ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ホロホロおでかけ隊 アフプアッア3

ホロホロおでかけ隊 アフプアッア3

2009.05.07

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

サムとマカのホロホロおでかけ隊

アフプアッア編 Part.3

 アロ~ハ!! サム・モナハンのコラムへようこそ!僕はこのコラムでハワイを巡りながら、ハワイのマナ(魂)を伝えたいと思ってます。出来るだけハワイの基本を残しながら、僕が感じたマナを日本語で伝えてみますが、もし間違えている事がありましたら通訳さんのせいにして下さい(実は僕がその通訳さんです…)。そして僕と一緒に、このミニ旅に参加してくれてる小さな仲間を紹介します。

サム・モナハンサム・モナハン
バハマ生まれの陽気な南国男。高校留学で横浜に住んでいた経験あり。今も世界中を旅し続ける自由人。ハワイの自然とアートとビールが大好き。ひとり息子のマカと一緒に遊ぶのが一番のお仕事。

 アラモアナ通りがアラワイ運河にぶつかり、左側数メートル先でマッカリー橋をわたります。そして、マッカリー通りを真っ直ぐハワイ大学まで歩きます。アラワイ運河の横を歩くと、マカちゃんが「パパ、右にある川は何と呼ぶの?」 それは誰でも知ってるさっ、「右側だ!」
 でも納得してくれなかったから、「アラ」はハワイ語で「通り」、「ワイ」は「水」なので、合わせれば「お水の通り」という意味だと教えました。間違えてるのは、今の人がアラワイ通りと呼ぶことです。これでは「水の通りの通り」になります。

 マッカリー通りを歩くと、周りの高いビルが少なくなって2~3階建てのコンドミニアムとアパートが多く作られた住宅街になります。コンクリートが多いので海の香りはしないけど、奥にきれいな山が見えてきました。ちょっと虹が出て、頑張る気も出た!!! その時、マカちゃんが横から「まだ2時じゃないよ、パパ」って言われ転びそうになった!

マッカリー通り

 マッカリー通りの山側に高速道路H-1があります。橋を渡りマノアにあるハワイ大学へ少しずつ登って行きます。道が行き止まりにぶつかるユニバーシティ通り(大学通)を左に山上へ行きます。ここらへんには若者の大学生が多くて、さっきまで若い元気なサムがいきなりおじいさんの気分になる。そして横には「パパおじサム」を歌っている人もいます。

マカちゃんがブランコに乗る ハワイ大学を過ぎると、坂道と坂道の間にカマネレ公園があります。カマネレは昔のハワイの姫様の名前でした。マカちゃんが赤ちゃんの時に初めてブランコに乗った公園です。カマネレ公園にあるブランコは3種類あって、小さな子供から大きな子供まで遊べます。お手洗いもお水も椅子も木陰もありますので、歩き疲れてちょっとした休憩にぴったりです。僕の休憩中に、全然疲れていないマカちゃんが足を伸ばしあちこち走り回る。マカちゃんが疲れた頃に僕の力が戻って散歩に戻ります。

3人でブランコ
カマネレ公園

●今回のダジャレ
右側(←右にある川は何と呼ぶの?に対する答え)
2時(虹)
パパおじサム

※このコラムは、アロハストリート2009年春号に掲載された「サムとマカのホロホロおでかけ隊/アフプアッア」の全編レポート(ほぼ原文まま)です。ウエブサイトでは、4回にわけて全文を掲載いたします。

【関連コラム】

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top