ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ワイキキ横丁で$10以下ランチ!その内容とは?

ワイキキ横丁で$10以下ランチ!その内容とは?

日本の味が集まる「ワイキキ横丁」で、$10以下で食べられるコスパ抜群のランチメニューをご紹介します!

公開日:2018.10.26

更新日:2018.11.07

ワイキキ横丁で旨いもの探検

アロハ! ヨリエです。

ワイキキでランチといえば、$12〜$15くらいかなと思います。もちろん、テイクアウトやカフェの軽食などでもっと安いところはたくさんありますが、レストランで$10を切るところは珍しい。

でも! ワイキキ横丁で実施しているランチスペシャル企画では、$10以下のメニューを提供するお店が多数あります。

★参画店舗の一覧はこちら

そんなクオリティ良し&お財布にやさしいランチを多店舗から選べるワイキキ横丁で、4店舗をご紹介します。お腹が空いたら、とりあえずワイキキ横丁へ行けば間違いなし。実施時間はお店により異なりますが、夕方まで楽しめるお店も多いので、ちょっと遅めのランチにも便利です。

編集部ナオコと一緒に行ってきました!


 

豚骨火山らーめん/11:00〜16:00
(油そば $9.80)

日本クオリティのラーメンがすっかり浸透したハワイですが、油そばの存在はまだまだ定着していません。でも、ここにはありますよ〜。

数カ月前にハワイへ引っ越してきた編集部ナオコが実食します。ラーメンが好きで、東京で食べ歩いていたそう。うらやましい!

ラーメン好きなら、普段はスープのない油そばを注文しないのでは、という質問には、ラーメン・ラーメン・ラーメン・油そば・ラーメン、といった風に、油そばを箸休め的に食べるのだと答えてました。プロっぽいな。

ここの油そばは、もっちり食感の太麺に、ピリ辛の肉味噌、シャキシャキもやし、メンマ、青ネギ、卵、そして、香ばしい角切りチャーシューがトッピングされています。

馴れた手つきで混ぜること数秒。具とタレがしっかりと麺に絡まりました。

「油そばはスープがないので、スープを飲む場合のラーメンと比較して低カロリーなんです」と、ナオコ。

へえ……ん、そうなのか、どうなのか(笑)?

しかし! たとえ高カロリーでも、もりもり食べたいのがラーメンであり、油そばです。

「いただきます。」

麺を見つめる目がやさしいですね。
食欲をそそるガツンとした香りが私のところまで漂ってきます。

「ん〜、うんうん。」

なんだなんだ、美味しそうだ!

「けっこう辛いですね。」

たしかに、英語のメニュー名は「Spicy Japanese Dry Noodle」となっていました。ピリ辛の肉味噌が、しっかりとスパイシーです。

「胡麻を入れてみます。」 ゴリゴリゴリ。

「次はお酢を入れてみます。」 ピュピュッ。

「味変の調味料はお店によっていろいろですが、お酢は基本です。」

お、顔が変わった!

胡麻も酢も、少し加えただけで、かなりまろやかになったそう。

ガーリックがあったので、これも入れてもらいました。ガーリックを潰す道具を使ったところが見たいので。

お〜、出た出た。

「ふふふっ!」

あ、違ったみたいです(笑)。

「味が全部ガーリックに奪われました」と。

入れすぎには要注意ですね!

以下、ラーメン好きのナオコより↓

「ここの油そばは、麺に油がしっかり絡んでいる印象でした。あと、チャーシューが荒めにコマ切りされているのがポイントかな、と思いました。ほかはやわらかい、細かい具材が多かったので、食感のインパクトをそこに持ってきているんじゃないかなと。」

ふむふむ。私も味見させていただきましたが、また食べたい、癖になる味です!

串カツ田中/11:00〜15:00
(肉うどん&串カツセット $9.95)

日本全国で人気の串カツ有名店、「串カツ田中」。日本の限られた店舗とワイキキ店だけにあるという「肉うどん」が、美味しいんですよね。

肉の旨味がやさしく感じられるあっさりめのスープに、トッピングはとろろ昆布と青ネギ。日本の素朴な味わいに、ほっと和みます。

肉うどんのサイドに脇役として置かれたのは、いつもは主役として活躍する串カツ3本。牛、海老、蓮根です。きめ細かい衣を薄くまとった具材3つの、バランスの良さよ。

ワイキキ店では個別のソースが使えるので、二度づけ禁止ではありません。ひとくち食べてから「あ、この角だけソースがついてない〜!」という場合も、二度めをジャブッとどうぞ!

