ハワイの最新現地情報が満載!

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル2008(前編)

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル2008(前編)

公開日:2008.12.09

更新日:2017.06.25

ハワイのイベント・レポート

 ハワイ島で2006年から始まった「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」。フラのコンペティションやワークショップを通して、ハワイの文化や伝統を守り伝えていくことを目指したこの祭典、 今年はワイコロア・リゾートに新オープンした屋外劇場ワイコロア・ボウルをメイン会場に、 11月5~9日に渡り行われました。
 コンペ部門は、地元ハワイのハラウのほか、日本での予選を勝ち抜いた3ハラウも参加。ワヒネ(女性)のグループとクプナ(シニアの女性)の2部門で競技が行われ、華やかながらも白熱したパフォーマンスが繰り広げられました。
  またコンペの審査員を務める著名なクムフラやハワイ文化のオーソリティが担当するワークショップは、今年はさらに充実。屋外でのフィールド・ワークも加わり、野山に分け入って自分たちで植物を摘み、レイを作るクラス、ハワイ王族の元宮殿フリヘエ・パレスを訪ねるクラスなども行われました。
今年のフエスティバルの詳しい様子はこちら。 また来年のモク・オ・ケアヴェ・フェスティバルに関する日本語情報はこちらで案内されています。

■DAY1:オープニング・ナイト

10.venue.jpg

今年オープンしたワイコロア・ボウルは、ハワイの清々しい風と空気、そして満天の星空を満喫しながらステージが楽しめる屋外劇場。フラのイベントにはまさにぴったりの会場です。

12.opening_night_Napua_Grai.jpg

11日5日水曜日の夜はオープニング・ナイト。マウイのクム・フラでシンガーとしても人気のナプア・グレッグのステージが行われました。

11.opening_night_Kaumakaiwa.jpg

ハラウ・オ・ケクヒ・ファミリーの一員で、日本でも人気のシンガー、カウマカイヴァ・カナカオレも登場。9月にリリースしたばかりの新しいCDからの曲などを歌ってくれました。

■DAY2:カヒコ・コンペティション

21.kahiko_M.Aketa02.jpg

 日本から参加したハウオリズ・マサコ・アケタ・フラスタジオのカヒコは迫力満点のパフォーマンスでした。

22._K._Kubokawa_kahiko.jpg

日本予選で総合優勝を飾ったフラ・ハラウ・カフラ・オ・ハワイは「ハノハノ・ハナレイ・イ・カ・ウ・ヌイ」というカウアイ島をテーマにしたチャントを起用。

23.Solomon_kahiko.jpg

 地元ハワイ島でメリー・モナーク・フェスティバルにも出場しているハラウ・オ・ポオハラはウリウリを使ったテンポのよいカヒコを披露してくれました。

24.Nalani_kahiko.jpg

 ハワイの若きクムフラ、ナラニ・ケアレが率いるフラ・ハラウ・カウラカヒのカヒコ。日本からのダンサーも出場していました。

■DAY3:クプナ・コンペテョン&ワークショップ

ワークショップは7日(金)、8日(土)の2日間に渡って行われました。今年は会場内で行われるワークショップだけでなく、ハワイ文化にゆかりの深い場所を訪ねるフィールド・ワークも行われました。

40.jpg

コンペの審査員でもあるクムフラ、ケアラ・チン氏のワークショップは、カワイハエ地区を訪れるフィールド・ワーク。港に係留されているハワイアン・カヌーの「マカレイ」をみた後、プウコホラ遺跡を訪ね、その地でフラとチャントを学びました。

41.workshop.jpg

 
フラに使う楽器作りなどのワークショップも行われました。これはプーイリという竹素材の楽器作りと、それを使ったフラのワークショップの様子。ワイピオ渓谷に住むキア・フロンダ氏が教えてくれました。

42.jpg

ワークショップと同時に7日(金)、8日(土)は、ワイコロアビーチ・マリオット・リゾートでマーケットプレイスがオープン。フレッシュ・レイやハワイの伝統工芸品、アート、アロハウエアなどなどハワイにゆかりのある商品を並べたさまざまなショップが並びました。

31.kupuna_Donna_Jensen.jpg

 
コンペティション2日目はクプナ部門のソロとグループ競技が行われました。グループ部門で優勝を飾ったのはハワイ島ワイメアのハラウ、ケ・オラ・ポノ・ノ・ハ・クプナの皆さんでした。

32.Kupuna_Kelii_Thibadeau.jpg

 6人で競ったソロ部門でみごと優勝を勝ち取ったのは、ケ・オラ・ポノ・ノ・ハ・クプナ所属のケリイ・シバデューさん。晴れやかな表情での優雅な踊りが光っていました。

33.Kupuna_winner.jpg

ソロ優勝者のケリイさんと、そのクムフラであり、グループ部門でも優勝を飾ったケ・オラ・ポノ・ノ・ハ・クプナのドナ・ジャンセンさん。

⇒⇒モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル2008(後編)は、こちらをクリック!
※メリー・モナーク・フェスティバル2008のようすはこちら

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top