ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
アウラニで攻略!アクティビティとシュノーケル

アウラニで攻略!アクティビティとシュノーケル

「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」には宿泊者の特権がいっぱい!アクティビティとシュノーケリングをご紹介します。

公開日:2017.10.27

更新日:2018.11.14

アウラニ・ディズニー・リゾート徹底調査

アロハ!ヨリエです。

私が大好きな非日常の世界に行ってきました〜。
どこでしょう?思い切り上に答えが出ちゃってますが(笑)。

忙しい方は飛ばしてください〜!!

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイです!

私がアウラニが好きな理由のひとつは、

リゾート内だけで朝から夜までたーっぷり遊べること。

オアフ島のホテルでアウラニが特別な点は、そこも大きいかと。

宿泊したことがないと、「コオリナ周辺は移動も不便。ホテルに閉じこもって飽きるのでは?」と感じることがあるかもしれません。私の母がアウラニに宿泊する前もそんなことを言っていたような。でも、アウラニならむしろ閉じこもるべし。閉じこもるほど、楽しさを発掘できます。

実際に泊まった60代の母は、プールのスライダーで相当遊んだそうですが。体重によりスライダーの中で勢いづき、グルンッ!となるのが楽しかったみたいです…(笑)。

とにかくアウラニは、やり尽くせないほど楽しい!

 

巨大なプール(プールだけで3万平方メートル/約9,075坪)があって、ビーチがある。さらに!ディズニーならではの多彩なアクティビティが毎日開催されています。

宿泊部屋の料金にこんなプールやアクティビティ*も含まれている、

と思うと、すごくお得ですよね(*一部有料)。

今回は、アウラニで体験できるアクティビティとシュノーケルをご紹介します!

アウラニで楽しめる無料アクティビティ

アウラニの宿泊者は、ヨガやレイメイキング、ファイヤーピット・ストーリーテリングなど、さまざまなアクティビティに参加することができます。

今回体験したのは、「ディズニー・ファミリー・ファン・アニメーション(無料)」です。ディズニー・キャラクターをお絵描きするアクティビティなのですが、かなり楽しめました!

この日は満席〜!親子で一緒に参加しているファミリーが多かったです。

席につくと、鉛筆や絵の具が準備してありました。ワクワク。こういうの大好き。

キャストがこうやって順番に描き方を教えてくれるんです。まずは補助線を描くところからスタートします。ちゃんとアニメーターっぽくていい感じ。子ども騙しじゃありません。

この日のお題は、グーフィー!

キャストは絵も上手だけど、話し方とか、子どもたちとの接し方とか、ほんとに上手〜。ディズニーのエンターテインメントって素晴らしいですね。

編集部エリカと一緒に夢中で楽しみました。

じゃーん!

どうですか? ちゃんと描けてますよね!? エリカ作のグーフィーはやっぱり性格の良さが出ている…。同じテーブルにいた子どもたちの作風は、ピュアで自由で、なんだか感動しました。親が子を褒めまくるアメリカンな雰囲気も、とてもよかったです。

それにしてもディズニーキャラクターを描けると、なんでこんなにうれしいのでしょう。あー、いつかどこかでこの力を披露したい!

絵の具でフィルムにペイントもしましたよ。エリカが頑張ったミニーのスカートも見てください!水玉模様は難易度が高かったんです(笑)。

申し込みは、開催される時間をデイリー・イヴァで確認し、当日、アクティビティが開始する前にパウハナ・ルームで行います。パウハナ・ルームの場所は1階プールサイドです。

2週間分のアクティビティ・スケジュールがオンラインで見られます↓↓↓
https://www.disneyaulani.com/jp/about-aulani/daily-activities-schedule/

ほかにも、星空の下でディズニー映画が上映される「オハナ・ディズニー・ムービー・ナイト」も無料で参加できます。この日は会場についたら小雨だったため、部屋に戻ってDVDを観たのですが、その後すぐに晴れました。

芝生にゴロンと座って映画を観られるなんて素敵だな〜。

映画といえば、アウラニ限定ポップコーンバケット($7)の購入もお忘れなく!これがあれば、$3でポップコーンのリフィルができるんですよ。「ウル・カフェ」で販売しているのでぜひ!

レンタルで一日シュノーケリング三昧

最終日は早起きしてシュノーケリングすることにしました。どこへ行くにもドリンクのリフィルマグを持って、ウキウキ!

