ハワイの最新現地情報が満載!

第24回「なぜに? 韓国でアロハ萌え?」

第24回「なぜに? 韓国でアロハ萌え?」

公開日:2007.03.21

更新日:2017.06.25

橋口いくよのHAWAIIイッピン!アロハ萌え

Title
第24回 「なぜに? 韓国でアロハ萌え?」


 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに、毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 今回は、大韓民国まで「アロハ萌え」を探しに来ちゃいました! 題して「ハワイ・イン・コリア」!!
この段階でももう、何が何だか意味不明ですが、このままつっぱしって、アロハ萌えしちゃいまーす!

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しみ。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種」、「蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫」、「チルソクの夏ノベライズ」、「水平線の光の中、また逢えたら」another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、「皇帝ペンギン」、「西遊記ノベライズ」、小説「結婚できない男」、小説「僕は妹に恋をする」が著書にある。

雑誌「ダ・ヴィンチ」で新連載も始まりました!
詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★初ハワイエッセイ「アロハ萌え」講談社文庫より好評発売中!!

★クリスピー・クリームで事件が!
img
▲これが、大韓民国のクリスピー・クリームだ! 大人気みたいだけれど、日本ほどの列じゃないですよ。チャンス!
img
▲乙女ドーナツ♪ こういう色の食べ物に、私は弱いのです。暴力的に甘いはずの色合いなのに、そこまでではありませんでした。のっかっているのも全部ハート型!!!! きゃあああ♪

 大韓民国への旅行の話が出た時、真っ先に浮かんだのは…

アロハ萌えできるか?

ということでした。今回一緒に旅行した方たちは、大韓民国にとても詳しく、その上アロハ萌えリストたちなので、質問してみると…

「クリスピー・クリームもスパムもあるよ」
との答え。

 はい、行きます。絶対行きます。アロハ、大韓民国!と、私のテンションはすでにアロハ萌え。到着してからもずっと「アロハ萌え」なものを探し求めてしまったのでした。

 まず、真っ先に見つけたのがクリスピー・クリーム! 日本のお店ほど並んでいないので、さっそく入って、サービスのオリジナル・グレーズドをいただきます。毎回、オリジナル・グレーズドしか買わない私ですが、今回は冒険! どうやら期間限定と思われる、ものすごくかわいいドーナツを購入。

 さらに、激しくかわいいドーナツのストラップも大量購入。のべ20個も買ったのですが、配るのではなく、ほとんどが自分用! 汚れた時や紛失した時用です。だいたい、これを20個も買った時点で、お店の人の様子がおかしくなりはじめたのですが、次の私の発言でお店を混乱へ招くことに。

「あの、トレーナー下さい」

オリジナル・グッズのトレーナーを指して言った私に、お店の人は大慌て。あちこち動き回って仲間たちと何やら話し合っています。これは、強盗が来たぐらいの勢いとも言えます。そして、お店の女性店員がかなり切迫した顔で戻ってきて、日本語で衝撃の一言を!

「コレを欲シイとイッタのは、あなたが初メてナノで、わかりマセん」

ええええ!
 今度は私がおどおどしている間に、その女の子は奥へ消えて行きます。どうやら在庫を探しまくっている様子。私がトレーナーを欲しがったばかりに、ひとり分の労力が在庫探しに使われ、ドーナツに並ぶ列がさっきより増えたような気がします。

ごめんなさい。ほんとうにごめんなさい。

 心の中で何度も思った頃、彼女がトレーナーを持って戻ってきてくれました。
(あの人、あれ、買うんだわ)(まじで?)(はじめて見たよ)(どうして…)
そんな店員たちの眼差しが痛いですが、欲しいので仕方ありません。韓国にはまだアロハ萌えリストが少ないのでしょうか。ドーナツ・ストラップもトレーナーも買う人がいないせいか、私の運命がもともとこんななのか…。のっけから、こんなアロハ萌え騒ぎを引き起こしてしまったのでした。

img
▲ピンクのハート・ドーナツ&チョコ・ドーナツの穴がハートになってるストラップ。すでに1個無くしたので、2代目が私の携帯にはくっついています。
img
▲「イマ、アツイ」の前で写真をとるのは、もう、いつもの癖…。
img
▲大騒ぎを起こしたトレーナー。大きめなので、部屋着に。だから人に自慢できないのが残念。

