ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
関口和之さんに聞くウクレレ・ピクニック2011

関口和之さんに聞くウクレレ・ピクニック2011

ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ2011は2月13日開催! ウクレレをこよなく愛する関口和之さんに、熱い想いを語っていただきました。

2011.01.19

ハワイのイベント・レポート

 第3回目を迎える「ウクレレ・ピクニック in Hawaii2011」の開催が2月13日(日)と迫ってきました。アロハストリートも全面的に応援しているウクレレ・ピクニックは、年々その規模も大きくなり、昨年のイベント時にはハワイ州が2月13日を「ウクレレの日」として認定!ロコのウクレレファンの間でも、注目の一大イベントとなっています。

 今回も、ウクレレ・ピクニックの共同プロデューサーであるサザンオールスターズのベーシスト、関口和之さんにお話をうかがいました!

Sekiguchisan01.jpg
■ハワイ州公認「ウクレレの日」に第3回目のイベントを

アロハストリート:(以下アロハ)
アロハ!早いもので、ハワイでのウクレレ・ピクニックも3回目を迎えるんですね。

関口和之:(以下、関口)
本当に、早いですね。こうして回を重ねられることはすばらしいことです。スケールも大きくなり、ハワイの人たちにも知られるようになってきたのがうれしいです。昨年のイベントで、ハワイ州から2月13日を「ウクレレの日」、そしてホノルル市からは「ウクレレピクニックの日」として認定されたのには感激しま
した。

アロハ:
今回も、会場は昨年同様カカアコ・パークですよね。海を見下ろす丘の芝生の上でのすてきなイベント、楽しみです!

関口:
そうですね。当日は多くのミュージシャンが駆けつけてくれることになっているので、ウクレレ三昧の1日を楽しんでもらえると思います。ウクレレの神様、オオタサンやアーニー・クルーズ Jr.、パリ、ハーブ・オオタ Jr.
などなどのウクレレを、ピクニック気分でのんびり楽しんでほしいですね。日本からは、第一回からずっと参加してくれているイワオくんたちも、もちろん参加し
てくれますよ。

アロハ:
心地良い風が吹く最高のロケーションに響く、ウクレレの音色は、本当に癒し効果満点!

関口:
当日は、サプライズでさらにすてきなゲストが参加してくれるかもしませんよ…(笑)。楽しみにしててくださいね。

アロハ:
それはドキドキしますね〜。そして、11日、12日にも催しがあるそうですが。

関口:
ええ。この週末を「ウクレレ・ピクニック・ウィークエンド」と題して、いろいろ計画してるんです。2月11日(金)には、ウィローズでパケレライブを予定。パリや勝誠二などが演奏するので、ぜひ遊びに来てください。もちろん、僕らのバンド(関口バンド)もステージに立ちますよ。

アロハ:
ぜひ、おじゃまさせてください! そういえば、今回は、初の試みとしてウクレレコンテストも行われるんですよね?

関口:
ええ。「ハート&ソウル ウクレレコンペティション」というんですが、年齢別にカテゴリーに分かれて6歳のお子さんから参加してもらえるコンテストです。
12日(土)10:00からアラモアナセンターのセンターステージで開催するので、ぜひ参加していただきたいですね。もちろん、見に来てもらうだけでも大歓迎!
ハワイのロコキッズの中には、びっくりするほどの腕前を持っている子がたくさんいますから。もちろん、大人も参加できますし、日本からの参加者もいるの
で、こういった形でも、ハワイと日本の交流の場が広がっていったらいいなあと。

アロハ:
ウクレレの輪がどんどん広がっていくようで、ますます期待がふくらみますね。

関口:
ええ。僕たちもみなさんの演奏をとても楽しみにしています。2010年8月、日本で行われたウクレレ・ピクニックでも、子どもたちがたくさん演奏してくれたんです。子どもたちにウクレレの楽しさを伝えたいとうのも、僕たちのコンセプトのひとつなんですよ。ウクレレは、本当に人をハッピーにできる、特別な楽器ですからね。ぼくは「音楽を好きでいたら、音楽がその人の人生の味方になってくれる」と信じています。ウクレレを通じて知り合った友人たちとの付き合いが、自分の人生にとても大きな影響を与えてくれているのも事実です。とても感謝しています。

sekiguchisan02.jpg

■「ウクレレミュージアム」建設の夢も、具体的に進行中

アロハ:

関口さんの長年の夢だった「ウクレレミュージアム」についても、計画が進行中だとお聞きしました。

関口:

ウクレレの原点であるハワイに、この楽器が持つすごいパワーを再確認できる場所「ウクレレミュージアム」を作りたいんですよ。ウクレレの歴史を学べたり、
子どもたちが楽器としてのウクレレの魅力を習ったりできるのはもちろん、子どもから大人まで、誰もが気軽にウクレレを演奏できるようなスペースにしたい。
地元の人、そして旅行でハワイを訪れる人など、だれからも愛される場所にしたい。その夢が、もうちょっとで叶うところまで来ています。実は、建設予定地も
ほぼ決まってきたんですよ。

アロハ:

そうなんですか。素晴らしいですね!

関口:

詳しいことは、ウクレレ・ピクニックの会場でお話します。ウクレレ・ファウンデーションを通じて、みなさんのご協力も呼びかけていますので、ぜひよろしくお願いします。

アロハ:

私たちも、応援させていただきます。イベントの準備など、お忙しい日々が続くと思いますが、ぜひがんばってくださいね。

【ウクレレ・ピクニック関連記事】

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top