弾けるジェイク! 10周年の日本ツアーへ

弾けるジェイク! 10周年の日本ツアーへ

ついに始まったジャパンツアー「10th Anniversary Japan Tour 2011 - Aloha For Japan -」をレポート!ハワイ旅行が当たるコラボクイズのお知らせも。

公開日:2011.08.15

更新日:2017.06.14

極上!ジェイク通信 Aloha To You

 みなさん、アロハ!
 つい先日、ハワイでもすばらしいライブを魅せてくれたジェイクですが、今年の日本ツアー「Jake Shimabukuro 10th Anniversary Japan Tour 2011 - Aloha For Japan -」も、いよいよ始まりました! 7月23日の恵比寿ザ・ガーデンホールを皮切りに、10月8日の福岡・都久志会館まで、全国18公演が行われます。ソロデビュー10周年記念という大きな節目を迎えて、ジェイクの意気込みも相当のようです!・・・というわけで、7月30日に千葉の行徳文化ホールI&Iで行われたライブに参加した、アロハストリート・ジャパンのスタッフが当日の様子をレポートさせていただきます。

JakeG004.jpg

 当日は曇り空で、この時期にしては涼しく、雨が降ったりやんだりのお天気。でも、会場内は「ジェイクのライブが観られる〜」というみなさんのウキウキした気持ちでいっぱいです。

JakeG006.jpg

 会場では、今回のライブや支援活動等のオリジナルグッズを販売中。今年は、グッズの品ぞろえも豊富でここにも10周年記念という力の入り具合がうかがえます!さわやかなオリジナルTシャツや、さまざまなコラボレーショングッズなどが並んでいます。ブース前はすごい人で、いくつもまとめて買っている人の姿も見受けられました。

JakeG002.jpg

 こちらはポーター・クラシックとのコラボシリーズ! やさしい色合いとキュートなパラカ・チェックの風合いが、ジェイクの音楽とマッチしている限定アイテムです。パラカ・チェックとは、ハワイの日系移民が愛した伝統的な生地を復刻したものなんだそう。だからジェイクのイメージとマッチするんですね…。ウクレレケースやハンカチだけでなく、トートバッグやポーチもありました。どれも、すてき〜。

JakeG005.jpg

 ノースショア在住のアーティスト、ヘザーブラウンとのコラボアイテムも発見!もちろん10周年記念パンフレットや、発売されたばかりの新アルバム「Aloha To You」も販売されていましたよー。

JakeG001.jpg

 また、チャリティTシャツである「Be Aloha Tシャツ」も発見。オアフ島と表参道にブティックを置くアパレル『To Kei』とのコラボによるこのTシャツは、4月来日時に開催したチャリティ・イベントでも大好評だったそうです。このTシャツ販売における収益は、すべて東日本大震災復興支援に充てられます。さらに震災復興支援のための募金も受け付けていて、多くの人が協力していました。募金をすると、ジェイクのオリジナルバッジをもらえるんですね。日本を、とくに東北を応援しようとずっとがんばってくれているジェイクの想いを、こういうところにも感じることができました。

 ドキドキと開場を待つ人の中で、先日のアロハヨコハマ2011にいらしていた方とばったりお会いしました。アロハストリート・ブースへお越しいただき、ご夫婦でお買い物をされた方です。なんと、そのアロハヨコハマで配ったフライヤーを読んでジェイクのツアーを知り、今日のコンサートにいらしたのだそう。ご縁を感じて、なんだかうれしくなってしまいました。

JakeG_0440.jpg
大きな10thバルーンがステージを飾ります (C)Nobuyuki Itoh

 さあ、いよいよ開演です!10周年記念ツアーということで気合十分!ステージには「JAKE 10TH」という大きなバルーンが並んでいます。大きな歓声と拍手とともに登場したジェイク!「サンデーモーニング」からライブスタートですっ!! 会場全体のボルテージは一気に最高潮へ〜。

