路上試験無断欠席者に対する罰則が施行開始

2022.09.02

日刊ローカルニュース

オアフ島の運転免許所センターでは、免許取得のための路上試験を連絡をせずにキャンセルした受検者に対する新たな罰則を1日(木)より導入している。

1日(木)より施行開始となっている新たな罰則では、路上試験を無断欠席した場合には、次の予約が60日間取れなくなるほか、前払いしていた$8の保証金の返金を受けることが不可となり、再予約の際に再び$8の支払いが必要となっている。

オアフ島の運転免許所センターによると、路上試験の無断欠席者の割合は約17%で、無断欠席者によって多くの運転免許証取得希望者が試験の予約を取るまでの待機期間は平均で4カ月ほどとなっており、当局関係者は「新たな罰則を設けることで、無断欠席者が減少し、路上試験受験希望者の待ち時間が短縮されるようになることを期待しています」とコメント。同時に、予約している路上試験の時間に5分以上遅れた場合には無断欠席とみなされるため注意が必要してほしいと呼び掛けている。

なお、路上試験の日程変更は、試験日当日の6:00まで可能となっているほか、当局では、予約の7日前と試験の前日に、メールとテキストメッセージによるリマインダーの送信なども行っている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top