ハワイのアートを盛り上げるアーティスト大集合

ハワイのアートを盛り上げるアーティスト大集合

ワイキキの注目サーファー・ギャラリー「グリーンルーム・ハワイ」にて、10月22日~11月21日まで「HOPE」と題した展示会を開催中!

公開日:2010.11.08

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

 アロハストリート雑誌の秋号でも特集しているハワイのアート。その際にもご協力いただいたワイキキの注目サーファー・ギャラリー「グリーンルーム・ハワイ」にて、10月22日~11月21日まで「HOPE」と題した展示会を開催しています。オープニングのイベントにお邪魔してきたので、その時のようすをお伝えします!

IMG_2483.jpg

 やさしい色使いがどこかほっとする作品たち。

 

IMG_2548.jpg

 オープニング初日はたくさんの人が集まり大盛況でした。

IMG_2571.jpg

 ナチュラルでエコなフレームの中には、見ているだけで癒される絵画が。

IMG_2493.jpg

デールさんならではの色合いのアロハシャツは、レトロなのに新しい! 

 

 今回の展示会「Hope」では、サーフィンにインスパイヤーされた現代芸術家/洋服デザイナーのDale Hope(デール・ホープ)さんとカイルアの人気ブティック「ムームー・ヘブン」のDeborah Mascia(デヴォラ・マッシーア)さん、ハワイ島を中心に活動するMike Field(マイク・フィールド)さんとレトロな看板がハリウッドからも注目されているSteve Neill(スティーブ・ニール)さんの作品の数々を展示そして販売もしています。

 

 

Dale.jpg

写真右:Dale Hope(デール・ホープ)さん。写真左:デヴォラさん。

 

 アロハシャツブランド、Kahalaの元オーナーのデールさん。現在はデヴォラさん(カイルアでムームー・ヘブンを経営兼デザイナー)と組んで、なんと20年前に彼がデザインしたというVintageのアロハシャツの数々をリサイクルし、それらのシャツに再び息を吹き込むというプロジェクトを始動しました。”Hope for Man”と名前がつけられたCollector’s Editionのシャツは、誰がどう思ってその柄ができたのかを説明するためのタグがつけられているので、シャツへの思い入れも知ることができます。

mike.jpg

 

Mike Field(マイク・フィールド)さん

 

 グアムで生まれオアフで育ったマイクさんは、20代の若さでグラフィックデザインやアート、Giclee Printsと呼ばれる高性能のスキャンテクノロジーから作られるアートなど、複数のエリアで活躍をした経歴を持っています。元々オーシャンスポーツが好きだった彼は、過去数年間の間、カヌーやサーフィンなどからくる経験が、現在の彼のアートスタイルと、その創造力生まれるきっかけになっているんだそう。現在はハワイ島フアラライのスタジオでキャンバスに向かうのが、彼の生活になっています。

  

 11月21日(日曜)までグリーンルーム・ギャラリーでこの展示会「HOPE」を開催しているので、ぜひ見に行ってくださいね!

グリーンルーム・ギャラリー・ハワイ
The Greenroom Gallery Hawaii

[エリア] ワイキキ中央 シェラトン・プリンセスカイウラニ・ホテルすぐそば
[住所] 2350 Kalakaua ave, #A6
[電話] 808-924-4404

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top