ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
アロハファンクラブ「松坂慶子」さん

アロハファンクラブ「松坂慶子」さん

2009.08.03

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

ハワイをこよなく愛する有名人にご登場いただくコーナー。ホノルル・フェスティバルで「天守物語」を披露した松坂慶子さんに、自身でも「縁がある」というハワイへの思いや今後の夢などについてお聞きしました。

 

stage001.jpg
女優 松坂慶子

 

テレビや映画で活躍するかたわら、泉鏡花の「天守物語」と出会い、朗読劇を各地で上演。今年はハワイ島ロケの映画「ホノカアボーイ」も公開された。12月には、1 年間の活動報告を記した「ラウリマ」をハワイで発行予定。

 

●朗読しばい「楽劇 天守物語」とは?

時は封建時代。姫路の白鷺城の天守には、この世の人ではない者たちが棲みついていた。主は美しい姫。やがて姫は人間の若者と恋に落ち、思わぬ運命がふたりを待ちうける…。泉鏡花の美しい台詞で綴る幻想的な世界を、演技と朗読を交えて見せる「楽劇 天守物語」は、松坂慶子さんのライフワーク。

 

ホノルル・フェスティバルで近代文学の朗読劇を披露
 

アロハストリート(以下アロハ):
松坂さんのライフワークである「天守物語」のハワイ初上演おめでとうございます。

matsuzaka-keiko003.jpg

松坂慶子(以下松坂):
ありがとうございます、この物語は、第1 回目をニューヨークで上演し、日本の美しい言葉を海外で生活されている方々にお届けして大変喜んでいただきました。それ以来、私のライフワークになっていますが、子どもの頃に聞いたおとぎ話のようなピュアなストーリーを、ハワイの方にも見ていただけてうれしいです。

アロハ:
今回は「大田楽」と一緒の公演とのことですが…。

松坂:
大田楽は日本の中世に栄えた芸能のひとつで、いつしか消えてしまったものを、狂言の野村万之丞先生が現代に蘇らせ、エンターテインメント作品にしたものなんです。上演の際は、その土地の方が参加するのが特徴で、今回もハワイの方にご協力いただきました。下は6歳から上は60代まで。時間があまりない中、皆さん集中して真剣に練習されていて、感動しました。

アロハ:
まさに文化交流ですね!

松坂:
そうなんですね。皆さん稽古場に炊き込みご飯ととん汁を持ってきてくれたり…。まるで家庭に入ったようなおつきあいができて、うれしかったです。家族的な交流に温かさを感じ、これがアロハの心なんだな、と実感しました。

アロハ:
松坂さんはニューヨークでしばらく生活されていたのですよね。

松坂:
ええ、娘が生まれたのもニューヨークでした。その時、日本の文化が恋しくて、雅びやかで優しい作品が見たい、と思ったものです。そしてそれを子どもにも見せて、文化を教えることができればすてきですよね。今回ハワイの方にも同じように感じていただければうれしいです。

五感を蘇らせてくれるハワイで自然への感謝の気持ちを再確認

アロハ:
ハワイへはよくいらしているとお聞きしていますが。

matsuzaka-keiko002.jpg

松坂:
はい。5 年前から、ふたりの娘がハワイのサマースクールに通っているので、毎年必ず来ています。あわただしい東京からハワイに来ると、深く呼吸ができるようになり、風や海や星などの自然に触れるうちにどんどん五感が蘇ってくるような気がします。これは子どもたちも一緒で、ふだんはゲームに夢中でも、ハワイでは鳥の声に感動したり。こんな場所はほかにないような気がします。

アロハ:
なるほど。ハワイとは深いお付き合いをなさっているんですね。

松坂:
ええ、ハワイとはご縁があるんですね、きっと。実は今度フラを習う予定なのですが、すごく楽しみにしています。以前C M でフラの動きを習った時、フラには痛いとか悲しいという表現がないことを知りました。自然への感謝にあふれた手の動きは本当に美しいですね。

アロハ:
話題の映画「ホノカアボーイ」にも出演されていますが、ハワイ島はいかがでしたか?

松坂:
撮影で2週間滞在しましたが、時間がゆっくり流れていて、ていねいな暮らしぶりが大好きになりました。やっぱり生活の基本はこれですよね(笑)。ホノカアの映画館で、完成した映画を世界で1番最初に上映したのですが、お世話になった街の人たちへ、少しでもお返しができてよかったです。

アロハ:
ハワイ島にも別の魅力がありますよね。

松坂:
溶岩台地の向こうに広がる風景にワクワクしたのを覚えています。それから、オーガニックの野菜サラダがとてもおいしかったのが印象的でした。

アロハ:
松坂さんにとってハワイとはどんな場所なのでしょう?

松坂:
人も自然も惜しみない愛を注いでくれるところ。ハワイとは長く、大切にお付き合いをしていきたいな、と思っています。

 

インタビューを終えて
鮮やかなブルーのムームーがとてもお似合いだった松坂さん。ホノルル・フェスティバルでは、70分のステージを30 分にまとめて上演。近々完全版の公演をハワイで行い、毎年の恒例イベントにしたいと目を輝かせておっしゃっていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

matsuzaka-keiko-book.jpg

●本&DVD情報●

Shall we HULA?
松坂慶子とはじめるフラ入門

 

ハワイに行くと元気になれると、たびたびハワイを訪れる松坂慶子さん。「ハワイが大好き!1度はフラを踊ってみたい」という思いを叶え、フラを始めたそう。「フラと出合ったことで、心も体もリフレッシュしました。胸元のラインが美しくなり、美容にとてもいいと感じました。またフラは心で踊ることが大切なので、もっと深くハワイの歴史や文化を知りたくなりました」と語る松坂さん。そんな思いをこめてオールハワイロケのフラ入門の本ができあがりました。自宅で一緒に踊れるDVDの付録付き。

 

出版社:実業之日本社

価格:1,886円(税別)

発売日:8月1日

 松坂慶子とはじめるフラ入門

 

 

※アロハストリート2009夏号に掲載した記事です。

アロハファンクラブのバックナンバーはこちら

ハワイ好きの著名人が登場する「アロハ・ ファンクラブ」のほか、ハワイの情報が満載のアロハストリート定期購読はこちらをクリック!
定期購読のご案内 <!–

–>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top