ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
カカアコで開拓!ハワイの新しい世界〜ショップ編〜

カカアコで開拓!ハワイの新しい世界〜ショップ編〜

世界から注目を集めるアーティスティックなハワイの街カカアコの、「アート」、「ショップ」、「クラフトビール」をご紹介!

公開日:2017.11.17

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

ハワイに新風を起こす、パイオニア的ショップ

カカアコの洗練された印象は建物の新しさやスタイリッシュさだけではありません。新しいムーブメントを起こす店が集まっています!

●時代に逆行するハンバーガー

「カカアコらしさ」を感じられるお店にはひとつの共通点があります。それは、「ハワイになかった何か」を発信していること。たとえば、週末になるとカカアコの路上に現れる()トラックのハンバーガー店「チャビーズ・バーガーズ」。分厚くやわらかいパテが主流のなか、ここではあえて逆の「'50年代スタイル」を貫きます。鉄板に強く押しつぶして焼き上げた牛肉100%のパテと、バターでトーストしたバンズが素朴かつ印象的。 ※営業日は火〜日に変わりました。現在(2017年11月17日時点)の営業場所と時間は下記をご確認ください

<チャビーズ・バーガーズ>
【営業時間】営業場所と時間は随時変わるので、公式SNSで事前に確認を ※現在(2017年11月17日時点)は、11:00〜15:00(ランチ)、17:00〜21:00(ディナー)
【定休日】月曜
【電話番号】808-291-7867
【住所】カカアコの場合は通常、Auahi St沿い、Coral StとCooke Stの間の路上 ※営業場所が変わりました。現在(2017年11月17日時点)は、960 Auahi St. (スターバックスやパタゴニアがあるコンプレックスの駐車場内)
【公式サイト】www.chubbiesburgers.com
【Instagram】@chubbieshawaii

 

 ●自然を感じる新感覚ブティック

数年前からエアプランツなどのインテリアに夢中になるロコが急増したのは、「ボタニカル・ブティック」という新コンセプトをハワイでスタートした「パイコ」が大きく影響しています。花そのものを売る花屋とは異なり、植物を取り入れたライフスタイルを提案するこの店では、だれもが想像力をかきたてられるはず。

<パイコ>
【営業時間】10:00〜18:00(月〜木)、9:00〜18:00(金・土)、9:00〜17:00(日)
【住所】675 Auahi St ソルト1階(アウアヒ通り沿い)
【公式サイト】www.paikohawaii.com
【Instagram】@paikohawaii

 

●アナログと写真と音楽への一歩

最新デジタル機器で溢れる時代と反比例するように、アナログが世界的に再熱中ですが、ハワイでその波を起こしているのは、初心者でも簡単に楽しめるポラロイドやトイカメラでフィルム人気に火をつけた「ツリーハウス」。

また、1980年操業でハワイ随一の品ぞろえを誇る「ハングリー・イヤー・レコード」もそのひとつです。レコード時代を知らないキッズたちもここで新たな趣味を発掘しています。両店舗ともカカアコに移転し、マニアな遊牧民も集合中!

<ツリーハウス>
【営業時間】10:00〜19:00(月〜土)、10:00〜17:00(日)
【電話番号】808-597-8733
【住所】ソルト2階
【公式サイト】www.treehouse-shop.com
【Instagram】@treehousehawaii

<ハングリー・イヤー・レコード>
【営業時間】10:00〜18:00(毎日)
【電話番号】808-262-2175
【住所】ソルト2階
【公式サイト】www.hungryear.com
【Instagram】@hungryear

 


 

「カカアコで開拓!ハワイの新しい世界〜アート編〜」はこちら>>

 

※アロハストリート・マガジン最新号は、オンライン(無料)のWEB BOOKでご覧いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね!
雑誌を無料で閲覧できるWEB BOOKはこちらから>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top