ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
パレード&長岡花火で盛り上がった日曜日

パレード&長岡花火で盛り上がった日曜日

第19回ホノルル・フェスティバルのフィナーレを飾ったグランドパレードと長岡花火。ワイキキが感動の渦に包まれた最終日をレポートします!

公開日:2013.03.05

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

 アロハ!タマコです。

 3日間に渡って盛大に開催されたホノルル・フェスティバル。そのフィナーレを飾るグランドパレードと長岡花火が3月3日(日)に行われました。

 今年は初めてのホノルル・レインボー駅伝も同じ日に開催され、最終日プログラムも盛りだくさん。グランドパレードは、カラカウア大通りで開催され、ハワイや日本をはじめ、環太平洋の国々から62もの団体が参加する盛大なパレードです。今年も白バイ隊に先導され、16:30にパレードがスタート。沢山の人が沿道に詰めかけていましたが、お天気もとてもよく、過ごしやすい一日でした。私も子どもたちを連れて参加しました! ミス・チェリーブロッサム、ミス・ワイキキが乗ったスポーツカーが次々に登場すると、かっこいい車に大興奮の息子と美しいミスに大興奮の娘。子どもたちも大喜びでパレードに沿道から手を振っていました。

Honolulufes_parede3.jpg

 エキサイティングなパフォーマンスが続くなか、鮮やかな衣装のライオンダンス&ドラゴンダンスが登場。ドラゴンがうねり、獅子舞が飛んだり跳ねたり、迫力満点です。ドラが鳴り響くなか、大小数々の獅子舞や龍が華やかに舞います。

Honolulufes_parede4.jpg

 サモアの伝統的なtatau(タトゥー)を全身に施したマロフィエ・サモア・ハワイも笑顔で登場! ラップダンスでパレードを沸かせていました。

Honolulufes_parede6.jpg

 半年間練習してきたというダンスを披露した園田学園のみなさん。今年は約150人の2年生が参加。ピッタリと息のあった踊りはダイナミックでとてもかっこよかったです! 

honolulufes_parede8.jpg

 福岡県のMIYABIのリズミカルな和太鼓パフォーマンスは、太鼓のドーンっとお腹にくる音が血が騒がせますね。子どもたちは太鼓を叩かせてもらって大喜び。今年も日本から多数のフラ教室が参加しました。優雅な踊りとまぶしい笑顔、ハワイの爽やかな風に吹かれてなびくお揃いの華やかな衣装がとても印象的でした。

Honolulufes_parede5.jpg

 今まで19年間、一度もかかさずホノルル・フェスティバルに参加している須賀連。グランドパレードの看板ともいえる「よさこい」はさすがの存在感です! 先日行われたフレンドシップ・パーティーでも会場中を大迫力のよさこいの波に包んだ須賀連。パレードでもあっという間に沿道も一体となってかけ声をかけたり踊ったり。心を揺れ動かされました。

Honolulufes_parede2.jpg

honolulufes_parede9.jpg

 夕暮れになりパレードはクライマックスへ。竜神、弘前のねぷた、福岡の大蛇山で盛り上がりは最高潮に。隣にいたニューヨークから観光で来たというカップルは、大きな山車や大蛇山などの花火などめずらしいパレードに釘付け。私が日本人と気づくやいなや、「あれはなに?」「どんな意味があるの?」と質問攻めに。写真もバシバシ撮ってこの時期に来てよかった! と感激していました。すべてをお伝えできないのが残念ですが、どのパフォーマンスも見応えたっぷりで、パレードの参加者も見ていた私たちも一体となって楽しめたあっという間の3時間でした!

 アロハ! ユカリンです。
 ホノルル・フェスティバルのフィナーレを飾るのは、世界中から集まる人々が共にこの花火を仰ぎ見られる平和な世の中が続くことを願う新潟県の長岡花火。ここからは私がレポートしますね!

 そもそもどうしてハワイで長岡花火が開催されるの?と思っている方もいるのではないでしょうか?第二次世界対戦の真珠湾攻撃で犠牲になった方と、終戦直前の長岡市の空襲で犠牲になった人たちへの鎮魂の意味が込められているのです。この花火は、2012年3月2日(ハワイ時間)に結んだホノルル市と、長岡市が姉妹都市提携の友好の証なのです。

 昨年のホノルル・フェスティバルで初めて打ち上げられた花火は、今年もフェスティバル最終日の20:30にワイキキ沖からハワイの大空に向かって華やかに打ち上げられました。

IMG_9590.jpg

 ワイキキビーチには、そんなワイキキの夜空を明るく照らす迫力満点の花火を見ようと、たくさんの人が花火が始まるのを今か今かと待ち構えています。

IMG_0272.jpg

IMG_0285.jpg

 8時30分を少し過ぎた頃、ドーン!という大きな音とともに大きな花火がワイキキ沖に設置された3艘の船から打ち上がりました!ただ大きいというだけではなく、色、形、そして打ちあがるタイミング、どれもが絶妙です。

IMG_9595.jpg

 観客からは歓声があがっています。私たちもあまりの美しさにはじめはキャーキャー騒いでいたものの、だんだん圧倒されてしまって、次第に無言でただじっと花火を見上げていました。日本の花火って本当にすばらしくて、思わず自分が日本人ということがとても誇らしい気持ちになってしまいます。

 ハワイに居ながら、日本各地のお祭りが楽しめ、太平洋地域の文化にふれることのできるホノルル・フェスティバルの開催がもうすでに楽しみです!来年はあなたもぜひ!

そのほかのパレードの写真はアロハストリートの公式facebookをチェック>>
メイン会場のレポートはこちらから>>
ホノルル・レインボー駅伝のレポートはこちらから>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top