まつりインハワイが今日からついに開幕!

まつりインハワイが今日からついに開幕!

今年で34回目を迎える、環太平洋友好の祭典、まつりインハワイが本日6月7日(金)から6月9日(日)まで開催されます。

公開日:2013.06.07

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

 アロハ!ナナです。

 

 本日6月7日(金)~6月9日(日)まで「第34回まつりインハワイ~Pan-Pacific Festival~」が開催されます。このイベントはホノルルを代表する一大イベントで、太平洋のあちこちから大勢の人が集まってパフォーマンスを披露する、大事な文化交流の場。毎年多くの人で賑わう大規模イベントなのですが、今日はそんなまつりインハワイのレセプション・パーティにお呼ばれしたので、その様子をレポートいたします!

pacific11.jpg

 レセプションの会場は、ホノルル動物園近くのワイキキビーチ前、パシフィック・ビーチ・ホテル3階のボールルームで行われました。

pacific10.jpg

 レセプションでは、まずはクム・サリー・ヨザによるハワイアン・チャント(ハワイ語の祈り)で開会。まつりの成功や安全など、みんなの想いを代表して祈りを捧げます。

pacific4.jpg

 その後はハワイ州知事やホノルル市長なども来場し、まつりインハワイがもたらす絆や文化交流などについて感動的なスピーチを披露。ハワイ、日本、そして太平洋の国々との関係を改めて考えさせられる内容でした。

pacific6.jpg
pacific5.jpg

 そして日本からのパフォーマーを代表して、「豊前の国観光ネットワーク・黒田の会」の皆さんが踊りを実演。今回、大分県からはるばるいらしたそうで、2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」にちなんだ黒田節などに合わせた見事な舞でした。ここハワイで伝統的な日本の踊りを観るというのも感慨深いものがありますね。

pacific1.jpg
pacific2.jpg

 会場にはほかにも、カラフルな衣装を身にまとったパフォーマーたちが大勢集まり、とても賑やか。写真上は「千葉花笠会 成田」、写真下は「大分南府ひょっとこ会」のメンバーです。


pacific8.jpg

 その後はケイキ(子ども)たちによるキュートなフラダンス。みんな本当に上手、そしてなにより笑顔が素敵でした。

pacific9.jpg 彼女たちの後にはクム・サリー・ヨザたちによるフラ。流れるような動きと笑顔にうっとりです。

pacific7.jpg
 最後はウクレレ・メーカー「コアロハ」のオーナー、アルビン・オカミ氏(通称パパさん)が、ご自分が作詞した歌「NANDEMO DEKIRU(なんでもできる)」を歌い、サリー・ヨザさんとキッズたちがフラダンスでコラボ。まさに多様な文化がミックスされた、まつりインハワイのコンセプトを考えさせられる感動的な締めくくりでした。

 今日から始まったまつりインハワイ。6月7日(金)~6月9日(日)の3日間、カラカウア大通り沿いの各所に設置されたステージおよびアラモアナセンターのステージで毎日パフォーマンスが行われます。まつりの間は、有名レストランやショップのブースも出ているので、パフォーマンスの間に買い物をしたり、ご飯を食べたりもできて楽しいですよ! 最終日にはパレードもあり、ワイキキ全体をあげて盛り上がる3日間、どうぞ足を運んでみてくださいね。

 
 まつりインハワイの詳しい情報は公式サイトへ>>
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート alohastreet 新規会員登録キャンペーン
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top