ハワイの最新現地情報が満載!

ロコと一緒にアロハスタジアムでアメフト!

ロコと一緒にアロハスタジアムでアメフト!

ロコが毎年熱狂するハワイ大学アメリカン・フットボール。会場は熱気と大歓声に包まれエキサイティング・モード!アロハスタジアムでロコと盛り上がろう!

公開日:2011.10.20

更新日:2017.06.14

JALわくわくアロハ計画

ALOHA!「JALわくわくアロハ計画」ハワイ事務局です。

 9月から新しく始まり大好評をいただいておりますわくわくスポーツ観戦~ロコと一緒にエキサイティング!アロハスタジアムでハワイ大学アメリカン・フットボールゲーム観戦」。
既に2回が開催されましたが、2回とも熱気と大歓声に包まれたスタジアムで皆様楽しい時間を過ごしていただきました。

football_1118-1.jpg

 ハワイにはプロのスポーツチームがない代わりに、ロコ達はカレッジスポーツに白熱するのです。アロハスタジアム周辺はゲーム観戦をする人や車でにぎわい、パーキングではテールゲート・パーティで盛り上がるロコでいっぱい!!皆さん、「テールゲート・パーティー」ってご存知ですか?これはピックアップトラックやバンの荷台部分を使ってバーベキューをしたりビールを飲んだりして盛り上がることなのです。ゲームそっちのけでパーティーだけを楽しむロコもたくさんいて、スタジアムの周りを見ただけでもお祭り気分が盛り上がってきますよ。

football_1033-2.jpg

 フットボール観戦で楽しいのはゲームだけではありません!飲み物・食べ物持ち込み禁止のゲーム観戦ですが、一歩スタジアム内に入ったらそこはもうお祭りのようなのです。数歩ごとにある各種ビールのブースは、そばを歩くだけでビールの良~~い匂いが漂ってきます。ビールを買うには21歳以上であるという証明が必要で、それを見せるとリストバンドをくれますので手首につけて下さいね。そして食べ物に至っては、ホットドッグにピザ、アイスクリームにナッツスナック、ハワイで有名なローステッドコーン、コリアンプレートにポイモチ、そしてガーリックたっぷりのフレンチフライなどをはじめ、とにかくたくさんの種類があるので何を食べたらいいのか迷ってしまいます。ハワイ大学のロゴ入りグッズや応援グッズも豊富にあるので、スタジアムの周辺通路を歩いているだけでもとても楽しいんですよ。

football_1075-3.jpg
football_1090-4.jpg

 ところで、フットボールのルールって複雑で少し分かりづらいですよね?でもご安心下さい。フットボール博士のようなガイドさんが一緒なので、ルールで分からないことがあってもちゃ~んと分かりやすく教えてくれます。ルール以外にも大学フットボールのトリビア等が聞けて、「へぇ~」と思うこと請け合いです!そしてゲームを観ていて面白いのは、チームに得点が入ると、フィールドの端で得点の数だけ腕立て伏せをすること。味方に得点が入れば入るほど嬉しいのですが、腕立て伏せは段々スローになってきたりして笑ってしまいます。

football_0924-5.jpg
football_1126-6.jpg

 さてここでチームについて少々ウンチクを。全米大学体育協会(NCAA)ではウェスタン・アスレチック・コンファレンスのディビジョンIに所属している我らがウォーリアーズ。ヘッドコーチは3年目のグレッグ マックマキンで、今シーズン終了した5試合のうち3勝をあげています。ホームゲームだった2戦は両ゲームとも圧勝!

 そして注目していただきたいのは、クォーターバックを務めている背番号17番、4年生のBryant Moniz選手。ワヒアワ出身で現在4年生の彼は、9月24日にアロハスタジアムで行われた対UC Davis戦でも大活躍。ファーストハーフで7タッチダウンパスを決め、NCAAの記録を更新しました。そしてその活躍が認められ、試合後に「ウエスタン・アスレチック・コンファレンス・オフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・ウィーク」を受賞!今シーズンでの受賞は2度目。そして受賞数は合計6回にもなる目玉選手でウォーリアーズにはなくてはならない存在なのです。

 「わくわくスポーツ観戦」では10/22、11/19、11/26、そして12/3のホームゲーム観戦を予定しています。さぁ皆さん、一緒にウォーリアーズを応援して盛り上がっていきましょう!!

