点付きます。
この緑の副菜は、「オーシャンサラダ」と呼ばれる、シャキシャキの海藻をごま油で和えたもの。

 

8reIMG_3615.jpgPipi(ビーフ)ボウル $12

 

ビーフはプレフというハワイアンスタイルの直火焼きと、照り焼き(テリビーフ)が選べます。上の写真はプレフ・ショートリブ(カルビ)です。
サイドの副菜はカニが入ったクラブ・ブロッコリー。
ご飯はプラス$1で玄米に。

 

9reIMG_3609.jpgMauka 2 Makai ミックスプレート $18

 

マウカは山側、マカイは海側。「山から海へ」という名のお料理で、ボウルメニューから2品を選ぶことができます。
上の写真はOpae(シュリンプ)I'a(魚)をチョイス。魚はその日に獲れたものが使われるため、魚の種類は日替わり。
副菜はHoi'oというハワイアン風の冷たいおかずで、わらびやかまぼこが入っています。

 

11reIMG_2662.jpgこちらもミックスプレート($18)ですが、アヒベリーカツ(マグロのカツ)Moa(チキン)の照り焼きをチョイスしたもの。
ちなみにMoaは照り焼きかチャーシューチキン、フリカケチキンの3種類があります。単品のボウルだと$12。

 

12reIMG_2660.jpgこちらも2チョイスのミックスプレート($18)で、Pua'a(ポーク)のラウラウチャーシューチキンという選択。

Pua'a(ポーク)はラウラウのほか、カルアピッグがあります(単品ボウルだと$12)。

 

10reIMG_2668.jpg
ウメケスタイル・フィッシュタコス $16
ケイジャンまたは天ぷらスタイルのお魚に、キャベツのコールスロー、パイナップル・ロミ、玉ねぎフライがたっぷり入っていて、こぼれないように食べるのが困難なほど具だくさん。

 

13reIMG_2648.jpg
ロコ感たっぷりのオーナーさん。

 

お店が大繁盛な中、オーナー自ら忙しく動き回っていました。
こちらのお店は料理が出てくるのが早く、スタッフのみなさんもキビキビかつ笑顔で働いていて、そんなトコロも好感が持てました。

 

14reIMG_2677.jpg
毎日獲れたてのフレッシュな魚介類を使い、ポケをはじめ副菜類やソースも自家製。
しかもお値段がリーズナブルときたもんだ。
これは、地元の人がおすすめするのも納得です。

 

ちなみにウメケは、もともとは持ち帰り専門プレートランチ店が最初で、そのプレートランチ店があまりにも人気だったため、このレストランのオープンに至ったのだとか。
いまでも最初のプレートランチ店は営業中ですが、こちらもかなりの人気ぶりなんですよ。

 

ある地元の人は...
「カイルア・コナで飲食店を成功させるのは難しく、せっかくオープンしても経営が続かずに閉店するところが多いけれど、ウメケはカイルア・コナで地元ロコを相手に大繁盛している貴重なお店

 

という声もありました。

 

15reIMG_3681.jpg
ロケーションは、便利なカイルア・コナの中心地。
クアキニ・ハイウェイとカイヴィ・ストリートの角にあるコンプレックス内です。地ビールで有名なコナ・ブリューイング・カンパニーからもすぐ近く。無料駐車場も豊富にあるので、レンタカー派にもうれしいですね。駐車場はカイヴィ・ストリート側に入り口があります。

 

オアフ島にはないタイプのお店なので、ハワイ島に行く方は、ぜひともスケジュールをやりくりして行ってみていただきたい!
おすすめです!!

 

地元でいま最も話題のグルメスポット。 地元産の新鮮な食材を使ったポケ丼やグリルフィッシュなどの魚介類、ポークチョップやバーガーまで種類豊富なメニューはどれもリーズナブルな価格で絶品!お店の裏に…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top