ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ふわっ!もちっ!のマジカル感動スフレパンケーキ

ふわっ!もちっ!のマジカル感動スフレパンケーキ

スフレ・パンケーキを食べに「アロハ・キッチン」に行ってきました!スフレもすごいけど、お食事系メニューもすごかった!

2018.01.23

編集部体験レポート

※この記事は2018年1月23日に公開されたものです。

アロハ! メグミです。

 

よく「アロハストリートにいると、ハワイのお店は全部知ってるんでしょ?」と言われるのですが、意外と、まだ行ったことがないお店も多いのです。

しかも、「え?こんな王道なのに?」というお店も、まだ未経験だったりして…。

私にとってそんなお店のひとつが、「アロハ・キッチン」。
ずーっと行きたいと思いつつ、なかなかそのチャンスがなかったんですよね〜。

 

なので、思い切って、行ってきました!

今回は、読者モデルのルミちゃんと一緒です!

 

お店があるのは、エッジ・オブ・ワイキキ…つまりワイキキの端、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジから歩いてすぐの場所。

 

店内は…

淡いブルーのソファ席あり、ボックスシートあり。ハワイらしい爽やかな雰囲気です。

そこまで広いお店ではありませんが、程よいサイズのカフェ的な空間。

 

 

さて、アロハ・キッチンといえば、これをオーダーしないわけにはいきません!

 

スフレ・パンケーキ、どーーーん!!!

 

スフレ・パンケーキは、米粉を使い、オーブンで約25分かけてじっくり焼き上げる、究極のパンケーキ。
「パン(フライパン)で焼く=パンケーキ」という概念をくつがえす、パンケーキ界のニューウエーブなのです。

上の写真は「ベリーベリースフレパンケーキ」$17。
このほか数種類のバリエーションがあります。

 

私、このスフレパンケーキが、ずーーーっと、食べてみたかったんですよ〜。写真を見るたびに、いつも食べたくて身もだえていたのです。

 

試食は、まずは読者モデルのルミちゃんから、どうぞ〜!

切り目からもう、ふわっふわ、モッチモチ〜な感じが伝わってきます。

トッピングのバニラアイスが、パンケーキの熱で溶けて、とろけてますよ〜。

 

ルミ「んほぉ〜。美味しいです〜。意外と甘くないんですね〜」

 

私も食べてみましたが、この盛り盛りガーリーな見た目に反して、ぜんぜん甘ったるくない! 日本人にうれしいナチュラルな控えめの甘さで、食べやすいんです。

そして、なんといっても、この食感ですよ!
ふわっとエアリーなのに、決してへたれることなく、もちっとした程よい重み。
溶けたアイスとベリーソースをからめても、ベタッと崩れることなく、コシがある感じ。

これ、見た目以上に、美味しいです!

しかも、ベリーソースはすべてお店の手作りで、フルーツから作っているので、ツブツブしています。人工的な味じゃないのが、うれしい…。

 

せっかくなので、スフレ・パンケーキ以外にも、おすすめメニューを食べてみたいと思います!

まずは、王道の「ロコモコ」($14)から。

この写真だと「目玉焼きの下に、茶色い何かがある」ということしかわかりませんが、上から目玉焼き、ビーフパテ、白ご飯があります。

 

切ってみると、このパテの分厚さよ! 目玉焼きの半熟加減も、バッチリですね〜。

 

ルミ「じつは私、ハワイにいるのに、ロコモコを食べたことがないんですよ」

なんですと!?
じゃあ、今日このロコモコが、君にとって初ロコモコとなるのだね…?

 

どうですか、お味のほうは?

ルミ「んほぉ〜、けっこうガッツリしてて、食べごたえがすごいです〜」

たしかに、ボリュームたっぷりなんですよ、このロコモコ。パテも密度があって、ずっしりしています。
通常、ロコモコのソースは薄茶色のグレービーソースですが、こちらのソースはグレービーとデミグラスが混ぜられていて、奥行きのある味なんですよ。日本人には食べやすいと思います!

