ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
第21回「珈琲のめない女」

第21回「珈琲のめない女」

2006.10.11

橋口いくよのHAWAII IN JAPAN - アロハ萌え

Title
第21回 「珈琲のめない女」


 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 今回は「コーヒーが飲めない」というハワイ好きには致命的とも言えるこの悩みを解消してゆくためにも、様々な形でコーヒーにチャレンジしてみました。最後にはぜひ、飲めるようになりたいと思います!

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しみ。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種」、「蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫」、「チルソクの夏ノベライズ」、「水平線の光の中、また逢えたら」another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、「皇帝ペンギン」、「西遊記ノベライズ」が著書にある。

★ 新刊ニュース★
小説「結婚できない男」を橋口いくよが書きました。
高視聴率ドラマ「結婚できない男」、待望の小説化!
小説「結婚できない男」
脚本/尾崎将也/ 小説化/橋口いくよ
扶桑社/¥1200+税

雑誌「ダ・ヴィンチ」で新連載も始まりました!
詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★飲めないのには訳があります
img
▲お気に入りのキャンドルはまとめ買い。今うちにあるストックはこれだけ。もうそろそろ買わなくちゃいけません。これに火を灯して、くつろぐと気分はハワイです。
img
▲毎日ウーロン茶を飲んでいるマグカップ。こういうごついマグカップにコーヒーを入れて、あたりまえのように飲んでみたい。

 ハワイに行くと、あちこちからしてくるコーヒーの香り。日本でも、コーヒーの香りを嗅ぐと「ああ、ハワイみたい」と思う私ですが、実はコーヒーが飲めません。
 理由は子どもの頃、父親に「コーヒーを飲むとバカになる」と言われ続けていたからです。そんな父親は、当時すごく高い豆で入れたコーヒーを毎日飲んでいました。自らバカへの道をまっしぐらな父を心配したこともありましたが、とくにに忠告もしませんでした。自分だけバカにならなければいいや、と思っていたのです。

 そんなふうに自分のことしか考えていなかったから、罰があたったのでしょうか。いまだに私はコーヒーが飲めないまま。べつに「私って子どもちゃんなの」とかいうかわいさアピールではなく、心から飲みたいと思っているけれど飲めないのです。
 諦めきれないので、コーヒーを飲んだ時の気分を少しでも味わおうと、部屋ではコーヒーの香りがするキャンドルをつけてうっとりしています。かなりお気に入りの香りなので、毎日使っているのですが、その香りを嗅げば嗅ぐほど、アロハ萌えするとともにコーヒーへの憧れはつのる一方。

 ちなみに、こんな私でも唯一少し飲めるのは、ヘーゼルナッツとかバニラとかチョコレートの香りがついた薄いフレーバー・コーヒー。でもたくさん飲むと、酔っぱらったようになってしまい、仕事の打ち合わせの途中にやたら相手の髪型が気になったりしだして、突然「それ、パーマですか」などと言い、大失敗したことがあります。

 なので、打ち合わせの時にコーヒーが出ても飲まずに、手持ちのお水を飲んでしのいだりしているのですが、まったく口をつけずにいると「このコーヒーに毒でも盛ったと思ってるのかな」と相手に思われかねず、信頼関係にもひびきます。そして何より、ハワイ好きでコーヒーが飲めないなんて、こんな気まずいことはありません。何らかの形でコーヒーを摂取しつつ、飲めるようにならねばと、今回、様々なコーヒーものに挑戦してみました。

★あらゆる方法でコーヒー摂取
img
▲コーヒーの香りがするこの引き締めジェルにはかわいい小さなレイがついていました。最近は毎日塗っていますが、今のところ効果は不明。ただ、コーヒーの香りが手軽に楽しめます。

 まずは、皮膚からコーヒー摂取を始めてみました。コーヒーの香りがほんのりするこのジェルを肌に塗り付けると痩せるというのですが、1回では効果はわかりません。

本当に痩せるのかな…。

 そう思いかけてはっとしました。私の目的は痩せることじゃありません。コーヒー摂取です。のっけから目的を見失いそうになってしまいました。
 次は、コーヒー・プリン。コーヒーと牛乳が飲めない私ですが、コーヒー牛乳は飲めるという、わけのわからない体質。ただこれも、たくさん飲むとやばいので、プリンぐらいの量が妥当でしょう。このプリンは美味しくいただけました。酔っぱらう気配もありません。ただ、コーヒー独特のふわっと広がる香りを楽しむことができないので、残念なところ。

 さて、次は私にとっての大冒険。チョコでコーティングしたコーヒー豆に挑戦です。口に入れて噛んだ途端、口中にコーヒーの香りが広がります。このままお湯を飲めばコーヒーを飲んだ時と同じ状態になれそう。しかし、私の場合コーヒーを飲んだ時と同じ状態になった場合、やばいわけで、あわてて食べるのをやめました。このままでは、先がもちません。

img
▲コーヒー・プリンは普通に美味しかったです。という、わざわざ書く必要もないほどの感想でした。
img
▲2種類の味を試してみました。コーヒー豆のチョコ。このキャラクターの不敵な笑いが私に対する危険度を表しているのかもしれません。
img
▲豆を直接摂取するというだけあって、ものすごく警戒しながら食べています。よく考えてみれば、私にとってはコーヒーを飲むより危険です!

