オアフ島の保護施設で動物の里親を募集

2023.01.24

日刊ローカルニュース

ハワイアン・ヒューメイン・ソサエティでは、キング・ストリートの施設が収容キャパシティがほぼ限界に達し、犬や猫の引き取り手の募集をしている。

州最大の動物シェルターである同施設は、オアフ島の別の場所に新しいスペースとサービスの立ち上げにも取り組んでいる。
ハワイアン・ヒューメイン・ソサエティの社長であるアンナ・ノイバウア氏は、「オアフ島西部のコミュニティにサービスを提供できることや活動を拡大できることに喜びを感じています」とコメント。

同施設は、ファースト・ハワイアン・バンクからオアフ島西部でのプロジェクトのために10万ドルの支援を受けた。
副社長兼コンプライアンス最高責任者であるジーナ・アノヌエボ氏は「コミュニティをサポートすることが第一であり、動物はその大部分を占めていると信じているので、プロジェクトをサポートしたい。また、ファースト・ハワイアン・バンクがプロジェクトの一員であることを誇りに思う」と語った。

ハワイアン・ヒューメイン・ソサエティは、ウエブサイトでオアフ島西部の施設の詳細や里親を募集中の動物の情報をチェックしてほしいと呼びかけている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top