ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
海賊たちと失われた財宝を探す航海の旅へ

海賊たちと失われた財宝を探す航海の旅へ

海賊船「ザ・トレジャー・シーカー号」の船員になって、太平洋の大海原へ宝探しの旅へ出る「ハワイ・パイレーツ・シップ・アドベンチャー」を体験してきました!

2015.05.04

編集部体験レポート

 アロハ! ケイです。
 カタマラン船でのクルーズや、五つ星料理の豪華なディナークルーズなど、洋上のアクティビティが豊富なハワイですが、海賊船で宝探しをする、異色のクルーズ「ハワイ・パイレーツ・シップ・アドベンチャー」があるのをご存知ですか? ディズニーの海賊映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の撮影地でもあるハワイの美しい海で、海賊になりきれちゃうアクティビティなんだそう。映画ファンにはたまらないということで、私も早速参加してきました!

ship.jpg ワードエリアのケワロ湾に現れて以来、まるで本物の海賊船!?と話題になっているこちらのザ・トレジャー・シーカー号(宝探し号)。近くで見ても迫力があり、乗船前からワクワクが高まります。
 このアトラクションは約1時間30分の行程で、船内にもお手洗いがあるものの、揺れることと、水洗ではないということで、乗船前に地上で済ませておくように、と海賊らしからぬやさしいアナウンスがされました。ちなみに地上のお手洗いは受付のすぐ前にありますよ。それでは、いよいよ乗船です!

22.jpg 乗り込んでみると、まるで本当に数多の冒険へ出て、海風に晒されてきたような質感のデッキが広がり、階段の手すりにはガイコツの飾りがついていたり、敵を捕らえておく枷や大砲があったりと、本当に細かいところまで作りこまれていて、一気に物語の中に入り込んでしまいます。さらに、通常は子どものみ対象のバンダナとアイパッチ(眼帯)を、今回だけ私も特別にいただいて、海賊見習いの気分バッチリです。

 それではいざ、出航! きらきら輝く真っ青な海面を切って走る船の上は、思っていたより揺れずに安定しています。なにより、潮風の気持ち良さがたまりません。

5.jpg 出航後、船長や船員が、ザ・トレジャー・シーカー号の案内をしてくれます。実はこの海賊たち、みんな経験豊富なコメディ俳優なんです! 英語がわからなくても、アクションや身ぶり手ぶりで私たちにも理解できるようデモンストレーションをしてくれます。この海賊のお兄さんが持っているのは、ジンジャーエールと海賊スナック。船内のショップでは剣やハットなどの海賊グッズや、炭酸飲料やお水、お菓子などを購入することができます。炭酸飲料は船酔いに効くそうですよ。

2.jpg ひと通りの案内が終了すると、さっきまではジェントルマンだった海賊たちが、乗船客を海賊見習いとしてこき使うように•••。私も船長に「おまえはこれをやってみろ!」と言われて、大砲の設置のお手伝いに挑戦。意外と重たくて、少しでもモタモタすると怒号が飛んできます。これこれ、私が欲しかった海賊感!(笑)。

12.jpg 「掃除ができてこそ一人前だ!」と命令されて、健気にデッキをモップで磨く男の子。子どもにだって容赦なしの、これぞ泣く子もだまるザ・トレジャー・シーカー号の海賊です!

15.jpg 海賊ならいつでも戦いに備えておかないといけませんよね。船長や先輩海賊が、見習いたちに剣技を伝授します。さすがプロの海賊は技に隙がありません。子どもたちも健闘していました。それにしても、この海賊のお兄さん、カンフーニンジャ的な要素に加え、足に日の丸のはちまきを巻いていることに、違和感をおぼえたのは私だけでしょうか?(笑)。

7.jpg 一方、いわれのない罪で縛り上げられた私たち大人。罪をつぐなうには、その日乗船していたお誕生日の子どもの鶴の一声があがるまで、ハッピーバースデーの歌を歌わないといけませんでした•••。

9.jpg 無事、縛りの刑から解放された(と言ってもほんの数分です)頃、海賊船はダイヤモンドヘッドの目の前に! まるで映画のセットのような船上から眺めるワイキキやダイヤモンドヘッドは、本当に別の世界に入り込んだ感覚になります。

21.jpg 最高の眺めに浸っていると、突如流れ出したあの海賊映画の主題歌を合図に、船長の「全員、打て!」の命令! もしや、敵船の登場!? •••いやいや、どう見ても、のんびり海を楽しんでいるだけのセイルボートなのですが(笑)、そんな敵船に向かって大砲(水でっぽう)を打つ私たち。これがなんだかイタズラ心をくすぐられて楽しいんです! 打たれている方々も、さすがハワイ、みんなノリノリで受け止めてくれます。

 この後、数回ほど敵船(通りかかっただけのカタマラン船や、クルーズ船)に襲われたものの、なんとか無事に航海を続けるザ・トレジャー・シーカー号。そしてついに、海面にプカプカ浮かぶ宝箱を発見しました!

14.jpg 海から引き上げた宝箱を開けると、ざくざくの金銀財宝! 金貨はちゃんと見習いたちにもおすそ分けしてくれました。そして、船はダイヤモンドヘッドを後にし、出発地のケワロ湾へ。乗船時間の1時間30分はあっという間に過ぎ、夢見心地のまま港へ到着します。このまま海賊へ弟子入りしようか本気で悩んでしまうほど、まだ降りたくな〜い!

18.jpg 航海中、デッキでは合間合間にさまざまな海賊ゲームが行われたりと、盛りだくさんな内容なのですが、参加はしても、しなくてもOK。景色をのんびり楽しむも良し、たっぷり遊ぶも良し、そのまま弟子入りして海賊王を目指すも良し!(笑)。参加する前は子ども向けなのかなと思っていましたが、ご夫婦や大人の友だち同士で参加している方もいて、私を含めみなさん童心にかえって楽しんでいましたよ。私が参加したのはお昼の部(11:30、14:30、16:30発)ですが、大人向けの夜の部もあり、こちらはBYOB(アルコール持ち込み)で楽しめるそうです。出航はワイキキから車で約20分のケワロ湾。有料でワイキキのホテルへの送迎もありますのでご安心を。

 きっとみんなに羨ましがられること間違いなし! 笑いのセンス抜群の海賊たちと、スベらない宝探しの航海へ、あなたも出てみませんか?

 まるで映画のセットのようにリアルな海賊船「ザ・トレジャー・シーカー号」に乗り込んで、ゆかいな海賊たちと冒険の旅へ! 美しいハワイの海を探検し、時には敵船との戦闘を交わしながら、失われた財宝を…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top