ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
日系人の想いあふれるハワイ島の桜まつりへ

日系人の想いあふれるハワイ島の桜まつりへ

ハワイ島ワイメアで開催される桜まつりは今年で第25回を迎えました。ハワイ島で日本を感じるイベントの様子、ご紹介します!

2018.02.18

ハワイのイベント・レポート

 

アロハ!リツコです。

またまたハワイ島のイベントレポートです(笑)。

クイーンズ・マーケットプレイスでのアジアン・フェスタが行われた翌日、島の北のほうにあるワイメアというエリアで「Cherry Blossom Heritage Festival(桜まつり)」が行われました。

このイベント、なんと今年で25回を迎えるのだそう。ハワイ島の桜は日本の桜とは少し違ってピンク色が濃く、ちょっと花びらも小さめ。その桜が咲く時期に、毎年このイベントが行われているのです。

いくつかの会場があって、私が最初に向かったのはHistoric Church Row Parkという公園。芝生の広い公園に、桜の木が並んでいるのですが、今年は開花が例年より少し早かったそうで、実は満開の時期は過ぎてしまっていました…。ちょっと残念。

それでも健気に咲いていたハワイ島の桜の花。きれいですよね〜。

そんな桜を楽しみながら、様々なパフォーマンスをあれこれ体験できるのがこのイベントの魅力です。 たとえば、著名シェフによるクッキングデモンストレーション!

ワイコロア・ビレッジ・ゴルフ・クラブにある「マイグリル」のシェフ、アレン・ヘス氏による「家庭でできるおいしいスモークベーコンの作り方」は、朝一番の開催にも関わらず立ち見がでるほどの大盛況でした。

お肉の下ごしらえ用の砂糖や塩、スパイスの使い方や「コーヒー」を使うといった裏技などを交えながら、アレンのクッキングショーが進んでいきます。皆さんメモをとったり写真を撮ったり熱心に聞いていました〜。こんな機会、滅多にないですもんね。

そして最後には、実際に昨日作ったというベーコンを参加者みんなに試食させてくれるんです。一口いただきましたが、このベーコンがめっちゃめちゃ美味!さすが、アレン。これ、いくらレシピを教えてもらって、絶対我が家では再現できないと思うんだけど…(笑)。ね。

クッキングデモンストレーションはまだまだ続きます。

マウナ ラニ ベイ ホテル&バンガローズの「寿司しおの」からは、シェフの東谷さんが登場。スタッフの女性の着物姿も素敵でした〜。

青森出身の東谷シェフが、立派なカンパチを見事な包丁さばきでみるみる美味しそうなお寿司にしていく様子は、これまた見ている人の大注目を集めます。

このイベントのためのオリジナルである「桜寿司」は、美しいピンク色のカンパチと、桜の花びらを混ぜ込んだスペシャル酢飯でできたキレイな握り寿司。 桜の花の塩漬けがトッピングされ、さらに桜を練り込んだ特別の桜わさび&桜しょうゆでいただく…という徹底ぶりでした。

ほんのり桜が香る上品なお寿司は、当日だけの限定で販売もされていました。あー、本当に美味しかった!季節の味だけに、レギュラーメニューじゃないのが残念です。

それ以外にもこの会場では、ハマクア・マカダミアナッツ・カンパニーの限定品の紹介などがあり、いろいろ盛りだくさん。上の写真は、ハマクア・マカダミアナッツ・カンパニーのオペレーションマネージャーであるDuaneさんです。

プログラムのバリエーションも豊かで、出たり入ったりしながら自由に楽しめるゆるめの雰囲気がいい感じでした。

そして。屋外のスペースで、長い行列ができていたのが…

はい、こちら。アンダギーです!

揚げたてのアンダギーを求めてとにかくみんな並ぶ、並ぶ(笑)。私もせっかくなので列に並んでみましたが15分くらい並んでオーダーした後、さらにできあがるまでまた待つ。すごい人気でした。

でも、それだけ待ったアンダギーは、さすがの美味しさ。こういうのって、お祭りっぽくてやっぱり楽しいですしね。

 

さて、アンダギーも食べたところで公園の方へ行ってみると…

おお、昨日のアジアン・フェスタでも公演していた琉球國祭り太鼓の皆さんが!昨日よりメンバーが多く、迫力も満点のパフォーマンスを繰り広げていました。 広い場所で聞くと、またさらにいい感じです。

沖縄のエイサーと沖縄空手を融合した独特の力強い演奏は、本当にかっこいい。小さな子どもたちも鋭い眼差しで気合を入れてやっているのがいいんですよね。アイドルキャラクターのももちゃん(上の写真)も登場。会場のお子さんたちも楽しそうでしたよ〜。

そして、会場ではこんなブースも発見!ハワイ島で人気の和文化のひとつ、盆栽(BONSAI)です。

これ以外にも、なぜか会場に演歌が流れていたり、花札や折り紙の紹介があったり、盆踊り風のダンスがあったり…。ある意味、日本より日本っぽい部分もあって、ハワイ島と日本のつながりを強く感じるイベントなんです。

さすが、昔から日系人が多く活躍しているハワイ島。移民として日本からハワイへやってきた人たちも、美しい桜の花を見ていろいろな思いを馳せていたんでしょうね…。

 

この後、別の会場であるパーカー・ランチ・センターものぞいてみました。私の大好きなヴィレッジ・バーガーヌードルクラブなどもあるショッピングセンターなんですが

この日はとにかくすごい人!

会場内には数え切れないほどのブースが並び、ハワイ島産のアイテムや日本関連のアイテムなどを買うことができます。

ワイメアで手作りしているというこちらのMochi(餅)は、カラフルでおいしくて大人気。お昼過ぎにはほぼ売り切れてしまったそうです。

ほかにも、ライブパフォーマンスや 餅つきのパフォーマンスなどがあって、子どもから大人まで一日中楽しめます。 関係者の方も、「このイベントは毎年大きくなっている。今年はとくにすごい人出だね」とおっしゃっていました。だからこそ、25年も続いているんでしょうね。

ハワイ島って、ゴージャスなビーチリゾートという表情もあるけれど、こういうローカルの人たちのイベントに参加してみると、日本人の自分たちにもなんだか懐かしいというか身近に感じさせてくれるんですよね。そこがまた、好きなところなんだなあ。

桜の花を愛でながら、古き良き日本を感じるちょっと不思議で懐かしさを感じるイベント、ワイメアの桜まつり。機会があったら、ぜひ参加してみてくださいね。

ワイメアは標高が高く、空気も澄んでいて、とっても気持ちいいところですよ。

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top