月明かりのもと有名シェフの料理を堪能

月明かりのもと有名シェフの料理を堪能

今年も「ハワイ フード&ワインフェスティバル」が開催。総勢15名の有名なシェフによる豪華な料理をたっぷりとレポートいたします!

公開日:2013.09.12

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

 アロハ! タマコです。
 9月1日(日)〜9日(月)までの9日間に渡って、地元の人たちも待ちわびていたゴージャスなグルメイベント、ハワイ フード&ワイン・フェスティバルがハワイ各地で開催されました。3回目を迎えた今年も、世界的に有名なシェフが各国から集まり、大いに盛り上がりました。私もワイキキのザ・モダン・ホテルで行われた「アンダー・ザ・ムーン:モリモトとその仲間たち」に参加してきましたよ。

foodandWine400_15.jpg

 「料理の鉄人」3代目和食の達人、そしてアメリカ版の「料理の鉄人」としても人気の森本正治シェフのもと集まった、15人の世界的に有名なシェフによる、美しくおいしい料理の数々が振る舞われるとあり、会場のプールサイドは大勢のグルメファンで賑わいました。

 会場に入るとまずチェックインエリアに行き、このような素敵なマイフォークとマイグラスをもらいます。このグラスを持って、ワインブースやカクテルバーなどで好きなお酒を注文するシステムなんだそうです。日本酒や韓国の焼酎のブースもあって、みなさん好きなお酒を楽しんでいました。

foodandwine400_3.jpg

 入口すぐのところにオアフ島カカアコ地区のレストラン「シェフ・チャイ」の有名シェフ、チャイさんを発見! この日ためにチャイさんが用意した料理は、カウアイ島産のエビとコナアワビのサラダです。レモングラスとガーリックのドレッシングがさっとかけられていて、プリプリのエビも、柔らかいアワビも、甘いマンゴーも、すべて素材の味がそれぞれを引き立てている一皿は、「ブラボー!」と思わず言ってしまいたくなるほど。チャイさんの料理らしく、マンゴーの型抜きやキュウリの飾り切りなど、1000皿近く作るイベントであっても、うっとりとするような繊細な見た目は健在です。

foodandwine400_4.jpg

 元気な笑顔と軽快なトークで、ブースに訪れていた人を魅了していたのが、台湾のアンバー・リンさん。カモミールリゾットとキノコ。まろやかなリゾット、肉厚でジューシーなきのこと海老の相性は抜群です。台湾の縁起物の「福」のマークやカラフルな食用花が料理を彩り、彼女の人柄が垣間見える華やかな一品でした。

foodandwine400_5.jpg

 コナ産のカンパチのお刺身を手に持ち、気さくに撮影に応じてくださったのは、数々の賞を受賞し、テレビなどでも活躍するニューヨークの「アニッサ」オーナーシェフのアニータさん。新鮮なカンパチは歯ごたえもよく、身がしまっていてきっとそのままでも十分おいしいと思うのですが、フレンチを得意とするシェフならではのソースマジックに、私は一瞬でノックアウトされてしまいました。添えられていたラディッシュと昆布、アボカドと一緒に口の中で広がる絶妙なハーモニーは、今思い出しただけでも幸せな気持ちになります。

foodandwine400_7.jpg

 ピリっと辛いキュウリのキムチが食欲をそそる「豚バラのレタスラップ」は、この日のイベントの中心シェフ、「モリモト・ワイキキ」の森本正治さんによる一品です。この料理に使われている豚バラは、オアフ島のカネオヘにあるシンサトファームで飼育した豚のものを使っているそう。柔らかく口の中でとろける柔らかい豚バラにまたしてもクラクラ。すでにお腹ははちきれんばかりですが、このチャンスを逃してしまったら、世界を飛び回らなければ食べることのできないシェフの料理たち。プールの周りをグルグル歩きまわってエネルギーを消費しつつ、次なるブースを目指します。

foodandwine400_6.jpg

 アメリカの人気テレビ番組「トップシェフ・マスターズ」の2011年優勝者、「ノースエンド・グリル」のフロイドさんがこの日用意したメニューは「ツナ・タルタル」。ハワイの近海で穫れたマグロにうずらの卵をのせた、日本人には馴染みの深いマグロユッケのようなお料理。マグロは、ハワイに住んでいると日常的に食べることができる身近な食材。しかし、トップシェフの手にかかると味もプレゼンテーションも、やはり違いますね。毎日台所に立つ主婦としても、とても勉強になった一日でした。

foodandwine400_8.jpg

 美しいサンセットをバックに写真を撮らせていただいたのは、韓国から参加のルシア・チョーさん。ソウルで「ビチェナ」というモダンコリアンレストランを経営している人気シェフです。ハワイ フード&ワインの発起人であるアラン・ウォン氏を料理の師と仰いでいるというルシアさん。ハワイという美しい場所で、素晴らしい食材を使って料理できることを光栄に思っています、と言っていました。

foodandwine400_9.jpg

 そして、この日唯一日本から参加していたのが、赤坂の「Wakiya一笑美茶樓」をはじめ4店舗のオーナーシェフとして活躍している脇屋友詞シェフ。この日のために作られたレシピは、ハワイ産ポークと蟹のマッシュルームソースがけ。このポークも、森本シェフの料理と同じファームで飼育された豚を使用していました。実は食べ物の中でいちばん蟹が好きな私。蟹の旨みがぎゅっと詰まったお料理に、もう天にも昇る思いです。さらに、テレビの料理番組などでよく見ていたシェフ本人と一緒に写真まで撮ってもらい、うれしくてうれしくて、踊り出しそうでした。

foodandwine400_10.jpg

 日が暮れるとプールがブルーにライトアップされ、夕焼けの幻想的な雰囲気から一転、クールで大人な雰囲気に。夜が更けても美味しいお料理に伸びる手は誰も止まらず、贅沢な絶品料理を思う存分堪能していました。

 この日がオアフ島でのイベント初日。コンベンションセンターやコオリナで行われたイベントには、パティシエの鎧塚さんや栗原はるみさんも登場しましたよ。その模様も追ってレポートしますので、ぜひお楽しみに!

 ホノルルの魚市場で行われたイベントのレポートはこちらから>>

 

 

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top