ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
第41回ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞者速報

第41回ナ・ホク・ハノハノ・アワード受賞者速報

ハワイのグラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードが開催。1,500名以上の音楽好きが集まりハワイ音楽の祭典を楽しみました!

公開日:2018.05.20

更新日:2018.05.29

ハワイのイベント・レポート


アロハ!リツコです。

本日5月19日(土)、ハワイ・コンベンション・センターにて、ハワイのグラミー賞と呼ばれる「第41回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」が開催されました。

会場は満席!なんと1,500名以上の音楽ファンが集まった中、アーティストや音楽関係者の皆さんに、各賞が授与され、始終華やかな雰囲気に包まれました。

授賞式の合間には、いろいろなアーティストによる、特別なコラボレーション・ステージも次々と披露されました(上の写真はジャック・ジョンソン&ポーラ・フーガのステージです)。まさにここでしか見られない組み合わせのパフォーマンスは、まさに聴き応え十分。夜22:30近くまで、豪華なショーを楽しませてくれました。

第41回めとなった今回は、ベテランから若い世代まで、幅広いアーティストが受賞しました。

最優秀アルバム賞を受賞したカペナは、最優秀グループ賞、最優秀コンテンポラリーアルバム賞、さらに最優秀ミュージックビデオ賞も受賞の4冠。家族でステージへ上がって笑顔でスピーチしていた姿は感動的でした!

最優秀楽曲賞と最優秀女性ボーカリスト賞は、キミエ・マイナーが受賞。ステージへ上がるとき、まだベイビーの娘さんを抱っこして登場したのが、とても印象的だったキミエさん。ステキでした〜。

また、インターナショナル・アルバム審査員特別賞には、日本からHOOK(福原直樹さん)が選ばれました。日本の関係者やファンの方に感謝します、と言っていたHOOKさん、この賞には3度ノミネートされていて、今回初めて受賞されたとのことでした!

 

授賞式の様子は後日あらためてレポーとさせていただきますが、各賞の受賞者(速報)は、下記の通りです。アーティスト名は太字、アルバム名/曲名は「 」で表記されています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

受賞された皆さん、本当におめでとうございました!

 

【General Categories/一般カテゴリー】

Album of the Year(最優秀アルバム賞)
「Palena ʻOle」Kapena/カペナ

EP (Extende Play) of the Year(最優秀EP賞)
「Pali Ke Kua」Mailani/マイラニ

Song of the Year(最優秀楽曲賞)
「Bamboo」, Kimie Miner/キミエ・マイナー

Single of the Year(最優秀シングル賞)
「We Are Hawaiʻi's Finest」, Ekolu/エコル

Hawaiian Single Of the Year(最優秀ハワイアン音楽シングル賞)
「Kaulana Ka Inoaʻo Hokuleʻa」, Chad Takatsugi featuring Na Hoa and Kuini /チャド・タカツギ、ナ・ホア、クイニ

Instrumental Composition(最優秀インストルメンタル作曲賞)
「Kahulanui Boogie Woogie」, Kahulanui/カフラヌイ

Female Vocalist of the Year(最優秀女性ボーカリスト賞)
Kimie Miner/キミエ・マイナー, 「Proud As The Sun」

Group of the Year(最優秀グループ賞)
Kapena/カペナ, 「Palena ʻOle」

Male Vocalist of the Year(最優秀男性ボーカリスト賞)
Kamaka Kukona/カマカ・クコナ, 「ʻAla Anuhea」

Most Promising Artist of the Year(最優秀新人賞)
Leipono/レイポノ, 「Kuʻu Pualei」

【Genre Categories/部門カテゴリー】

Alternative Album of the Year(最優秀アルターナティブアルバム賞)
「Stay Gold」, Stef Mariani/ステフ・マリアニ

Anthology of the Year(最優秀名曲集賞)
「Jus' Bes'」, Led Kaapana/レッド・カアパナ

Compilation Album of the Year(最優秀コンピレーションアルバム賞)
「Na Mele ʻUkulele」, Various Artists (Neo Productions)/ネオ・プロダクション

Contemporary Album of the Year(最優秀コンテンポラリーアルバム賞)
「Palena ʻOle」, Kapena/カペナ

Hawaiian Music Album of the Year(最優秀ハワイアンミュージックアルバム賞)
「I Ke Ko A Ke Au」Keauhou/ケアウホウ

Hip Hop Album of the Year(最優秀ヒップホップアルバム賞)
「Makana」, Illtalian/イルタリアン

Instrumental Album of the Year(最優秀器楽曲アルバム賞)
「Across the Sea」, Greg Sardinha, Tsun-Hui Hung, and Jeff Peterson/グレッグ・サルディンハ、ツゥン-フイ・ハング、ジェフ・ピーターソン

Island Music Album of the Year(最優秀アイランドミュージックアルバム賞)
「So The Story Goes」, Halemanu/ハレマヌ

Jazz Album of the Year(最優秀ジャズアルバム賞)
「Mele Hoʻoilina」, Kahulanui/カフラヌイ

Metal Album of the Year(最優秀メタルアルバム賞)
「Zodiac」, Storm/ストーム

Music Video of the Year(最優秀ミュージックビデオ賞)
「When I Come Home」, Kapena/カペナ

R&B Album of the Year(最優秀R&Bアルバム賞)
「Genres of Soul」, RJ Kaneao/RJ カネアオ

Reggae Album of the Year(最優秀レゲエアルバム賞)
「Marching Orders」, The Green/ザ・グリーン

Religious Album of the Year(最優秀宗教音楽アルバム賞)
「Simply for Ke Akua」, Kenneth Makuakane/ケネス・マクアカネ

Rock Album of the Year(最優秀ロックアルバム賞)
「Lightning Strikes Hilo」, Larry Dupio/ラリー・デュピオ

ʻUkulele Album of the Year(最優秀ウクレレアルバム賞)
「ʻUkulele Friends: The Sequal」, Bryan Tolentino & Herb Ohta, Jr./ブライアン・トレンティーノ&ハーブ・オオタ・ジュニア

Favorite Entertainer of the Year(お気に入りのエンタテイナー賞)
John Valentine/ジョン・ヴァレンタイン

【Technical Categories/テクニカル・カテゴリー】

Graphics Award(グラフィック賞)
Wailani Artates/ワイラニ・アルタテス, 「Makawalu」Nāpua

Liner Notes Award(ライナーノート賞)
Zachary Alakaʻi Lum/ザッカリー・アラカイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou

【審査員カテゴリー】

Haku Mele Award(ハクメレ賞)
「Aloha Maunalua」, Nicholas Kealiʻi Lum/ニコラス・ケアリイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou

「Māʻeliʻeli」, Zachary Alakaʻi Lum/ザッカリー・アラカイ・ラム, 「I Ke Kō A Ke Au」Keauhou

Hawaiian Language Performance(ハワイ語パフォーマンス賞)
Keauhou/ケアウホウ, 「I Ke Kō A Ke Au」

General Engineering Category(一般エンジニアリング賞)
Imua Garza and Jules Washington/イムア・ガルザ、ジュールズ・ワシントン, 「Proud As The Sun」Kimie Miner

Hawaiian Engineering Award(ハワイアン・エンジニアリング賞)
Dave Tucciarone/デイブ・トゥチアロン, 「Makawalu」Nāpua

International Album – Special Recognition Award(インターナショナル・アルバム審査員特別賞)
「Colors」, Hook (Fukuhara Naoki)/フック(福原直樹)

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top