一部の郵便局が営業時間を延長

2021.12.12

日刊ローカルニュース

USPS(米郵政公社)では、ホリデーシーズンに合わせて州内にある一部の郵便局の営業時間を延長。11日(土)と18日(土)を「サンタデー」として土曜日にも営業を行うとしている。

USPSでは今回、クリスマス直前の荷物の発送を希望する利用者のニーズに応えるべく、アラモアナ、キヘイ、マキキ、ワイアラエ・カハラの各営業所の営業時間を延長。USPSのホリデー・スポークスマンであるゲイ・イバラ氏は、「クリスマスパッケージを発送するお客様が急増し始めており、一部の郵便局の営業時間を延長することで、お客様が全国の友人や家族に荷物を発送しやすくなることを願っています」とコメントしている。

なお、USPSは、感謝祭から元旦までの間に、全国で120億通以上の郵便物と約9億5千万個の小包を配達すると試算している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top