★スパムで「アロハ萌え」もらくらく!
img
▲TGIフライデーズでも記念撮影。エステの帰りで、てかてかすっぴんさん。こういう適当さが旅の醍醐味。
img
▲スーパーで大量に積まれたハングル・スパム。

 クリスピー・クリームの次に見つけたのが、TGIフライデーズ。すごいぜ大韓民国! まだまだアロハ萌えできそうな予感。そう思っていたところ、スーパーで見つけてしまったのがスパム。しかもハングルでスパムと書かれています(たぶん)。おまけにストラップがついていたし、迷わず購入。もしかしたら、大韓民国でのスパム摂取量はとても多いのかもしれない…、と期待を抱いていると、それを証明するような場面に出くわすことができました。

 夜中も営業している「109」のようなデパートをうろついていた時のこと。なぜか各店舗の人たちは、食事の時間なのか、接客しながら普通に何か食べています。しかも本気食事。私は、服やアクセサリーを見るよりも、お店の人のご飯に興味しんしん。失礼だったかも。ごめんなさい。でも、そのおかげで、見つけたんですよ。スパムを夕飯にしているギャルを!

 身振り手振りでお願いして、写真を撮らせてもらいました。するとお姉さんは、隣の店舗の人とくすくすかわいく笑っています。アロハ萌えして笑われるなんて、クリスピー・クリームの時と同じ展開。ちょっと恥ずかしくなりましたが、クリスピー・クリームで免疫ができているので、さほどうろたえずにすみました。

 ほかにも、お店で辛いスープを注文するとスパムが入っているなんてことも普通にあったし、日本よりもずっとスパム文化があるみたい。スパムを普段使いなんて、かっこいいなあ。私なんてまだまだだ。

 そして、スパムのほかにもハワイを彷彿とさせるものが色々あったので、写真で紹介しちゃいます!

img
▲パッケージはこんな感じです。スパミーくんじゃない謎のキャラがいる…。ストラップはオマケ。でもこれが目的だったりする私。
img
▲こういう普通のお店で、定食を食べながら接客する人多数でした。不思議な光景です。
img
▲ギャルの夕飯。山盛りのご飯とたっぷりのスパムや野菜。忘れちゃいけないキムチも! キムチとスパムって合うもんね。
img
▲「スムージー・キング」というお店を、勝手に「ジャンバ・ジュース」と思ってみる…。
img
▲スーパーでは、フレッシュなパイナップルをその場で切って、売っていました。あたりにはハワイな香りが漂いまくりです。
img
▲リナジットの芳香剤があったので、もちろんチェック。何処に行っても、スーパーで洗剤と芳香剤のチェックは欠かせないのです。

★クリスピー・クリームより人気?
img
▲長蛇の列、ホットック! クリスピー・クリーム人気といい、大韓民国の人たちは揚げた甘いものがお好きなのかも。
img
▲これが20分ほど並んで買った、激熱うまホットックだ!

 クリスピー・クリームが何店舗もはびこっているところからして、大韓民国の方は甘いもの好きな様子。一緒に旅行した人たちから教えてもらった「ホットック」というおやつは、元祖クリスピー・クリーム。いや、この表現はおかしい。でも、屋台は大韓民国のクリスピー・クリーム(これも正しいかは謎)と言ってもいいほどの大人気らしいので、行ってみることにしました。

確かに長蛇の列です。

 もちろん私も並んでみました。よく見てみると、何か白いどろどろしたものに謎の粉を入れ込み、多めの油でおばさんが焼いています。「揚げ」と「焼き」の中間と言った感じ。あたりには香ばしい香りが漂って、待ちきれない!

 でも、待たなければ食べられないので、焼いている様子をひたすら見ながら並んでいると、道行く家族連れの中のちびっこから、突然話しかかけられたのです。あきらかに地元の人たちっぽいのに、日本語でこう言います。
「萌え?」

えっ…? なぜ私がアロハ萌えリストだということがバレたのでしょう。それとも、ただの「萌え」という言葉が大韓民国でも浸透してきているということなのでしょうか。

「え、萌え?」

思わず私は聞き返してしまいました。そうすると今度はその子のお母さんが言います。

「萌え?」

やっぱり「萌え」って言っているみたい。

「萌え!」

私は答えました。するとまた向こうも「萌え?」と返す。私も、必死に「萌え」と答える。
なんだか、熱い展開だぜ!

