ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ハワイ島の田舎町でもカードは使えるのか?

ハワイ島の田舎町でもカードは使えるのか?

小銭いらず、これひとつで身軽に旅を楽しめるVisaカード。でも本当に使えるの?ハワイ島の田舎町ホノカアで実際に調べてきました!

公開日:2016.09.17

更新日:2017.06.15

Visaで楽しむ、まるごとハワイ

retitleIMG_8623.jpg
アロハ! メグミです。

いきなりですが、

旅先で現金を持ち歩くのって、嫌じゃないですか?

お買い物も食事も現金で払っていると、お釣りの小銭がジャラジャラでお財布は重くなっちゃうし、なにより多額の現金を持ち歩いてたら、スリや置き引きの心配もあるし、うっかりお財布を落としたり、どこかに忘れたりしたらどうするんですか? 不用心ってもんですよ。

それに、出先で持ち合わせのお金が足りなくならないかも、不安

reIMG_8590.jpg
...なんて考えてたら、こんな渋い顔にもなりましたよね。

そんなわけで、私はもっぱらクレジットカード派です。
ハワイだと、Visaカードならほとんどのお店が受け付けているので、むちゃくちゃ便利。
なによりうれしいのが、少額決済がOKなこと。
もちろん、このカフェラテ1杯だけだって、Visaで支払えるんですよ。

カードって本当に便利。使わないことの意味がわからないです。

でも...

「ほんとにVisaって、使えるの〜?」

って言われることがあるので、今回、本当にVisaが使えるのかどうか、リツコ編集長とともに取材してきましたよ!

title__IMG_0484.jpg
はい、やってきたのはハワイ島。
しかも「ホノカア」という、超ド級にローカルなタウン
映画「ホノカアボーイ」のロケ地といえば、ピンとくる方も多いんじゃないでしょうか。

ホノカアは、ハワイ島の主要都市ヒロから車で約1時間。
ハワイ原始の自然が残る秘境「ワイピオ渓谷」からいちばん近くにある町で、かつてサトウキビ産業で栄えた歴史を感じさせる街並みが魅力です。

こんなハワイ島のド田舎で、どれぐらいVisaカードが浸透しているのでしょうか?
ホノカアの小さくてかわいいお店情報とともに、レポートします!

【ヒナ・ラエズ・カフェ】

rehina1IMG_8597.jpg
まず最初は、こちらのカフェ。

ホノカアの中心地はママネ・ストリート沿いにお店が立ち並び、徒歩でぐるりと回れるコンパクトさなのですが、その中でもこのカフェは比較的新しいお店です。

rehina2IMG_8585.jpg
店内はカウンターが数席のみ。カントリー調のナチュラルなインテリアがステキです。

rehina4IMG_8574.jpg
Visaカード、使えました!

じつは冒頭、私が渋い顔で飲んでいたカフェラテは、このお店のもの。
1杯だけでもVisaで支払いができます。

最近はハワイでも、こんな風にタブレットを使って指でサインをするお店が増えていますね。
便利な世の中だなあ...。

rehina5IMG_8587.jpg
左のカップは、リツコ編集長がオーダーしたホットコーヒー。

このお店は、コーヒー系だけでなく、フレッシュスムージーやアサイボウルも人気なので、ぜひ試してみてくださいね!

【ケレア・ラブ・スイムウエア】

reswim1IMG_8616.jpg
先ほどのカフェのお隣りに、かわいい水着屋さんがオープンしていました!
ちょっと中をのぞいてみましょう〜。

reswim2IMG_8600.jpg
小さなお店の中には、カラフルでキュートな水着がいっぱい!
レディースのビキニやワンピース、ラッシュガードなどのほか、おそろいでキッズサイズもありますよ。

お店に並ぶ水着は、すべてローカルデザイナーによる手作り。どれも叫び出しそうなほどキュートなのですが、なかでも私が気になったデザインをご紹介します!

reswim3IMG_8609.jpg
こちらはワンピースタイプの水着。右は手描き風の極楽鳥花がレトロで素敵です。
左は長袖で、ラッシュガードとワンピースが一体化した感じで使いやすそう。

reswim4IMG_8611.jpg
ボトムもデザイン豊富。

とくにこの膝下丈のレギンス・スタイルの水着は、水陸両用で使えるので、とっても便利なんですよね。日焼け防止にもおすすめ。

reswim5IMG_8615.jpg
店頭やレジ横にVisaカード加盟店のシールが見当たりませんが、当然、Visaカードが使えますよね!?

「ABSOLUTELY!(もちろんです!)」

よかった...。そして、このキュートなお姉さんの笑顔にも癒やされました〜(笑)。

次のページでは...
生粋のホノカア娘が営む地元密着レストランと
たった$1.20の名物マラサダをご紹介〜!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top