ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ヘルシー志向のカフェに新店舗誕生!限定メニューも

ヘルシー志向のカフェに新店舗誕生!限定メニューも

新鮮な食材にこだわったシンプルで身体にやさしい料理に加え、復刻したあの人気メニューも楽しんできました!

公開日:2018.02.28

更新日:2018.05.09

編集後記ブログ

アロハ! インターンのミキです。

雨季もそろそろ落ち着いてきたようなそうでないような……というハワイですが、

天気の良い日にはビーチや公園で、きれいな景色に囲まれながらごはんを食べたり、ピクニックをしたりするのが楽しいですよね。お店でのダイニングとはまた違って、自然を感じながらゆったりできる時間、私も大好きです!

サンドイッチなどの軽食、「グラブ&ゴー」をコンセプトにした「タッカー&ベヴィー・ピクニックフード(Tucker & Bevvy)」2号店がオープンしたということで行ってきました! ホノルルズーの向かい側、カパフル通りにある1号店には何度も行ったことがあるのですが、2号店は初めてで、どんな様子なのかすごくワクワク。今回は、2号店限定メニューも含め、人気フードを皆さんにご紹介します。

 

2号店はというと、ワイキキ中心部に位置する「ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパ」1階にあります。

外観はこんな感じです。

お店自体は決して広いスペースではないのですが、パッと見てもわかる通りいろんな商品が並んでいます。そして、お店のすぐ前にはテーブルと椅子もいくつか用意されていて、ホテルの吹き抜けの下で食べることができるのもうれしいですね。

 

さっそく気になるメニューをご紹介します!

 

グリーンボウル(左) アサイボウル(右)(各$9.5)

アサイボウルはハワイではおなじみのメニューですが、ホウレンソウやケールといったオーガニック野菜でつくるグリーンボウルも用意してあります。トッピングにはフルーツだけでなくココナッツピューレに漬けてあるチアシードも!お腹も膨れて大満足ですよね。そして、グラノーラはなんと自家製です。こちらもオーガニックにこだわっています。

 

コールドプレスジュース (480ml、$8.5)( 240ml、$4.5)

ハイアットワイキキ店のオープンを記念して、1号店でも人気の、強い圧力でフルーツや野菜をプレスしてつくるコールドプレスジュースが通常の480mlボトルに加え、240mlのハーフサイズも販売されています。

フルーツのみのものから、野菜にターメリックやジンジャーのきいたものまで7種のフレーバーから選ぶことができます。私は濃縮されたパイナップルのジュースが気に入りました〜!

 

アボカドトースト($8.5)

ナッツやセサミ、ピスタチオを含んだホームメイドのスパイスがたっぷりトッピングされているアボカドトースト。レモン汁をかけていただくとさらに美味しかったですよ。

 

★2号店限定2種類のワッフル★

ティムタム・ワッフル($9.5)

オーストラリアで有名のチョコレート菓子「ティムタム」とバニラアイスクリームをのせたこちらのワッフルは、以前、「タッカー&ベヴィー・ブレックファスト」で出していた時に人気メニューです。復刻いたしました〜!

 

ストロベリー・グアバ・ワッフル($9.5)

オーガニックの自家製グラノーラとハワイ産のグアバを使用した自家製ソースが特徴的なこちらのメニューはちょうど良い甘さなので朝からでもぺろっと食べられてうれしいですね。

 

他にもヘルシーな素材や地元ハワイの食材を使った、美味しくそして手軽に食べることができるフードやドリンクを楽しむことができます。メニューで使われている卵は、オアフ島内の農園で飼育されたお店オリジナルのオーガニックのものなんですよ。

 

カゴのイラストがかわいい持ち運び便利なクーラーバッグ ($3.5) も置いてありましたよ〜! ランチバッグとしてもちょうど良いですね。

 

 

ワイキキビーチが目の前という便利なロケーションにあるこちらの新スポットは毎朝6:30から営業しています。朝食やお出かけ前にちょっくら訪れてみてはいかがですか。気に入ったアイテムをテイクアウトしてビーチや公園で食事するのもいいですよね。

ぜひ、新鮮でシンプルかつヘルシーなお料理をチェックしてみてくださいね!

 ワイキキビーチの目の前にある、ピクニックフードのカフェ&デリ。日差しあふれるナチュラルな店内には、新鮮な野菜たっぷりのサンドイッチやお惣菜がずらり! ハワイ産の食材をふんだんに使い、新鮮さに…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top