ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
旨味爆発!パワーアップした薫製ステーキがスゴすぎ

旨味爆発!パワーアップした薫製ステーキがスゴすぎ

オープン1周年を記念してさらに美味しくなったスモークドプライムリブを食しに「ファイヤーグリル」へ。想像を超える旨さに大感激〜!

公開日:2017.12.22

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

※この記事は2017年12月22日に公開されたものです。


アロハ! エリカです。

ついに…念願のアレを食べちゃいました。

アロハストリート編集部内で美味しすぎると話題のアレ

リツコ編集長のレポートを読み、ゴクリと唾を飲みながら絶対食べると決めていたアレ!!

最近お肉がレベルアップしてさらに美味しくなったと噂のアレ〜!!!

 

……アレアレもったいぶってすみません(笑)。

そう、話題のアレとは…

 どーーーーーん!

ファイヤーグリル・ワイキキ」のスモークドプライムリブステーキ!!!

その名の通り 薫製されたステーキなのですが、みんなが美味しい美味しいって言うからずっと食べたくて仕方なかったんです〜。

 

今年の12月9日(土)でオープン一周年を迎えた「ファイヤーグリル・ワイキキ」では、2年めに向けさらにグレードアップしていきたいという想いからお肉もドーンとランクアップ!
有り難いことに、お店の方から「新しくなったプライムリブステーキをぜひ食べに来てください」とご招待いただいたので、メグミ副編集長と一緒に行ってきました!


お店があるのはクヒオ通り沿い、「インターナショナル マーケットプレイス」向かいの「ヒルトン・ガーデン・イン・ワイキキビーチ」1階。

私たちが訪れたのは16:00頃とディナーをするには少し早めの時間帯でしたが、店内にはすでにハッピーアワーならぬローカルアワー(11:00〜19:00)を満喫する人たちの姿が。明るいうちから、なんて優雅なんでしょう〜。

ファイヤー・グリルのローカルアワーに関する記事はこちら↓

ワイキキ中心でちょい早ディナーがめちゃ得【ファイヤーグリル・ワイキキ】

  • 編集後記ブログ
  • 2017.04.05

ファイヤーグリル・ワイキキで毎日14〜19時の「ローカルアワー」がかなりお得!フリフリチキンやステーキサンドをマウイビールと噛みしめる至福よ。

さっそくメニューをチェックしてみると、お目当てのスモークドプライムリブステーキを発見。

これくださ〜い!

…ってあれ?よく見るとほかにもいろんな 薫製(スモーク)されたメニュー(SMOKED PLATES)があるではないですか!


今、世界中で注目されている薫製料理ですが、ハワイのレストランで見かけることってあまりないんです。
せっかくなので、プライムリブステーキのほかにもスタッフおすすめのスモーク・シリーズをオーダーしてみることに。

まず最初にテーブルに運ばれてきたのは、「スモークドビーフ・テンダーロイン・サラダ($21)」。

ローストトマトやオニオン、ゆで卵などがミックスされたグリーンサラダに、アメリカンスタイルのベーコンランチドレッシングとブルーチーズをオン。その上に、スモークされたテンダーロインステーキの串焼きとガーリックフォカッチャを豪快に盛りつけた一品です。

串焼きをそのままのっけちゃうこのワイルドさ、嫌いじゃないですよ。ええ、むしろ大好物です。

お肉と一緒にパプリカやオニオンが交互にサンドされてます。思わずこのままガブッとかぶりつきそうになりましたが、いかんいかん…誰かとシェアする場合は串から外してサラダと一緒にいただきましょう(笑)。

パクッ。

お肉のひと切れが大きすぎて、野菜が口に入りきらない…。

そのボリュームにもビックリですがさらに驚かされるのは、お肉の柔らかさ。豪快に噛みちぎる準備をしていたのですが、顎に力を入れなくても口の中でみるみるうちにほどけていきます。

お肉の薫製を食べるのは今回が初めてなのですが、こんなにも柔らかいとは…恐るべき薫製パワー。想像を超えてきました。

 

続いていただくのは、こちらの「スモークハウス・ボード($32)」。

骨付きのセントルイスリブスモークチキンウィングスモークソーセージの3種類が盛り合わさった、まさに肉!肉!肉!づくしのワンダフル・プレートです。

んは〜、香ばしいスモークフレーバーがたまりません。

時間をかけ、ヒッコリー薪でじっくり燻される薫製肉は、独特の風味をしっかり感じられます。

甘辛いBBQソースをベッタベタにつける一般的なリブとは異なり、数種類のスパイスで味付けされたドライなタイプのセントルイスリブ。これは間違いなくビールが進むやつだ〜。

歯の先をちょこっと入れるだけで、柔らかいお肉がホロホロと剥がれていきます。骨までしゃぶりたくなる旨さってこのことですね。

ご覧ください。この照りっ照りに輝く黄金チキンウィングを!