 

ルミちゃんは、この後「ロコモコって、ハンバーグと、ご飯ですね〜」と繰り返していました(笑)。

 

ベジタブル・エッグ・ベネディクト」$14。

もうね、見るからに、ポーチドエッグが、ぷるっぷるなんですよ〜。

通常、エッグ・ベネディクトにはカナディアンベーコンが使われますが、こちらはアボカドやトマト、マッシュルーム、ベビースピナッチ(ほうれん草)が使われています。

 

ぷすっとナイフを入れると、とろ〜り黄身が、あふれる〜。

 

ルミ「んはははははは!!!」

ひとくち食べて、いきなり笑い出すルミちゃん。
壊れたかと思いましたが、どうやら美味しくてテンションが上がりすぎたようです。

じつは私、朝食といえばエッグ・ベネディクトを必ずオーダーしてしまうほど、大好物なんですが、こちらのエッグ・ベネディクトはポーチドエッグがぷるんっとしてて、オランデーズソースも酸味がまろやかで、食べやすかったです。

野菜たっぷりなのも、うれしいですよね。さらに付け合せにたっぷりのサラダとポテトが付いてくるので、これ一皿でお腹いっぱいになっちゃいます。

 

さあ、この調子で、どんどんいきますよ〜!
ここからは、ププメニューを食べていきたと思います。

「ハワイアン・モチコチキン」$8。

モチコチキンは、餅粉を使った鶏から揚げですが、こちらはかなりオリジナルな雰囲気。

メニューの説明によると、パイナップル&スイート・チリソースが使われているようですが…?

 

見るからに、照りってりです。

 

ルミ「……あっ! え? なにこれ、すごい、驚きの味です!」

モチコチキンといえば、生姜がきいたお醤油っぽい味付けなものが多いですが、スイート・チリソースと合うんですよ〜これが。

こちらのソースももちろん自家製で、パインジュースとスイートチリソース、生のパイナップルを混ぜているので、みずみずしい味わい。

なにより、鶏肉が、ジューシーなんですよ〜。ビールが飲みたくなります…(笑)。

 

「ガーリックオイル・シュリンプ」$9。

これは見るからに、もう、絶対うまいやつです!

 

レモンを絞って…。

 

殻がむいてあるエビです。大きな身に、ガーリックオイルがしっかり絡んでいますね〜。

 

ルミ「これは食べやすい! ノースショアで食べたのより、好きかも!」

たしかに、オイルを使っているのに油が重たくなく、レモン効果もあって食べやすいです。聞けば、一度エビを揚げたあと、自家製ガーリックオイルをからめていて、バターを少量しか使っていないので、しつこくならないのだとか。ふむ、さすがです!

 

「カルアポークのナン・ピザ」$10。

ナン生地を使ったピザ。カルアポーク(カルアピッグとも言う)は、豚肉を燻製して蒸し焼きにし、細かく割いたハワイの伝統料理です。

 

一切れ手に取ってみると、具がずっしり!

 

ルミ「香ばしくて美味しい! 食事にもいいけど、おつまみにもいいですね〜」

ピザというとバーフード的なイメージがありますが、薄いナン生地はパリッとしていて重くなく、具がたっぷりなのに油っこくないので、ヘルシーに食べられます。

このカルアポーク、本当に美味しいです!

 

シェフでマネージャーの岩崎さん。

「カルアポークは、7〜8時間オーブンで蒸し焼きにし、ほぐして使っています。カルアポークのエッグ・ベネディクトも人気ですよ。

そのほか、うちのメニューはすべて手作り・自家製なので、ここでしか味わえないメニューばかり。ぜひ、みなさんに味わっていただきたいです」

 

ただのパンケーキ屋さんだと思ったら、大間違いですね…。

ちなみに、名物のスフレ・パンケーキは、生地と卵白の混ぜ方が肝だそうで、米粉を使ってオーブンで焼くだけでは、このマジカルな食感にはならないそうです。

 

なんとアルコール・メニューもあるのですよ〜!

「毎週火〜日曜の17:30〜18:30は、お得なハッピーアワーも実施中です」と、フロアマネージャーのハリーさん(写真右)。

 

そして、なんと、アロハストリートのウエブクーポンを使うと、お食事が5%オフになるクーポンまであるのです。朝食に、ランチに、ハッピーアワーやディナーにも、ぜひご利用くださいね!

 フードトラックのお店として登場した人気店が待望のカフェをワイキキの西側、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジそばにオープン。一度食べれば夢中になってしまう厚さ5センチもあるふんわりフワフワのスフレ…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top