ムッチムチの大きな海老も$9.95のセットに含まれるなんて、大サービスですよね。

ちなみに、もうひとつ! 価格は肉うどんセットの2倍ほどですが、オススメしたいランチメニューがあります。

リブロース牛カツ定食($19)。
肉吸い、ご飯、漬物、キャベツがセットです。

そういえば、牛カツってはじめて食べたような。肉の断面が美しいです。

塩、自家製デミグラスソース、わさび醤油の3種類がついてきます。私はダントツ、わさび醤油が好きでした!

肉、やわらか〜い。

串カツにも使われるきめ細かい衣に包まれたリブロース。カラッと揚がった薄い衣とレアな肉の一体化した美味しさが、ジュワッと広がります。コテコテの脂じゃないので、パクパクいけますね。

ご飯もモリモリすすみ、

ひょえー、美味い。あっさりした肉吸いが染み渡ります。

これです。ツルンと喉を通る豆腐に癒やされる。

ご飯、肉吸い、漬物、キャベツは、おかわり無料です!

※2018年12月頃より串カツ田中の一部メニュー内容と価格が変更となる可能性あり

静流/11:00〜18:00
(ピリ辛チキン丼、すき焼き丼、焼肉丼 各$9.95)

パパッとお腹を満たしたいときにぴったりの丼物メニューは、ディナータイム以外の時間帯(11:00〜18:00)だけ登場します。プレミアムな肉にこだわる焼き肉や鍋のレストランですが、ランチの丼物なら気軽に食べられますね。

こちらのソースとスパイスは自由に使えます。スパイシーミソとガーリック醤油はお店で手作りしているオリジナルです!

まずは、すき焼き丼には七味を。あっさりした甘辛い味付けなので、七味がよく合う。

いーなー。モリモリ食べても、まだまだご飯が入っています。ご飯が多いと、見てるだけで幸せな気持ちになりますね。

ピリ辛チキン丼は、生姜がきいたさっぱり味のチキンに鷹の爪がのっています。

焼肉丼。そのままでも美味しいですが、オリジナルのガーリック醤油と、スパイシーミソを加えて食べてみました。

甘めのガーリック醤油でさらにご飯がすすみます。スパイシーミソは激辛ではないですが、味が濃いめなので、少量でインパクトがあるそう。パクパク、もりもり。見ていて気持ちが良いナオコの食べっぷり。3種類食べた結果、焼肉丼が一番好みだったそうです!

 

うまみTEPPAN金魚/11:00〜16:00
(ビーフスタミナ丼 $9.95)

見ためは静流のすき焼き丼に似ていますが、味は全く異なります。こちらは、あっさり甘辛ではなく、焼肉のタレっぽい味付け。

私、普段は肉系の丼物をすすんで食べないのですが。

やわらかそうな肉ですね。これならいいかも。

いただきまーす。

「え? これ美味しいっ!」 お腹がいっぱいだったのに、バクバクすすみました。濃いめの味付けで、ついご飯をかきこんでしまう。腹ペコのときに食べたらこの何倍美味しく感じるのだろうと思うと、可能性がすごいです。味噌汁とお新香がついているのも、ポイント高いですよね。


● ● ● ● ●

というわけで、ワイキキ横丁の$10以下ランチ、4店舗でした!
まだまだお得なランチがあるので、続きはまた次回。どうぞお楽しみに〜!

ワイキキ横丁

住所
2250 Kalakaua Ave, ワイキキ・ショッピング・プラザ地下1 階, Honolulu, HI 96815

GoogleMAPで見る

電話番号
808-926-8093 (オフィス 月~金曜9:00~17:00)
営業時間
11:00~24:00(日曜〜木曜の閉店時間が店舗によって異なる場合があり)
定休日
無休
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top