ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
今年最後の盆ダンス?カピオラニ公園が沖縄に

今年最後の盆ダンス?カピオラニ公園が沖縄に

沖縄のフード、ミュージック、歴史などが体験できる楽しいイベントが開催されました。丸ごとすべてオキナワの世界へ!

2010.09.11

ハワイのイベント・レポート

 アロハ!ユカリン&マナミです。
 毎年9月のレイバー・デー・ウィークエンド(日本でいうところの勤労感謝の日)の連休に開催される、今年で28回目を迎える大人気イベント「オキナワン・フェスティバル」。ハワイ中の沖縄移民の方々はもちろん、すっかりローカルにも定着したお祭りです。オアフで開催される最後の盆踊りとしても有名で、ここでの踊り納めを楽しみにしている盆踊りファンも多いんだそうですよ。それではさっそくご紹介しましょう!

IMG_9866.jpg

 まず子どもたちが一目散で向かったのが、このバウンサーがズラリと設置されたキッズコーナー。フェスティバル会場では、フードブースで食べ物を買うのもキッズエリアで遊ぶのもすべてスクリプトと呼ばれるチケットが必要です(20枚つづりで$10)。とりあえず$20分購入しました。「さーあ、遊んでらっしゃーい!」。(ちなみに1日中遊び放題になるブレスレットは、$20でしたよ)

IMG_9780.jpg

 そして次は私の欲求を満たすべく、フードブースが並ぶエリアに移動。しかし見てくださいよ、この大行列!でも、このイベントの楽しみと言えば、アンダギやチャンプルー、沖縄そば、豚足スープなどなど沖縄名物の食べ物だもの。辛抱して並ぶしかないのだ。

IMG_9795.jpg

 私が買ったのはこれ!オキナワ・チャンプループレート(スクリプト17枚/$8.50)。揚げ豆腐と野菜、スパムを炒めたものと、ショーユ・ポーク、そして1スクープのご飯(ご飯がすすむ甘味噌付き。真っ青な空を眺めながら芝生に座って食べるとこれまた格別!

 

IMG_9862.jpg

 ステージでは沖縄文化の太鼓の演奏や琉球空手、そして鮮やかな着物をまとった琉球踊りなどが1日中繰り広げられていました。

IMG_9917.jpg

沖縄文化を紹介するエキシビションのテントの中では、おじいちゃまたちが三線の演奏をしています。でも、弾いてる楽器をよーく見てみたら…、空き缶!ちゃんとキレイな音がでていたんですよ、ビックリ~。

IMG_9861.jpg

この日1番繁盛していたのはここ。シェイブアイスのお店です。レインボー色のシロップがさすがハワイ!って感じですよね。毎年お天気に恵まれるオキナワン・フェスティバル。2日間の開催中にいったい何個のシェイブアイスが売れるんだろう?とふと考えてしまった私(笑)。

andagi.jpg

そして、忘れてはいけないのが、沖縄のおやつ、サーターアンダギー。ハワイでは通称「アンダギ」と呼ばれています。長蛇の列に並び、無事4個入り$2をゲットしました。沖縄風に言えば、アチコーコー(熱々)で、甘さは控えめ。ドーナツのような風味ですが、とてもおいしくて、私(マナミ)は、あっという間に全部ぺろっと平らげてしまいました。

miyagimamoru.jpg

ステージ上には、沖縄の石垣島出身、自身が作詞作曲した「やいま」が大ヒットし、NHKドラマ「ちゅらさん2」のテーマ曲も提供したことがある人気歌手「ミヤギマモル」さんの姿が!  バイオリンの伴奏に合わせて「ヤイマ」や沖縄民謡「花」、「芭蕉布」などをしっとりと歌い上げ、会場を感動の渦に巻き込みます。心にしみる~!

shishi.jpg

さて、ステージが終了し、日も暮れてきた頃に、いよいよ盆踊りがスタート。野外広場にはやぐらが立てられ、それを取り囲むようにエイサー隊が大太鼓片手に勇ましい踊りを披露します。そして、お祝い事に付き物の獅子が登場! 3頭がそれぞれ大きく口をぱくぱく開きながら、悠々と会場内を練り歩きます。

odori.jpg

夜もとっぷり暮れた頃、やぐらの周りには何重もの人の輪ができあがり「よくわからないけど、とにかく楽しく踊ってしまえ~」というムードがむんむん。選曲は、氷川きよしの「きよしのズンドコ節」から「ポケモン音頭」、沖縄民謡など、なんでもあり。時間がたっても一向に人が減る様子はなく、結局約4時間にわたって盆踊りは続きました。

沖縄がもともと好きだという人はもちろん、誰でも気軽に美味しいものを食べたり、ステージを見たり、体を動かして遊べる楽しいイベントなので、ぜひオススメですよ。今年は残念ながら参加できなかったという人は来年こそぜひ行ってみて下さいね!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top