ノースショア海岸沿い道路の浸食に高まる懸念

2023.01.12

日刊ローカルニュース

オアフ島ノースショア、ハウウラのカメハメハ・ハイウェイのひび割れが悪化していると、近隣住民の懸念が高まっている。

2020年、ハワイ州運輸省は、海岸沿いの道路の一部が浸食後、道路を保全し、安定させるための緊急修理に$200万を費やしたものの、2022年11月、これらの修理はさらなる劣化の兆候を示した。
現在、亀裂はさらに悪化しているようだ。

高まる懸念により、地域の州上院議員であるハウウラ・コミュニティ・アソシエーションの責任者と、近隣住民のミーティングが設けられた。

ミーティングには、ハワイ州運輸局ディレクターであるエド・スニッフェン氏も参加し、ハイウェイ計画に関する質問に応答した。

スニッフェン氏は、「現在の道路状態に問題はなく、目に止まるのは路肩の一部です。点検し、安全を確認します」と述べている。
地域住民は、長期的な計画や運輸局が住民の意見をどのように取り入れるか応答を求めている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top