オロマナ・トレイルに新たな標識を設置

2022.11.30

日刊ローカルニュース

ホノルル市当局は、オアフ島でもっとも人気のあるハイキングトレイルのひとつであると同時に、もっとも危険なトレイルとしても知られているオロマナ・トレイルの入り口に新たな標識を設置している。

当局が今回設置した標識には、トレイルの最初のピークを過ぎたあたりで6名のハイカーが転落死しているとのメッセージが赤い文字で記されているほか、その下にはそれぞれの人が亡くなった日付けとトレイル沿いの転落場所が書かれており、関係者は、転落事故についての情報を標識に記すことで、トレイル利用者の安全意識向上につながるのではないかとしている。

オロマナ・トレイルでは、平均して週に一度程度はトレイル内でなんらかの救助活動が行われており、当局関係者の一人は「第1から第3のピークまでで確認されている重傷者や死亡者の数から見て、おそらくオアフ島で最も危険なトライアルです」とコメントしている。

なお、市当局では今後、オアフ島内の別のトレイルやビーチなどにも同様の標識を設置する案を検討している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top