ハワイの最新現地情報が満載!

豪華ゲストの想いが集結…Kokua for Japan

豪華ゲストの想いが集結…Kokua for Japan

東日本大震災の復興を願う大規模なチャリティ・コンサート「コクア・フォー・ジャパン」が、ヒルトンで開催されました。熱気あふれる様子をレポートします。

公開日:2011.04.12

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

アロハ! ヨリエ&リツコです。

4月10日、ハワイのラジオ局とテレビ局の主催で、東日本大震災の復興を願う大規模なチャリティ・コンサート「コクア・フォー・ジャパン」が開催されました。コクア(Kokua)とは、ハワイ語で「手助け」「協力」という意味。会場はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパのグランドロウン(芝生エリア)。ハワイを代表する大物ミュージシャンが多数参加し、みんなで日本のために祈り、歌い、エールを送ろうというイベントなのです。事前に販売されたチャリティチケットは、すでに完売。ローカルの人たちの想いの強さがうかがえます。

kokua006.jpg

このイベントはKSSK-AM&FM、KSSKRADIO.COM KDNN-FM(ISLAND 985)、ISLAND985.COM、KHVH-AM、KHVHRADIO.COM、KIKI-AM、KIKIRADIO.COM、OC-16、 KGMB、 KHNL、 KFVE KHON、CW、KBFD、KITV4、KITV.COMのラジオ局、テレビ局、ウェブサイトでハワイ中に放送されていました。日本へも、USENのワールド ラジオ チャンネル(KSSK FM)やインターネットストリーミングなどで中継されたので、ご覧になった方も多いかもしれません。

会場へ向かうと、とにかくすごい人。赤いTシャツを着たボランティアのみなさんがあちこちで活動されています。2500枚のチケットが完売したこのイベント、熱気むんむんでスタートを待っていました。チャリティTシャツも、販売されています。

kokua001.jpg

いよいよイベント開始!最初はブラザーズ・カジメロの演奏からです。温かい演奏に、会場からも拍手喝采! アロハなフラも加わって、オープニングにふさわしいステージが繰り広げられました。

kokua002.jpg

続いて、透き通るような美しい歌声が魅力のナ・レオが登場。「シスター・アイランドである日本へ…」とメッセージを。清らかなハーモニーが、みんなの心に染み渡ります。

kokua003.jpg

日本でも人気のエイミー・ハナイアリイに続き、ジェイク・シマブクロも登場! 迫力満点、渾身の演奏に会場もヒートアップ。熱のこもったウクレレ演奏とメッセージに、この日最初のスタンディング・オベーションで応えます。

kokua004.jpg

その後も続々とアーティストが登場。2つのステージが設置され、その両方で順番にパフォーマンスが繰り広げられるという贅沢な流れで進んでいきます。真っ赤な衣装が印象的なタイマネ・ガードナーは、スパニッシュなウクレレ+日本への想いを込めて作ったオリジナルを披露。「JAPAN〜、ニホン〜〜♪」と切なく歌い上げてくれました。ステキでした…。思わず涙がこぼれる私たち。

kokua008.jpg

この頃、「今日の募金総額が100万ドルを越えました!」と場内アナウンスが。そう、この日のライブイベントは、募金の呼びかけでもあったのです。生放送中のラジオやTVでも義援金を募り、電話でチャリティに参加することもできたんですね。ロコのボランティアさんと一緒に、大物アーティストのみなさんも電話受付を手伝っていたようです。こういうところ、本当にオハナ(家族)ですよね。また、会場でも募金を集めるために、ボランティアの方々が網を持って行ったり来たり。お疲れ様です!

kokua005.jpg

その後もマイラニ、カラパナなどアロハなパフォーマンスが続きます。ところどころ、日本語の歌詞やメッセージを織り交ぜるアーティストのみなさん。その度に、会場から大きな拍手が沸き起こります。ハワイのみなさんのアロハを実感しつつ、また涙の私たちなのでした。

kokua010.jpg

さらに、ハパが登場して日本へ向けてFujisan(富士山)という曲を演奏。熱の入った演奏に感動していると、続いて日本と深いつながりを持つマノアDNAが!!日本のNHK、みんなの歌でも流れていた「Aloha You 〜きずな〜」を日本語で熱唱。温かいハーモニーが、会場に響きました。

kokua012.jpg

イベントも後半にさしかかるとヘンリー・カポノ、マイケル・マクドナルドなど、大物アーティストが続々登場。そしてついに、大御所ウィリー・ネルソンが赤いバンダナでやってきました。渋〜い歌声に、会場は驚くほどの歓声。こんなすごい人も、日本のために祈ってくれている…。それをうけて、オーディエンスも立ち上がります。

kokua009.jpg

そして、最後に現われたのは、直前に参加を発表したジャック・ジョンソンです。ジョン・クルーズも登場して、豪華な演奏&歌を聴かせてくれました。ステージに詰め寄る観客でちょっと危険?なほどの熱気に、警備員のみなさんも必死で対応していました。

kokua011.jpg

ビーチのすぐそば、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの美しいグランド・ロウンで、約6時間にも及んだライブ。ラストのハナホウ(アンコール)は、参加アーティストのみなさんが集まって「ハワイ・アロハ」の大合唱で締めくくりとなりました。もちろん観ているみんなも、手をつないで合唱です。ハワイのイベントではおなじみのこの光景ですが、今回はただ「イベント、楽しかったね」の合唱ではなく、「日本はハワイの家族だから。できる限り応援するから…」という想いがいっぱい詰まったハワイ・アロハだったように感じました。

そして、この日集まった日本への義援金はなんと160万ドル(日本円で約1億4000万円)にもなっていたのだそうです。

本当に大規模で熱かったコクア・フォー・ジャパンのイベント。アーティストはもちろん、数え切れないボランティアの人たち、そして参加したすべての人たちがひとつになった1日でした。ハワイから日本へ、「アロハ」がいっぱい。ハワイと日本は、本当に近く強い絆で結ばれているのだと実感しました。

Kokua for Japan!!!!!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top