まずは、シュノーケルに必要な道具をレンタルするためにラグーンの前にある「マキキ・ジョーズ・ビーチレンタル」へ。こちらのキャストのお兄さんは日本語でいろいろと説明してくれて安心でした。


このセットで価格は$20/1日。

ライフジャケット、マスク、フィンなどのシュノーケル用品一式を、1日中借りて$20はいいですね。これを借りると、リストバンドにお魚マークのホールを入れてくれます。

シュノーケル用品をレンタルしたと証明できるこのお魚マークがあると、プールエリアにあるレインボー・リーフも追加料金なしで利用できます。

さて。シュノーケルの準備ができたらそのままラグーンへレッツ・ゴー。

マキキ・ジョーズは8:00からオープンしているので、朝イチで行きました。朝のラグーンは比較的混み合っていないので、パラソル付きのリクライニングチェアを無事に確保できてうれしい。

いざ、水の中へ〜!と、行ったはいいものの、この日は思ったより魚と出会えず。

気を取り直してプールエリアに移動し、レインボー・リーフで再度挑戦することにしました。

先ほどお魚のマークを入れてもらったリストバンドを受け付けで見せて、レインボー・リーフ用のシュノーケル用品を借ります。ラグーンで使用した道具はここの水に入れられないんですね〜。

体は水に入る前にシャワーでしっかり流してと。魚たちの生育環境を維持するために徹底しているのもアウラニらしくて素敵です。レインボー・リーフの水温は約24℃に温度設定されています。

ちなみにほかのプールは年中28℃〜30℃。LEED認定*されたプールの温度調節は、ホテルの冷暖房空調から発生する熱を利用しているのだそう。

*再生可能なエネルギーを促進してるグリーンビルディングの認証(Leadership in Energy & Environmental Design)。必要条件を満たした建物のみ認証される

入ってみると…いるいる、元気な熱帯魚!確実に魚がいて、水の透明度が高く、波もないレインボーリーフ。泳ぎが苦手な私でもベストがあるから大丈夫。ずっと入っていたい楽しさです。

私の手元にご注目を。

GoProがあればよかったのですが、ないので、急遽「カレパ・ストア」で防水のインスタントカメラを購入しておいたのです。やる気満々!

インスタントカメラで撮影した写真がこちら(やっぱり画像がイマイチ!笑)。アウラニではホテル中にメネフネがいるのですが、こんなところにもいました。

これはエリカに撮影してもらった写真なのですが、カメラを持った手の下をご覧ください。

フムフムヌクヌクアプアアじゃないですかー!?
Humuhumunukunukuapuaa!!

違うかな?そうですよね?

ハワイ州を代表する魚のフムフム(以下省略)。タイポしちゃいそうなこの名前は、ハワイ語で「ブーブーと鳴く角ばった魚」という意味なのだとか。そうとは知らず、ブーブーの声を聞きそびれてしまったのだけは、ちょっと心残りです。

こんな風にレインボー・リーフの外側にあるビューイング・ウィンドウから写真が撮れるので、一緒にシュノーケルをしない人がいたらここにスタンバイを。ちなみに……右下の水中に脚が見えるじゃないですか?メネフネの仕業か!?とワクワクしたのですが、ただの私の脚でした(笑)。光の屈折ってすごいですね。

向こうからやってきたキャストのお兄さん。

キャストの手にはこのミッキーが。そして、その下をたどると、

魚がいっぱい!ミッキーは魚のご飯タイムの目印でした。かわいい。



あー、楽しかった!

この後は締めにインフィニティプールで温まりました。旅の思い出を振り返りながら幸せな気持ちで帰路へ…。

こんなに遊んだこの日は、チェックアウトの日。荷物を部屋から移動しておけば、チェックアウト時間が過ぎてもプールで遊べるのもアウラニのいいところですよね。プールエリアにシャワールームがあるので、荷物はそこのロッカーに入れておけばOK!もちろん追加料金なしです〜。

至れり尽くせりで、知れば知るほどお得に楽しめるアウラニ。

このコラムでは、いろいろなテーマでアウラニの魅力をご紹介しています。ほかの記事も見てみてくださいね。ハワイ旅行で使えそうな情報が見つかりますように!


As to Disney artwork, logos and properties:©Disney

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ

住所
92-1185 Aliʻinui Drive, Kapolei, HI 96707

GoogleMAPで見る

電話番号
808-674-6200
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB Diner's
アクセス

ホノルル国際空港から車で約30分、ワイキキから車で約45分

駐車場

セルフパーキング、またはバレーパーキングあり

公式サイト

http://www.aulani.jp

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top