JakeG_3002.jpg
 「日本語ムズカシイ…よろしくお願いシマブクロ〜〜〜!」 (C)Nobuyuki Itoh

 曲の合間には、日本語を一生懸命話そうとがんばるジェイクの姿にみんなが笑顔に。ジェイクの日本語レベルは、年々確実にアップしていますね…(笑)。

 ビートルズの「ヘルプ」やオリジナル曲が続いた後、今回の大震災で被災したすべての人へ…と「アベ・マリア」を演奏。ジェイク自身も大好きだというこの曲が場内に美しく響くと、全員がそのやさしい音色に聴き入っていました。「本当に大変なときだけど、今こそ日本にがんばって欲しい、がんばろうね!」というメッセージがこもった演奏は、私たちみんなの心に、確実に届いていました。また、新アルバムから「Aloha To You」もお披露目です。全身全霊でウクレレを弾く姿に、しばし感無量。ジェイクのウクレレは「音」だけじゃなく「想い」を伝えてくれることを、あらためて体感です。

JakeG_3255.jpg
癒しの音色にうっとりです… (C)Nobuyuki Itoh

 日本のトラディショナル文化を大切にしたい、という話の後「さくらさくら」も披露。目を閉じると、ウクレレなのか琴なのか聴き間違えてしまいそうな、その特別な音色にみんながうっとり。ほかにも「見上げてごらん夜の星を」など、日本の私たちに馴染み深い曲を演奏してくれました。よく知っている曲も、ジェイクの魔法にかかると新鮮。そして、とても心に染みました。

 そして、テレビ朝日の朝の情報番組「モーニングバード」のテーマソングも登場。モーニングバードのハンドサインを客席に向けて「これ知ってる?」「知ってるよー」と全体で盛り上がります。そういえば、先日のインタビューで「今回のツアーは客席と一緒に楽しみたい、友人の家に集まって騒ぐみたいなライブにしたいんだ」と言っていたジェイク。なんとも温かくて居心地のよい時間が流れていたのは、そんな彼の想いが伝わってきたからかもしれませんね。

JakeG_3368.jpg
 迫力満点のステージに拍手が止みません! (C)Nobuyuki Itoh

 最後には、客席のみんながスタンディング・オベーションで拍手と歓声を送ると同時に「ハナホウ(アンコール)」コール。「アロハ〜〜〜」と叫ぶ声も! ラストナンバーは、福島が舞台となり、ジェイク自身が音楽を手がけた映画フラガールのテーマ曲「フラガール」でした。場内を歩きながら、客席間近でウクレレを弾くジェイク。子どもたちの前で立ち止まり演奏すると、みんなもキラキラの笑顔で大喜び! ラストまで、あたたかくて素敵な時間が流れ続けたライブでした。

 これから、まだまだジャパンツアーは続きます。8月後半には、被災地である仙台でのライブも待っています。ジェイクのウクレレは、周囲を明るくし、元気にしてくれる魔法の杖。いっぱいいっぱい、日本にアロハを届けてくれることでしょう。今後のツアースケジュールはこちらからチェックできます。ぜひあなたも、このすてきな時間を楽しみに行ってみませんか?

■■■ジェイクとオアフ観光局がコラボレーション!■■■
□□□ハワイ旅行が当たるキャンペーン□□□
 ■■■10周年記念スペシャルクイズ My Favorite 10■■■
jake550.jpg

 現在、ジェイクが選ぶお気に入りソング10曲、またはジェイクのお気に入りオアフ島内ネイチャー・スポット10カ所を当てる、スペシャルクイズを実施中です! 正解者の中から、ハワイ・オアフ島への往復航空券や、ジェイクがプロデュースするウクレレなどジェイクグッズが当たるキャンペーンを実施中です。

 締切は2011年10月9日正午。ぜひご参加くださいね!

 ⇛応募要項など詳細はこちらをご確認ください。

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート aloha street アロハブリーズ1周年記念企画
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top