メグミ副編集長:この香りがいいね〜。

香りを嗅ぐことに夢中でチキンウィングが鼻についちゃった、おちゃめなメグミ副編集長(笑)。

メグミ副編集長:うっま〜。

皮はパリっと身はふっくらジューシーで、シンプルに味付けされた塩コショウが鶏の旨さを際立たせます。
何度も言いますが、薫製されたお肉って本当に柔らかいんです。食べるまではパサッとしているのかと思っていた薫製肉のイメージが180度ひっくり返りました。

スモークソーセージは、パリッブリッと弾ける食感と奥深いスモークの香りが特徴。これ毎晩の晩酌のおともにしたいくらいとっても美味でした〜。

お口の中がコテコテになりそうなワンプレートですが、サイドに添えられたマヨネーズ不使用のコールスローを間に挟めばお口もさっぱり。

 

それでは、大変お待たせしました!本日の主役のご登場です。

そんなかんたんに正体を見せてたまるか!と、厚いスモークにまとわれてご登場のプライムリブステーキ様。重たいガラスのクロッシュで蓋をされてます。貫禄がスゴイ…そして思ったよりデカい。

いきますよ〜。

 わ!

 

 わわわ〜〜!!!

蓋を開けた瞬間、フワワワ〜ンとスモーキーな大人の香りが漂います。そして、煙が消えていくのと同時に姿を表したのは…

どーんと、1パウンドのプライムリブステーキ$48

※うれしさのあまり自分で蓋を開けちゃいましたが、通常はスタッフさんが開けてくれるようです(笑)。

ナイフを入れてみるとスイスイ切れ、筋という筋をまったく感じません。肉汁が輝くミディアムレアの美しい断面に、「これ、絶対美味しいやつ〜!」と期待大にいただいてみると…

う…

うま〜!!!!!!!

噛むほどに肉汁がジュワ〜とあふれ出て、赤身の甘さとコクをしっかり感じられます。 黒毛アンガス牛を使用したプライムリブステーキは、脂がのったとろける霜降りでもなければ、赤身が多く歯応えのあるフィレでもない、その中間くらいのちょ〜うどいい肉質で、めっちゃ私好み!私のステーキの概念を覆したといっても過言ではない一品です…。

にしても、数人でシェアしても満足なこのボリュームとクオリティで $48はスゴすぎる!

お肉とそのコスパの良さに大興奮の私のもとへシェフのRWミラー氏が登場。感動覚めやまず「美味しい〜!」を日本語で連呼する私にちょっと引き気味なシェフ…ごめんなさい(笑)。

そして、主役を引き立てる名傍役たちも忘れてはいけません。

サイドのマッシュポテトは、ジャガイモを皮のまま潰しているので皮のシャリっとした歯応えが楽しめ、ガーリックの風味がパンチになってお肉ともよく合います。

ステーキ同様に、スモークされたアスパラガスやパプリカもシャキッならぬ、ジャギッとした歯応えがたまりません。メインだけでなく、サブまでもとことんオリジナルにこだわる…さすがです。

プライムリブステーキは、 ランチがスタートする11:00〜オーダーが可能だそうなので、ぜひ!ぜひ!ぜひ!味わってみてください〜!

店内1階にはバーカウンターとブース席、中2階にはプライベート空間を演出してくれる円形ソファ席やテーブル席など、いろんなシーンで活躍しそうなダイニングが魅力のファイヤーグリル。大切な人との記念日や女子会にも最適です。

クリスマスや年末年始も通常営業しているそうなので、クリスマスデートや忘・新年会などにも便利ですよ〜!

ファイヤー・グリルを訪れる際は、ワッフルとドーナツを合わせたフワモチの「ウォーナッツ」が1人1個もらえるアロハストリートのクーポンをお忘れなく!

 

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top