 次にご紹介させていただくのは、同じく「わくわくスポーツ観戦~ロコと一緒にエキサイティング!」シリーズのスタンシェリフセンターでバスケットボールゲーム観戦です。

basketball_3846-7.jpg

 ハワイ大学の男子バスケットボールチームの名称は「レインボー・ウォーリアーズ」。
 全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA)で1部リーグ(Division I)に所属し、フットボール・ウォーリアーズと同じくウェスタン・アスレチック・カンファレンス(WAC)でリーグ戦を戦っています。1万人以上を動員するスタンシェリフセンターをホームコートに持ち、試合ごとに多くのロコ達が応援に駆けつけるのです。 設立してから今年で100回目のシーズンを迎える歴史のあるチーム「レインボー・ウォーリアーズ」はWACで過去3回トーナメント・チャンピオンに輝いています。またNCAAトーナメントには過去4回出場し、ナショナル・インビテーション・トーナメント(NIT)には8回もの出場を果たし、そのうち5回は準々決勝まで勝ち進みました。

basketball_7232-8.jpg

 会場となるスタンシェリフセンターは1994年に完成。
 収容人数は10,300人というハワイでも最大級のアリーナです。コートに施されたハワイ大学のシンボルカラーである緑が目を惹きます。大型の電光掲示板にスクリーンでますますアメリカンなスポーツの雰囲気を味わえます。

basketball_3816-9.jpg
basketball_3848-10.jpg

 そしてフットボール観戦と同じく楽しみにして頂きたいのは食べ物・飲み物。
 特にナチョスは是非にでも食べていただきたいのです。ビールももちろん販売しているので、年齢を証明できるものを忘れずに持って行きましょう!また華やかなチアリーダーも見どころなのでお見逃しのないように!!

 そんな「レインボー・ウォーリアーズ」の試合を目の前で観戦できるこのツアーの日程は近日発表いたします。フットボール観戦とはまた違った雰囲気を楽しみましょう。迫力あるダンクシュートも実際にご覧になれますよ!!

 さて、最後にハワイ事務局から2011JALホノルルマラソンのお知らせです。
ホノルルマラソンと言えば毎年12月の第2日曜日にハワイで開催されるフルマラソンですよね。アメリカではニューヨークシティーマラソン、ボストンマラソン、シカゴマラソンと並ぶ全米4大マラソン大会の1つとして有名です。毎年日本からもたくさんの方が参加され、ハワイの素晴らしい景色の中で42.195kmのフルマラソンに挑戦されます。

 1973年に始まったこのホノルルマラソン。なんと第1回目の開催では参加者はたった167名でした。そのうちで日本人参加者はゼロ。しかし大会第38回目を迎えた2010年は22,806人もの方が参加され、その中で13,490人が日本人参加者でした。 スタートは朝の5時半前。ハワイの12月は冬の時期なので、夜明け前の暗い空に花火が打ち上げられるといよいよスタートの合図です。そして42.195kmのコースでは様々なハワイの景色を楽しむことが出来ます。アラモアナから始まり、クリスマスライトで飾られたダウンタウン。ワイキキのホテル街を通り抜けると広がるダイアモンドヘッド。そこから見渡すハワイの東海岸、そしてビーチ沿いにある公園の鮮やかなグリーンの芝生、カハラ界隈の高級住宅地、最後にゴールラインのカピオラニ公園と景色は移り変わっていくのです。

 ホノルルマラソンと言えば、2時間台で走るアスリートに混ざって、ハロウィーン並みの仮装をして参加される方がたくさんいることでも有名ですよね。走ることよりも目立つことが目的の参加者を見ているだけでも楽しめます。

 今年の開催日は12月11日。エントリーは11月4日まで受け付けておりますので、まだ登録をされていない方はお急ぎ下さい。日本航空ではJALハワイ線個人運賃ならびにマイル利用による特典航空券でご利用のお客さまにはゴール後のランナーをサポートさせていただく「JALテント」をご用意しております!詳しくは「JALテント」をご確認ください。
わくわく」ならハワイのスポーツも思いっきり楽しめます!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top