★コーヒー・パンケーキ
img
▲パッケージの女の人がちょっと怖いパンケーキ・ミックス。しかし開けると、アロハ萌えな香りがしてきます。
img
▲コーヒーの香りもふわふわ。パンケーキもふわふわ。さらにふわふわなクリームをかけていただきます。実は写真を撮った後にパンケーキが見えなくなるほどホイップクリームをかけていただきました。
img
▲実はこの時すでにだいぶコーヒーにやられている私です。コーヒーを摂取すると、こうやってだんだん目つきがヤバくなり、おかしな行動を始めるのです。

 今回、最大の楽しみは、コーヒー・フレーバーのパンケーキです。しかもチョコチップ入り! これは、いつか食べてやろうと毎日眺めながらキッチンにずっと飾っていたのですが、とうとう出番がやってきました。

 袋をあけただけでコーヒーの香りがしてきて、混ぜる時からいい気分。焼いていると、キッチンにチョコとコーヒーの香りが漂いはじめました。私は、コーヒーから漂ってくるうっとりした空気が好きなのです。ハワイに着く少し前の飛行機の中で、他の人たちが目覚めのコーヒーを飲む香りだけで、気分が高まって来てしまうあの感じ。DFSに入った時にしてくる、ココナッツが混ざった甘いコーヒーのような香りを嗅いだ時のわくわく感を思い出しました。

ああ、やっぱりコーヒーって私にとって憧れのアイテム。

 焼きたてのコーヒー・パンケーキにスプレー式のホイップクリームをたっぷりかけて食べると、まさにアロハ萌え! 飲み物は紅茶やウーロン茶でも、これならコーヒーの摂取ができます。しかも、パンケーキを食べてすぐ紅茶を飲むと、コーヒーを飲んだような気分にすらなれます。それならいっそのことコーヒー・フレーバーの紅茶があればいいのにと、叶うことがなさそうな希望まで抱いてしまいました。

 最後に告白しますと、私の部屋にはもうヤカン化してしまっているヴィンテージのかわいいコーヒーポットと、ミルクを泡立てるスチームがついたエスプレッソの機械まであります。コーヒーでアロハ萌えする憧れはつのるばかりで、いつになったら役立つ時がくるのでしょう。

★まとめ
 みなさんもうお気づきかもしれませんが、「コーヒーが飲めるようになる」という今回の目的を一切達成できていません。
 しかも、数々のコーヒー摂取のせいでしょうか。それとも、豆の直接摂取がいけなかったのでしょうか。意識がぼんやりしてきました。でもこれ、無理矢理前向きに考えてみれば、くつろぐ時にはいい状態なのかもしれません。ぼーっとするにはぴったりです。というか、無理矢理ぼーっとしてきます。 なので、打ち合わせをしながらのコーヒーや、原稿を書きながらのコーヒーはまだまだ無理そう。これだけぼんやりしてくるなら、いっそのことハワイの幻覚でも見たいところです。そろそろ本当にやばくなってきたので、今日はこのへんで。

★メール紹介コーナー
 メール、いつもありがとうございます。頂いたメールや質問について、ランダムではありますが、ここで少しずつでも紹介できたらなと思っております。紹介がダメな方は、紹介しないでねと書いて頂ければ幸いです。
 今回は、2年前からアロハ萌えしているという「ちえぞう」様からのメールを一部ご紹介したいと思います。
 はじめまして!ちえぞうと申します!ハワイは、2年前に母の連れで渋々ついて行って、あっさり改宗しました(行く前は勝手にへんなイメージをたくさん持ってました…苦笑)。
今では母とともに、「毎年末はハワイ!灰になるまで!」という、足すと100歳超親子です。アロハストリートには毎年お世話になっています(笑)。

 私、まさかの改宗から、萌えは(燃え、かも)強くなるばかりです。なにかというとハワイ料理を作って気分を盛り上げ、アマゾンではハワイ関係の本を買いあさり、アロハをネット通販し、マウナロアに行き、人を巻き込んでスパリゾートハワイアンズに行こうと計画中です。これまでは、海外は行きたいところが分散していて、「また行きたいなぁ」というところはありましたが、「毎年ハワイ」なんて思うのは、ハワイが初めてです。

(中略)

 書いているうちに興奮してしまって長くなってしまいました。アロハストリートの連載の中でも、橋口さんの連載は、「好き」がものすごく強く伝わってきて、大好きです。
いろいろな情報を教えて下さい!

 実は、ちえぞう様のメール、途中にたっぷり「ハワイで今までどんなことをしてきたか」が書かれていたんですよね。こちらまで興奮しながら、じっくり読ませていただきました。「アロハ萌え」を好きと言ってくださってありがとうございます! 色々な情報を教えられるほどではない、まだまだな私ですが、まだまだな感じも楽しいなと思う今日この頃。
「あそこおもしろいよ」とか「ここが美味しいよ」って人に教えてもらうのって、やっぱりわくわくするんですもの。
 もちろん、出来る限り、私の感じたアロハ萌えはこれからもお伝えして行こうと思っていますので、これからもよろしくお願いします。
メールありがとうございました!

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2006年 10月 11日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top