「萌え?」「萌え!」「萌え?」「萌え!」「萌え?」「萌え!」…

ひたすら私と大韓民国家族でこの繰り返しです。そして、その家族はひとしきり「萌え」を連発すると納得したのか、行ってしまいました。しかし、顔はどうも納得していない感じだった。ちびっ子は最後爆笑しながら手を振って「萌えーー?」って叫んでたし…。

 後々わかったことなのですが、聞いてみるところによると…
「これなんですか?」を「モエヨ?」と大韓民国語で言うらしい。

そうだったのか!

「萌えているのか?」と聞かれていると思ってしまい、何度も「萌え」を連発してしまった自分が恥ずかしい。お互い「何?」を連発しあって間抜けすぎる。
どうりであのちびっこ「この姉ちゃん、頭がお悪いんだな」って顔してた…。

ガーーーーン。

 観光地なのだから、大韓民国の人だって初めて来る場所だったりするんだもんなあ。ホットックを知らない人だっているかもしれない。あんな列見たら「これ何?」って聞きたくなるはずだー。アロハ萌えすることで頭がいっぱいで、とんちんかんなことになって反省。

 しかし、そんな反省もぶっ飛ぶぐらい、ホットックは熱かったのだった。自分の順番がやってきてうれしくなり、いい香りと表面のカリカリ具合に興奮してかぶりつくと、激熱! そのうえ、中から甘くて熱い汁が出てきて、口内を脅かす。でも、うまいのです。

 このアツアツさもセットで美味しい! おばちゃんが中に入れていたパウダーはきっとシナモン・シュガー。それが汁化して生地に溶け出し、いい香り。熱さに思わず立ち止まったりしながら、みんなでひゃあひゃあ言って食べる、油たっぷりの揚げたてホットックは、あの家族との「萌え萌え対決」と共に、良い思い出になりました。

★まとめ

アロハ萌えするために、また大韓民国に行きたいと思ってしまうほど、楽しかった今回の旅「ハワイ・イン・コリア」。だったらハワイに行けばいいだけの話だったりするのですが、どうせハワイに行くなら何日も滞在したいし…と思ってしまうもの。思えば、前回のハワイ旅行からもうすぐ1年が経とうとしています。大韓民国に行って、なんだかちょっと浮気をしたような、ハワイに申し訳ないような気分だったけれど、結局アロハ萌えしたので、そんな気持ちも消えました。

 ここで紹介しきれなかった、大韓民国での様子は「期間限定、アロハ萌えブログ」でもちょっとずつ公開しているので、ぜひご覧になって下さいませ。

次は何処で「アロハ萌え」しようかな♪
 

★お知らせ
img
アロハ萌え
Kawaii Hawaii/橋口いくよ著
講談社文庫より3月15日発売!!

 橋口いくよの初ハワイエッセイ「アロハ萌え」、好評発売中です!

 泣きました! 子どもにも読ませようと思います。
 愛溢れる本だと思います。教科書に載せるべきです。
 生きる意味がわかりました。
 映画化しないんですか?
 これは早くも100万部突破ですよね?

みたいな感想はいっさい届いておりませんが、それに近い感想は頂いております(ほんとうか?)。本当にありがとうございます。
アロハストリート内でインタビューも掲載されているので、そちらもぜひご覧下さい。

書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」
KAWAII HAWAII/講談社文庫
価格540円(税込)

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2007年 3月 21日

橋口 いくよ/はしぐち いくよ (作家) プロフィール

小説、コラム、エッセイ、脚本、作詞など、アニメ作品、エンターテインメント作品、純文学、様々なジャンルで執筆。フジテレビ「とくダネ!」やテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」コメンテーター、「踊る!さんま御殿!!!」等、テレビにも出演。

ハワイ好きとしても知られ、講談社文庫より発売されている『アロハ萌え』シリーズ三部作はAmazonで1位を獲得し、ハワイ好きからバイブルとも呼ばれている。

公式サイト: https://www.hashiguchiikuyo.com/

twitter: https://twitter.com/hashiguchiikuyo

instagram: https://www.instagram.com/ikutorias_secret/

note: https://note.com/ikuyonote

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top